f0177295_11271959.jpg

かなーり長いですが
私の実家のおはなしです。

福島市の松川町というところで、
コンビニ2件、小さな商店街、Aコープ…
小学校が広範囲に4つと中学校がひとつしかない
人口1万人ほどの町。
小さな酒蔵、金水晶のある町です。

土日のレジャーは、車で30分かけて市内よりのヨークベニマルに行き、
そこで家族でお買い物をすることくらい。
祖父に買ってもらえるたこ焼きと
父と選ぶ本が何よりの楽しみで。


祖父がやっている畑に行っては
じゃがいも掘りをして真っ黒けになって
リアカーの上に乗ったじゃがいもの上にちょこんと座って
おうちまでの道をしゃぼんだまとんだを歌いながら
舗装されていない土の道を祖父と帰りました。


真っ赤なランドセルを背負い、
幼馴染とたんぼのあぜ道をねこじゃらしを持ちながら歩いて通学、
ご近所の桑畑に入って桑の実を食べたりしている幼少期。
秋には、田んぼにたくさんの赤とんぼが飛び、
稲刈りが終わると田んぼに入っていなご取り大会。



なぁんにもなかったけど、
今思えば、何でもある場所でした。



お盆前、実家に帰った時
久しぶりに母と大喧嘩をしました。




うちの母は、私と違ってとても女らしく、
父がいないと、とても生きてはゆけない人。
面立ちも、父似の私と違ってきれいなひとだなぁと今も思います。

実家には、99歳になる私の父方の祖母と、67歳の父が一緒に暮らしています。
祖母は戦争を生き抜いてきた大正生まれの女で、
特に、嫁である母に対しては
とても厳しいことばかり言ってきたように思います。


母は50歳になるまで、看護師の仕事をしていました。
職場から帰ってくると疲れ果てていたためか、
いつもいつも不機嫌そうにしていました。


嫁としても完璧にやろう
仕事も完璧にやろう


いつもピリピリしてばかりいて、
祖母に認めて欲しくて必死だったのではないかと。


私はそんな母がかわいそうでなりませんでした。
祖母は、一人っ子だった私をとてもかわいがってくれていたから、
大好きな祖母と母が仲良くしてくれないことと
母がいつも眉間にしわを寄せて幸せそうに見えなかったことが
すごくすごく嫌でたまらなかった。


母には幸せな顔でいつも笑っていて欲しかったから。



久々に孫たちを連れて実家へいくと、
祖母のことでまた絶望の淵にいるような顔をしていたから


「おばあちゃんはああいう人なんだから、
いい加減認めてもらおうと思わないであきらめたら?
目の前で必死に子育てしている私の方を見ないで
どうしてまだ、おばあちゃんにがんじがらめになってるの?
私だって、助けてもらいたくて泣きたい日があるんだよ!」


と、いってしまいました。
なんだか、弱い母だから、私の方が強いから、
と思ってずっと我慢してきたことが
すごくバカバカしくなってしまって。


あ、なーんだ。
わたしもただ単に、甘えたかったんだなー。


お盆が過ぎてもまだなんとなく許せない心の狭いワタシ。。

で、母にしてもらったことを思い出してみました。
母の得意料理は、唐揚げとポテトサラダ。
誕生日には、にんにくたっぷりの醤油味の唐揚げ、
そして卵の黄身とトマト、ブロッコリーで飾られた
ポテトサラダがどかーんと並びました。
近所のお友達をよんで、休みの日にお誕生会をしてくれたな。

仕事忙しかったのに、授業参観にも顔だけ出してくれて、
15分しかいなくて夕方かえって来た時に怒ったっけな。


何年生だか忘れちゃったけど、ミシン苦手なのに、
一緒に布を選びに行ってベッドカバー作ってくれたっけ。

あ、今はなき高小沼グリーンランドに行った時、
一緒にゴーカートに乗ったら、
運転免許のない母はコーナーを曲がり切れずに突っ込んで
タイヤを2個ぶっ飛ばして、
係りの人が飛んできたっけなー。
張本人の母だけがもう一回乗りたいと言って
係り員の方に止められてすごく恥ずかしかった(笑)。


そうそう、ガールスカウトのキャンプが終わった時、
解散場所にみんな車で迎えに来るのに
一人だけ自転車でお迎えにきて。
高学年だったから恥ずかしくって、責めたらわんわん泣かれて。
あー、こりゃもう、反抗期とかこの人は無理だな、
死んじゃうなと思ってそこで反抗期前だったけど反抗するのあきらめたっけ(笑)。


高校生になって、寝坊して朝ごはん食べられないと
必ずアツアツの巨大なおむすびをアルミホイルに包んで、
「ほら、食べな!」って渡されたっけ。
自転車乗りながらこんな熱いおむすび食べられないし
朝電車の中でなんて恥ずかしくて食べられないよ。
一限目始まる前に、おなかが減った状態で食べてた。

決まって入っているのが祖母が漬けた梅干しか筋子。
「筋子がうまい」と伝えたら
それ以来、筋子のおむすびしか出て来なくなって。
筋子以外も食べたい日もあるんだけどな(笑)。



「みきちゃんだって、いつもお母さんのすることは認めてくれないよね」
って喧嘩のとき泣きながら言われて、
また自分のこというんだね、って頭にきたけれど。



こうして母が私にしてくれたことを思い出して、
そして気づいたんです。



必死で子育てをしていたとき、
母だって叫びたい日があったはずだ。

あぁ、この人は、自分の感情を伝えるのがすごく下手なだけなんだな。
でも、確実にしてくれたことがあって、
今、私が母親になれている。
私自身を、母は確かに育ててくれていた。


母は母。私は私。
でも、私の母は、彼女だけだから。

よし、筋子のおむすびに免じて、ゆるしてあげよう(笑)。




さて、今日は、とうもろこし1本でできる
簡単炊き込みごはん。
味付けのお醤油は、あとがけで調整しても◎。
芯を一緒に炊き込むのが美味しいとうもろこしごはんを炊くコツです。



f0177295_11304699.jpg


焼きとうもろこしの炊き込みごはん
■材料:5~6人分
米3合、とうもろこし1本、A(醤油大さじ2、酒大さじ1)、バター20g、パセリ(あれば)少々
■作り方
①トウモロコシはグリル又はフライパンで焦げ目がつくまで焼く。
②①が冷めたらトウモロコシを包丁でこそげ取る。米を研いで少し少なめに水を合わせ、Aを入れて軽く混ぜる。
トウモロコシ、トウモロコシの芯を入れて普通に炊く。
③仕上げにバターを入れて混ぜ、盛り付けたところにパセリのみじん切り、お好みでブラックペッパーをかけて出来上がり。











[PR]
# by mikttymama | 2016-08-29 12:35 | おうちごはん(麺・ご飯もの) | Comments(0)

本日は、東京から素敵なお客様がいらしてくださいました。
震災後にFacebookでつながって、ずっとお会いしたかった方。

元JALの国際線勤務だったご経験から、
一般的な日本人が学んでいるいわゆる「受験英語」ではなく
ビジネスシーンに通用する美しい英語を広く教えていらっしゃいます。
震災後は福島の中で人間の帰還が困難な場所の動物たちを支える活動を
ずっと継続してくださっています。

お写真で拝見しても本当にお美しい方だとは思っていましたが、
実際にお会いしてみるとため息がでるほど美しくて、
エレガントという言葉はこういう方のためにあるのだなぁ~としみじみ。
どきどきしていた私を気遣うように屈託のない笑顔でたくさんおしゃべりをしてくださいました。


f0177295_23372749.jpg

本当に神々しい♡
長男、はるは美人さんを見るとゴーインになります(笑)。
こう見えてなかなかの肉食男子。


f0177295_23372371.jpg


幼稚園帰宅後。
ウッドデッキに手をひいて連れていき、
マイカーの自慢をします。
愛車はBMWー(笑)。


f0177295_23371542.jpg


はるくんちょっと照れ気味。
弥栄さん、なんと幼稚園のお迎えにも同行してくださいました。



いつも一流シェフが作る美味しいランチのお写真をブログで拝見していまして、
私のお料理ではちょっと気恥ずかしかったのですが
福島のたべものたちの素晴らしさを知って頂きたくて
こーんなmenuになりました。


f0177295_23362148.jpg


まずはひとつめ。
二本松市東和町にある「きぼうのたねカンパニー」菅野さんのかぶ。
昨日いらしたお客様にたくさんいただいたので前菜に。
ミニトマトは低温で焼いて水分を飛ばしてセミドライトマトにしたものをオイル漬けに。
からし味噌で和えました。

f0177295_23342845.jpg


ふたつめ。
弥栄さんはお肉が全く食べられないというリクエストだったので
朝ご近所のスーパー東屋さんへ。
青森県産の鯛が入荷したとのことだったのでアクアパッツァにしました。
白ワインではなくて、大木大吉本店さんのこんにちは料理酒で作りました。
福島は日本酒もたくさんたくさん美味しいものがあります。


f0177295_23342546.jpg


みっつめ。
先ほどのかぶ、それから郡山産のズッキーニ。
それを三春のバジルとめんつゆで作ったソースでパスタに。
上に乗っているのは須賀川の油揚げを焼いたもの。

松の実を入れるバジルペーストではなくて
使いやすいソースが作れないかな?と試作してみたのですが
弥栄さんが「おいしい♡」ととても喜んでくださいました。

f0177295_23343243.jpg


最後は会津中央乳業さんのべこの乳ヨーグルトと
あんざい果樹園さんの黄桃を甜菜糖で煮た桃のシロップ煮をデザートに。
「ちょっとミントとってきますー」と言って庭に出たら
「えー!どこにはえてるのー」となぜか喜んでいただきました(笑)。
東京のど真ん中にお住いの弥栄さんには
雑草のようにわさわさ生えている我が家のミントが新鮮だったようで
なんだか嬉しかったです^^



弥栄さんは山形に避難していた時、
顔も知らない私たちに英語の絵本を送ってくださったことがあります。

人は気持ちはあってもいろいろ理由をつけて動かないことが多い中、
福島にいつも目を向けてくださって、
こうしてお休みを使って会いにきてくださって。
その行動力は本当に素晴らしいと思います。

きっと人には見えない努力をたくさんされているから
こんなに美しいのだろうなぁ。
私も見習いたいところがいっぱい。
なんて素敵な女性。

f0177295_23371921.jpg

私がお気に入りの、ふくしまのおいしいものを
こうして東京の方においしいおいしいと食べていただける幸せ。
福島の大好きなものたちを知っていただける幸せを、
心からかみしめたひとときでした。


よかったなぁ。
震災後、耕すことを、作ることをやめずにいてくれて。
あきらめないでいてくれて。
おいしいものを作り続けてくださっている方たちに
改めて感謝です。


また福島にいらしてくださるそうなので、
おいしいものをつくっているところにたくさんお連れしたいなぁ。
弥栄さん、またいつでもお待ちしていますね!

さて。
とても喜んで頂いた和風バジルソースの作り方です。
バジルの季節ですのでぜひ作ってみてください。
チキンや白身魚、野菜全般に合うと思いますよ。



和風バジルソース

■材料(作りやすい分量で)
生バジル1つかみ、にんにく2片、めんつゆ(にんべん3倍希釈)150cc、オリーブオイル80cc
■作り方
バジル・にんにく・オリーブオイルを入れてフードプロセッサーで撹拌する。
麺つゆを入れて撹拌。消毒した瓶に入れたら出来上がり。
■冷蔵庫で2週間ほど保存できます。







[PR]
# by mikttymama | 2016-07-17 00:38 | お友達とおうちcafe*編 | Comments(0)

まなぶは、まねぶ。

f0177295_09422539.jpg


5月。
暦の上では5/5、立夏。

土用が明けて、季節は夏に入りました。


今週初めから2歳になった長男が幼稚園のたまごクラスに入園。
今週末は次女と三女の運動会。
なので昨日も今日も、明日もお弁当づくりです。


5/10(火)の東部ガスさんのお教室では「運動会のお弁当」がテーマ。

肉巻きを3種類と、
おむすびを2種類。
そして山形に避難中、漬物名人の伊藤さんに教えていただいた、サラダピクルスをつくりました。

おむすびも、手でにぎるとほんとうにおいしいのです。
ラップでにぎったおむすびと違って、たくさんのエネルギーがごはんのなかに入ります。


具は、出汁に使った昆布と生姜の佃煮。
それからグリルで鮭をやいて丁寧にほぐした、鮭フレーク。

簡単なものほど作り方は三者三様のこのご時世ですが
ベースは昔から受け継がれている方法です。


「レシピって特許にしなかったことが素晴らしいことだとおもう
だって、学ぶはまねぶ。まねすることでお料理ってうまくなるからね」


私の尊敬するおひとり、福島市の予約の取れないワインバーのオーナー、
宇津木さんが仰っていました。
わたしも本当にそうおもう。


「まなぶ、は、まねぶ」


子どもが親をまねて成長するように、
素朴だけど心底美味しいおばあちゃんの味を大切に受け継ぎたいな。



<5月の教室予定>


●お料理教室
5/10(火) 東部ガスショールーム (郡山市大町2丁目17-4)
     10時~13時 みきてぃさんのお料理教室 10名 要予約 終了

5/14(土)、5/15(日) 各日、各回5名限定 要予約
     場所:パナソニックリビングショールーム (郡山市朝日2丁目5−15 024-939-8661)
         
     1部(11時~)…紅茶豚と発酵なしの簡単マフィンのサンドウィッチ、春キャベツのとろとろスープ
     2部(14時~)…生クリームスコーン・エスプレッソチョコがけ、自家焙煎珈琲

5/28(土) 笑顔で働きたいママのフェスタ2016 in仙台 予約なし
     場所:TKPガーデンシティ仙台勾当台 (仙台市青葉区国分町3丁目6−1 022-726-5072) 
     キッズカフェワークショップ 親子で楽しくクッキング
     「ミキティママのワンボウルおやつ」
     1部(10時半~)…ふんわりパンケーキ(熊本・葦北産の無添加あまなつドライフルーツ入り) 予定
     2部(14時半~)…ワンボウル紅茶マフィン(熊本・水俣産天の製茶園の紅茶入り) 予定

■骨盤調整ヨガクラス 要予約
     場所:郡山市内(ヨークベニマル希望ヶ丘店近く)

5/2(月) 10時~  3名
5/9(月) 10時半~ 3名
5/16(月) 10時半~ 3名(1名空きあり)
5/23(月) 10時半~ 3名(1名空きあり)
5/30(月) 10時半~ 1名(プライベートレッスンにつき定員に達しました)


お問合せ・お申込みは…cookingstudioi-e★hotmail.co.jp(★を@に変えてください)、090-1938-9104










[PR]
# by mikttymama | 2016-05-13 10:25 | お料理教室・イベントのこと* | Comments(0)

f0177295_17111277.jpg

昨日のお料理教室レシピ。
パーティシーンでとっても華やぐ簡単前菜です。

サンタのプチカプレーゼ

■作り方
1.プチトマトは半分にカットする。大根は1.5cm角にカットしておく。
2.大根→トマト→ちぎった大葉→モッツァレラ→トマトの順に串を刺し、黒ゴマと昆布で顔をかく。
3.バジルソースを落とした上にサンタをのせたら出来上がり。


もひとつ。
料理教室には登場しませんでしたが簡単前菜②。

f0177295_17163051.jpg

タラマヨとじゃがいものベジカナッペ

ゆでたじゃがいもにたらこマヨネーズをのせ、小葱をのせただけ。
長い器にならべたりするとキレイ。


f0177295_17195115.jpg

簡単前菜③。
これもめっちゃ簡単だけどおいしいのです。


大根とスモークサーモンのピンチョス

かつらむきした大根を塩をふってしんなりさせ、水気を拭いてスモークサーモンを挟みくるくる巻く。
巻き終わりをピンなどで刺して出来上がり。
水菜とゆずの皮をあしらった上にならべて、イタリアンドレッシングでどうぞ。



簡単にできてテーブルが華やぐ前菜たち。
ぜひお試しくださいませ。

かわゆいピンなどは、100円ショップをチェックしてみてください。
サンタのピンは、竹串にクリスマスカラーのビーズをくっつけて
手作りしてみました♡

楽しいクリスマスになりますように。








[PR]
# by mikttymama | 2015-12-09 17:26 | ハレの日・ホームパーティ*編 | Comments(0)

f0177295_16581711.jpg


クリスマスの季節がやってきました。


昨日は月イチのショールームでのお料理教室。
ずいぶん前からパーティのときに作っているこのパエリア。


サフラン…ムール貝…などなど
普段おなじみでない食材…しかもお高いっ。
こちらをすっ飛ばして、
安くて簡単にできるレシピです。


サフランはカレー粉で。ムール貝はアサリで。
そして有頭エビやイカもお高いならば、
シーフードミックスでもOK(笑)。
じゅうぶんおいしいですよん。


昨日の教室の中ではいちばん好評だったかも♪
ぜひおためしあれ。


簡単!フライパンパエリア

■材料:(約4~5人分)
米2カップ、玉ねぎ1個、にんにく1片、カレー粉大さじ1、オリーブオイル大さじ2
A:スープ(チキンスープの素1個、水2+1/4カップ、トマト缶1/2缶、白ワイン又は日本酒1/4カップ、塩小さじ1/2)
B:具(鶏もも肉1/2枚、いか1/2ハイ、アサリ150g、有頭えび4尾、赤・黄パプリカ各1/4個)
C:トッピング(イタリアンパセリ、レモン適宜)

■作り方
・Aのスープの材料を混ぜる。
・玉ねぎ、にんにくはみじん切り、鶏肉は一口大に切る。下処理したイカは輪切りにしておく。エビは殻を除いて背ワタをとっておく。アサリは食塩水にさらして砂抜きする。パプリカは1cmほどに切っておく。
1.深めのフライパンにオリーブオイルをひき、玉ねぎとにんにくを炒める。香りが立ったらカレー粉を入れて炒め、洗わない米を入れて透き通るまで炒める。Aを入れて混ぜ、沸騰したら中火にし、魚介類を並べて15~18分ほど中火で炊く。
2.パプリカを並べふたをして「ぱちぱち」と音がしたら火を止め、10分ほど蒸らしたら出来上がり。レモン、みじん切りしたイタリアンパセリをのせてどうぞ。








[PR]
# by mikttymama | 2015-12-09 17:07 | ハレの日・ホームパーティ*編 | Comments(0)

福島の小さなお料理教室CookingStudio I-e(イーエ)のうちごはん。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30