さてさて!
11月も実は、うきうきするような楽しいおしごとが待っています。


11/20(日)、ポジティブカフェから「くるまざカフェ」に名前を変え、
除染情報プラザさんと一緒に地元のみんなで進めてきた企画が実現しました!


その名も「ふくしまみちさがし」。


福島の復興ってどういう風に進んでいくんだろう…
福島のすすむべき道はどこに。
ポジティブなことも、ネガティブなことも、そう、まさに未知なんです。
「安全」でも「危険」でもない、5年経った今の福島のみちを、
本当のことを知りたいと願うあなたと一緒に話し合い、
考えながら丁寧に巡ります。


私の担当はやはり「食」。
「食の安全対策とふくしまのおいしいものさがし」というのが大きなテーマです。
たべものは、安心安全なのは当たり前。
そして、たべるということはわくわくして、幸せいっぱいになること。
楽しくなくては意味がないと思うのです。


原発事故があってから、残念ながら楽しめなくなった食もあります。
福島県からのCM公報で
「野生のキノコ類は検査をしてから食べましょう」というものがTVから流れてくる。

これも福島の今のひとつです。


けれども、ここに住む人たちの努力によって改善されてきた食もたくさんある。
そこを知ってほしいな、と願っています。
何より、5年前、風評被害という言葉で片付けずに、
実害に真っ直ぐに向き合ってきた生産者さんたちの気持ちが伝わればいいなと。


私は、あんかじゅさんの「リンゴハウス」にて、
ふくしまの旬でいっぱいのごはんを作ってお待ちしております。
午前中はくだものの里、福島を代表する飯坂の果樹研究所さんへ。
ごはんの後は、ささき牛乳cafeでわさびソフトをどうぞ!


食べることを、心から楽しんで頂けるひとときとなりますように。
お申し込みは、お申込み書にご記入の上、メール又はFAXにて除染情報プラザまで。定員20名です。

[PR]
# by mikttymama | 2016-10-29 08:00 | Comments(0)

ハロウィンデコドーナツ

f0177295_13025071.jpg


さて。10/9、10のKFBまつりで好評だった、
ハロウィンのレシピです。


表面はさっくり、中はふわっとのケーキドーナツ。
さつまいも効果でしっとりとしていて、
より食べやすいと思います。


さつまいもドーナツをアイシングでデコレーション。
10/31のハロウィンには、
これを作ってちっちゃなオバケたちを待っていようと思います。
あっ、食べたい方は、当日ぜひ我が家まで(笑)。



ホットケーキMIXで作る、ハロウィンドーナツ

■材料:(12人分)
卵1個、無塩バター40g、ブラウンシュガー又はきび砂糖大さじ2、牛乳40cc
A(ホットケーキMIX 200g、薄力粉30g)、焼き芋又は蒸かし芋(皮をむいて)100g…紅はるかがオススメ
Bアイシング(粉糖40gにつき、卵白が小さじ2→塗る時用。線を描くときはもう少し少なめにする)、
着色料(液状のもの。なければ粉末を少量の水で溶く)青・赤・黄色・黒
チョコペン、デコレーション用砂糖菓子、マシュマロ、マーブルチョコ等

■作り方
1. ホットケーキMIXと薄力粉は、泡立て器で混ぜておく。
2. さつまいもは皮を剥いてつぶす。
3. 卵に砂糖を入れ、良く混ぜる。そこに溶かしバターを入れてさらに混ぜ、
   次に牛乳を入れて混ぜる。最後に2を加え、良く混ぜる。
4. 3に1を1/3入れて、ゴムベラでさっくりと混ぜる。
   さらに1/3を加えて混ぜ、最後にひとまとまりになるようにさっくりと混ぜる。
   ラップをし、冷蔵庫で30分以上寝かせる。
5. 4をコップで抜いたら10字の切り込みを入れ、真ん中に菜箸を刺して穴をあける。
   揚げ油を160度に熱し、真ん中に菜箸をさしてくるくる回しながら両面を揚げる。
   火が通ったらバットなどに上げて良く冷ます。
6. アイシングの材料を混ぜ、好きにデコレーションしたり、絵を描いたりしたら出来上がり。


■アイシングのつくりかた
下記の着色料を、白いアイシングに混ぜる。
紫色…青2滴:赤3滴
オレンジ…黄色3滴:赤1滴
黒…真っ黒になるまで入れる




[PR]
# by mikttymama | 2016-10-27 13:15 | こどもとスィーツ・パン*編 | Comments(0)

10月いろいろ。

10月は前半から後半にかけて週末たくさんの皆様にお会いできました
そんなわけでまとめてご報告―。


10/9(日)、10/10(月・祝)は郡山市総合体育館で行われたKFBまつりに。
東北電力様のよりそうeねっとブースでIHの調理実演を行いました。

f0177295_12205721.jpg
f0177295_12211172.jpg


午前中は肉まんとなめこのスープでぽかぽかに。
午後からはサツマイモのドーナツをハロウィンデコレーション。
ペンギンナッツさんと一緒にちょっとだけ宣伝させていただきました。


f0177295_12203063.jpg


避難していたころずいぶんお世話になった、笠置さんや池田さんと久しぶりにお会いできたり。


f0177295_12205267.jpg


同友会の藤原さん、ちひろさん、音ちゃん、そして撮影係アキティ(笑)…
大好きなお友達や生徒さんにもたくさん会えて、嬉しかったー。

f0177295_12204525.jpg

藤原さん、ときまる似会いすぎですから(笑)。


f0177295_12210711.jpg


たくさんの皆様に、ご参加いただきました♡



そして、10/15(土)、10/14(日)はいわきまで遠征して、
Panasonicリビングショウルーム様にて「ワインに合うおつまみ料理」のお教室。

f0177295_12514834.jpg

ピーロートジャパン株式会社のイケメンワインアドバイザー・新田さんが
テイスティング用ワインをお料理に合わせてセレクト。

f0177295_12211834.jpg

f0177295_12210130.jpg

お料理の説明中です。


前菜3品
なめこのねぎ味噌ピザ
豚ロースのロースト~紅玉とともに~
さつまいもたっぷりケーキ メープルシロップ添え


わたしも飲みたかったなぁ。
(車なので、お持ち帰り用にお買い上げしてきました(笑))




次の週、10/22(土)は小学校のバザー。
役員だったのではるくんを連れてバザーのお手伝い。

疲れた体を引きずるように福島市・あんざい果樹園で開催中のスナックコイケへ。
シゲメシうまかった。そしてコイケ女将すてきでした♡。
何から何まで準備大変だったろうなー。

f0177295_12514025.jpg

子ども率の非常に高い入り口付近(笑)。

久々に仙台からひろえさんとさくちゃんもやってきて、
子供たちもわたしも楽しいひとときでした。

f0177295_12513530.jpg
次の日部活だったおねえちゃんは、
親友アキティのおうちにお泊りしてお弁当まで持たせてもらいました。
持つべきものは親戚レベルの友人(しみじみ…)。ありがたやー。


10/23(日)は念願のささき牛乳カフェへ。

f0177295_12570634.jpg

牛舎のかぐわしいかほりに思わず。
牛乳ってこうしてできてるんだよー^^

わさびソフト、めっちゃんこ美味しかったです!
ささきさんにも会いたかったです。


さて、今週末は何しようかな♡

[PR]
# by mikttymama | 2016-10-27 13:00 | お料理教室・イベントのこと* | Comments(0)

f0177295_11271959.jpg

かなーり長いですが
私の実家のおはなしです。

福島市の松川町というところで、
コンビニ2件、小さな商店街、Aコープ…
小学校が広範囲に4つと中学校がひとつしかない
人口1万人ほどの町。
小さな酒蔵、金水晶のある町です。

土日のレジャーは、車で30分かけて市内よりのヨークベニマルに行き、
そこで家族でお買い物をすることくらい。
祖父に買ってもらえるたこ焼きと
父と選ぶ本が何よりの楽しみで。


祖父がやっている畑に行っては
じゃがいも掘りをして真っ黒けになって
リアカーの上に乗ったじゃがいもの上にちょこんと座って
おうちまでの道をしゃぼんだまとんだを歌いながら
舗装されていない土の道を祖父と帰りました。


真っ赤なランドセルを背負い、
幼馴染とたんぼのあぜ道をねこじゃらしを持ちながら歩いて通学、
ご近所の桑畑に入って桑の実を食べたりしている幼少期。
秋には、田んぼにたくさんの赤とんぼが飛び、
稲刈りが終わると田んぼに入っていなご取り大会。



なぁんにもなかったけど、
今思えば、何でもある場所でした。



お盆前、実家に帰った時
久しぶりに母と大喧嘩をしました。




うちの母は、私と違ってとても女らしく、
父がいないと、とても生きてはゆけない人。
面立ちも、父似の私と違ってきれいなひとだなぁと今も思います。

実家には、99歳になる私の父方の祖母と、67歳の父が一緒に暮らしています。
祖母は戦争を生き抜いてきた大正生まれの女で、
特に、嫁である母に対しては
とても厳しいことばかり言ってきたように思います。


母は50歳になるまで、看護師の仕事をしていました。
職場から帰ってくると疲れ果てていたためか、
いつもいつも不機嫌そうにしていました。


嫁としても完璧にやろう
仕事も完璧にやろう


いつもピリピリしてばかりいて、
祖母に認めて欲しくて必死だったのではないかと。


私はそんな母がかわいそうでなりませんでした。
祖母は、一人っ子だった私をとてもかわいがってくれていたから、
大好きな祖母と母が仲良くしてくれないことと
母がいつも眉間にしわを寄せて幸せそうに見えなかったことが
すごくすごく嫌でたまらなかった。


母には幸せな顔でいつも笑っていて欲しかったから。



久々に孫たちを連れて実家へいくと、
祖母のことでまた絶望の淵にいるような顔をしていたから


「おばあちゃんはああいう人なんだから、
いい加減認めてもらおうと思わないであきらめたら?
目の前で必死に子育てしている私の方を見ないで
どうしてまだ、おばあちゃんにがんじがらめになってるの?
私だって、助けてもらいたくて泣きたい日があるんだよ!」


と、いってしまいました。
なんだか、弱い母だから、私の方が強いから、
と思ってずっと我慢してきたことが
すごくバカバカしくなってしまって。


あ、なーんだ。
わたしもただ単に、甘えたかったんだなー。


お盆が過ぎてもまだなんとなく許せない心の狭いワタシ。。

で、母にしてもらったことを思い出してみました。
母の得意料理は、唐揚げとポテトサラダ。
誕生日には、にんにくたっぷりの醤油味の唐揚げ、
そして卵の黄身とトマト、ブロッコリーで飾られた
ポテトサラダがどかーんと並びました。
近所のお友達をよんで、休みの日にお誕生会をしてくれたな。

仕事忙しかったのに、授業参観にも顔だけ出してくれて、
15分しかいなくて夕方かえって来た時に怒ったっけな。


何年生だか忘れちゃったけど、ミシン苦手なのに、
一緒に布を選びに行ってベッドカバー作ってくれたっけ。

あ、今はなき高小沼グリーンランドに行った時、
一緒にゴーカートに乗ったら、
運転免許のない母はコーナーを曲がり切れずに突っ込んで
タイヤを2個ぶっ飛ばして、
係りの人が飛んできたっけなー。
張本人の母だけがもう一回乗りたいと言って
係り員の方に止められてすごく恥ずかしかった(笑)。


そうそう、ガールスカウトのキャンプが終わった時、
解散場所にみんな車で迎えに来るのに
一人だけ自転車でお迎えにきて。
高学年だったから恥ずかしくって、責めたらわんわん泣かれて。
あー、こりゃもう、反抗期とかこの人は無理だな、
死んじゃうなと思ってそこで反抗期前だったけど反抗するのあきらめたっけ(笑)。


高校生になって、寝坊して朝ごはん食べられないと
必ずアツアツの巨大なおむすびをアルミホイルに包んで、
「ほら、食べな!」って渡されたっけ。
自転車乗りながらこんな熱いおむすび食べられないし
朝電車の中でなんて恥ずかしくて食べられないよ。
一限目始まる前に、おなかが減った状態で食べてた。

決まって入っているのが祖母が漬けた梅干しか筋子。
「筋子がうまい」と伝えたら
それ以来、筋子のおむすびしか出て来なくなって。
筋子以外も食べたい日もあるんだけどな(笑)。



「みきちゃんだって、いつもお母さんのすることは認めてくれないよね」
って喧嘩のとき泣きながら言われて、
また自分のこというんだね、って頭にきたけれど。



こうして母が私にしてくれたことを思い出して、
そして気づいたんです。



必死で子育てをしていたとき、
母だって叫びたい日があったはずだ。

あぁ、この人は、自分の感情を伝えるのがすごく下手なだけなんだな。
でも、確実にしてくれたことがあって、
今、私が母親になれている。
私自身を、母は確かに育ててくれていた。


母は母。私は私。
でも、私の母は、彼女だけだから。

よし、筋子のおむすびに免じて、ゆるしてあげよう(笑)。




さて、今日は、とうもろこし1本でできる
簡単炊き込みごはん。
味付けのお醤油は、あとがけで調整しても◎。
芯を一緒に炊き込むのが美味しいとうもろこしごはんを炊くコツです。



f0177295_11304699.jpg


焼きとうもろこしの炊き込みごはん
■材料:5~6人分
米3合、とうもろこし1本、A(醤油大さじ2、酒大さじ1)、バター20g、パセリ(あれば)少々
■作り方
①トウモロコシはグリル又はフライパンで焦げ目がつくまで焼く。
②①が冷めたらトウモロコシを包丁でこそげ取る。米を研いで少し少なめに水を合わせ、Aを入れて軽く混ぜる。
トウモロコシ、トウモロコシの芯を入れて普通に炊く。
③仕上げにバターを入れて混ぜ、盛り付けたところにパセリのみじん切り、お好みでブラックペッパーをかけて出来上がり。











[PR]
# by mikttymama | 2016-08-29 12:35 | おうちごはん(麺・ご飯もの) | Comments(2)

本日は、東京から素敵なお客様がいらしてくださいました。
震災後にFacebookでつながって、ずっとお会いしたかった方。

元JALの国際線勤務だったご経験から、
一般的な日本人が学んでいるいわゆる「受験英語」ではなく
ビジネスシーンに通用する美しい英語を広く教えていらっしゃいます。
震災後は福島の中で人間の帰還が困難な場所の動物たちを支える活動を
ずっと継続してくださっています。

お写真で拝見しても本当にお美しい方だとは思っていましたが、
実際にお会いしてみるとため息がでるほど美しくて、
エレガントという言葉はこういう方のためにあるのだなぁ~としみじみ。
どきどきしていた私を気遣うように屈託のない笑顔でたくさんおしゃべりをしてくださいました。


f0177295_23372749.jpg

本当に神々しい♡
長男、はるは美人さんを見るとゴーインになります(笑)。
こう見えてなかなかの肉食男子。


f0177295_23372371.jpg


幼稚園帰宅後。
ウッドデッキに手をひいて連れていき、
マイカーの自慢をします。
愛車はBMWー(笑)。


f0177295_23371542.jpg


はるくんちょっと照れ気味。
弥栄さん、なんと幼稚園のお迎えにも同行してくださいました。



いつも一流シェフが作る美味しいランチのお写真をブログで拝見していまして、
私のお料理ではちょっと気恥ずかしかったのですが
福島のたべものたちの素晴らしさを知って頂きたくて
こーんなmenuになりました。


f0177295_23362148.jpg


まずはひとつめ。
二本松市東和町にある「きぼうのたねカンパニー」菅野さんのかぶ。
昨日いらしたお客様にたくさんいただいたので前菜に。
ミニトマトは低温で焼いて水分を飛ばしてセミドライトマトにしたものをオイル漬けに。
からし味噌で和えました。

f0177295_23342845.jpg


ふたつめ。
弥栄さんはお肉が全く食べられないというリクエストだったので
朝ご近所のスーパー東屋さんへ。
青森県産の鯛が入荷したとのことだったのでアクアパッツァにしました。
白ワインではなくて、大木大吉本店さんのこんにちは料理酒で作りました。
福島は日本酒もたくさんたくさん美味しいものがあります。


f0177295_23342546.jpg


みっつめ。
先ほどのかぶ、それから郡山産のズッキーニ。
それを三春のバジルとめんつゆで作ったソースでパスタに。
上に乗っているのは須賀川の油揚げを焼いたもの。

松の実を入れるバジルペーストではなくて
使いやすいソースが作れないかな?と試作してみたのですが
弥栄さんが「おいしい♡」ととても喜んでくださいました。

f0177295_23343243.jpg


最後は会津中央乳業さんのべこの乳ヨーグルトと
あんざい果樹園さんの黄桃を甜菜糖で煮た桃のシロップ煮をデザートに。
「ちょっとミントとってきますー」と言って庭に出たら
「えー!どこにはえてるのー」となぜか喜んでいただきました(笑)。
東京のど真ん中にお住いの弥栄さんには
雑草のようにわさわさ生えている我が家のミントが新鮮だったようで
なんだか嬉しかったです^^



弥栄さんは山形に避難していた時、
顔も知らない私たちに英語の絵本を送ってくださったことがあります。

人は気持ちはあってもいろいろ理由をつけて動かないことが多い中、
福島にいつも目を向けてくださって、
こうしてお休みを使って会いにきてくださって。
その行動力は本当に素晴らしいと思います。

きっと人には見えない努力をたくさんされているから
こんなに美しいのだろうなぁ。
私も見習いたいところがいっぱい。
なんて素敵な女性。

f0177295_23371921.jpg

私がお気に入りの、ふくしまのおいしいものを
こうして東京の方においしいおいしいと食べていただける幸せ。
福島の大好きなものたちを知っていただける幸せを、
心からかみしめたひとときでした。


よかったなぁ。
震災後、耕すことを、作ることをやめずにいてくれて。
あきらめないでいてくれて。
おいしいものを作り続けてくださっている方たちに
改めて感謝です。


また福島にいらしてくださるそうなので、
おいしいものをつくっているところにたくさんお連れしたいなぁ。
弥栄さん、またいつでもお待ちしていますね!

さて。
とても喜んで頂いた和風バジルソースの作り方です。
バジルの季節ですのでぜひ作ってみてください。
チキンや白身魚、野菜全般に合うと思いますよ。



和風バジルソース

■材料(作りやすい分量で)
生バジル1つかみ、にんにく2片、めんつゆ(にんべん3倍希釈)150cc、オリーブオイル80cc
■作り方
バジル・にんにく・オリーブオイルを入れてフードプロセッサーで撹拌する。
麺つゆを入れて撹拌。消毒した瓶に入れたら出来上がり。
■冷蔵庫で2週間ほど保存できます。







[PR]
# by mikttymama | 2016-07-17 00:38 | お友達とおうちcafe*編 | Comments(0)

福島の小さなお料理教室CookingStudio I-e(イーエ)のうちごはん。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31