I-eのお料理教室+DONNA*CHIKA'sピラティスLesson。

震災後、初めてのCookingStudio「I-e」。
先日FTPマットピラティスインストラクターとなったDONNA*CHIKA先生をゲストに
dip今月号での特集「カラダ・ココロ・メンテ」を忠実に再現したような
スペシャルバージョンとなりました。

f0177295_1135895.jpg

うつくしい…筋肉がきちんとついた、メリハリボディ。ほんとうにキレイでうっとりです。
おばちゃんにはとってもうらやましいっっ。


f0177295_11351534.jpg

10:00 放射能デトックスについての話。
     そして一緒に楽しくお料理。

11:15 DONNA*CHIKA'sピラティスレッスン。
    まずは、正しい呼吸法から。そして徐々にストレッチ。
    その間、子どもさんは私と遊んでいます。
    日頃の疲れを、しっかりとってくださいね^^

f0177295_11352363.jpg
f0177295_11353016.jpg


12:15 カラダの代謝が上がったところで、お喋りしながら楽しく試食タイム。
    *menu*
    ・黒炒り玄米とゆかり・昆布のおむすび
    ・豚肉と根菜の番茶蒸し~生姜とりんご、大根おろしの醤油だれ~
    ・三五八入りきゅうりの糠漬け
    ・米ぬかショートブレッド入りフルーツパフェ
    ・バナナミルク




いつもの方と、久々にお会いできた方。お二方がご参加くださいました。
体調不良等でお休みされたお二方とも、また次回お会いできるといいな^^
ありがとうございました~♪♪♪

…………………………………………………………………………………………………………

お母さんたちは、とっても心配してらっしゃいます。
そして、ご主人との意見が違うのが、とても辛いと。
友達同士の温度差よりも、家庭内での温度差の方が辛いはずです。
我が家のパパも、小佐古参与辞任のニュースを見るまでは「大丈夫」と言い切っていました。

それでも「きちがいだと言われてもいいから、できるだけ守りたい」と仰います。
私も同じです。神経質だと言われようと、何とかして防御したい。
10か月カラダの中で育て、おなかを痛めて産み、お乳をあげていつくしんで来た子どもを、
「危険から守りたい」と思うのが母親なんですから。
もちろんパパだって、同じように守ってあげたいと思っているとおもう。
経済的なこと、将来のこと、外遊び出来ない場合の精神的リスクを回避するってこととか。
少しの公園、キャッチボール、そんな神経質になって、どうやって健全な子を育てるんだ?
母親であるお前がしっかりしてなくってどーする?って。
母親たちと違った目線で、父親も必死に子供を、
そして妻のことを守ろうとしている。


冷静にデータを見て、解釈し、きちんと自分の考えを伝えることができる人と、
感情が先に立って、うまく伝えられない人と、いろんな女性がいます。
私もまさに後者で、感情的になって主人とケンカするとうまく伝えられずに
よく怒らせてしまう方なのでアドバイスできる立場にはないのだけれど、
理解しなくてもいいから一緒に考えていただきたいなぁと思うのです。
全てを相容れて欲しいとは言いません。
だけども心配で仕方がなくて、毎日血の涙を流している母親の気持ちに寄り添い
少しだけ聞く耳を持ってほしいなぁと思うのです。
男性の目には、盲目的に放射能の影響を心配する母親たちが
"悪い宗教に憑りつかれたかのように"見えるのかもしれませんけども。
私が見ている知り合いの方たちは意外と冷静ですよ、みんな。


原発事故さえなかったら、こんなことでご主人とケンカすることもなかったでしょうに。
私たちが必死だと余計に男性には伝わらないのがもどかしい…。
この非常時、ただでさえ辛いというのに、せめておうちの中くらいは
穏やかに過ごしたいですしね。

うぅむ。
パパたちにうまく伝えるための素敵な方法があったら、ぜひぜひ教えてください。
どうしたら、伝えられるのかしら。



「ありがとうふくしまプロジェクト」。
子どもたちのおいしいの笑顔と、「いつもおいしいごはんをありがとう」
そんなお手紙・メッセージを、
農家さん、酪農家さん、漁師さんへお届けするプロジェクトです。

詳細はこちら→
ありふく専用アドレスはコチラhttp://ameblo.jp/mikttymama2/


編集・校正作業完了!
入稿してまいりました~^^
発行は、震災から4か月の日。7/11です。


ふくしまのいまを知ってもらうために。
ぜひぜひ応援お願いします!






 
[PR]
Commented at 2011-07-09 23:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-07-10 00:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-07-10 07:39
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mikttymama at 2011-07-10 11:20
鍵コメ at 2011-07-09 23:33 さま。

ワーキングママンの鍵コメさん、さぞかしお忙しいことと思います。昨日、共通のお友達のEちゃんと久々にお喋りしたら、鍵コメさんは元気なのかなぁ…と思っていたところだったので、コメントすごくうれしかった。
フックブックローの歌が、最近頭をぐるぐる回るの。
「はしっても、あるいてもー、ちきゅうのスピードは同じですー♪
あせってもーのんびりでもー、ちゃんとーあしーたは、くるんですー♪」また会おうね!
Commented by mikttymama at 2011-07-10 11:26
鍵コメat 2011-07-10 00:39 さま。

私はですね、まず千葉の兄夫婦のおうちに行こうと思います。
その後、北上する予定ですが、郡山から行き来しやすい場所へ。
完全に綺麗な場所に行くことは遠すぎて私の家庭状況では難しいのです。
保養に行こうとしている場所の方にそう言われてしまうとここにいる私は本当に悩んでしまいますが、鍵コメさんの勇気とご主人のご決断はやはりとても素晴らしいなと思います。
なんだかあまり参考にならずにすみません。がんばってくださいね!同じ母として応援しています^^
Commented by mikttymama at 2011-07-10 11:31
鍵コメat 2011-07-10 07:39さま。

おぉ!ありがとうございます!参考になります^^
東京も心配なところは心配ですね。水道水にも出たりしましたし。
ふくいち自体がまだ収束していないのに、悲しいことですが、人というのは楽しいことを追い求めたい生き物ですから、仕方のないことなのかもしれません。でも、鍵コメさんのような方が一人でもいてくださること、すごくありがたく、心強く思っています。いいじゃないですか!将来関東も福島も、大切な子どもたちに何事もなくって「あのときはホント大げさだったね!」って一緒に笑えたら。それでいいと思っています。
by mikttymama | 2011-07-09 11:51 | お料理教室・イベントのこと* | Comments(6)

福島の小さなお料理教室CookingStudio I-e(イーエ)のうちごはん。


by みきてぃまま