ココロのサポートを。

昨日書いた自主避難の現状。
また続きを書かせて頂きたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらに自主避難してこられたお母さんたちは、
私のようにガツガツ意見を言う方はほとんどいらっしゃいません。
少なくとも、私が避難支援センターでお会いしてきた方たちは皆そうです。

「自分で決めて、覚悟を決めて(自主)避難してきたから、
何も文句は言えない。むしろ、住宅を借り上げして頂けただけで本当にありがたい。
家電まで頂いて、本当の被災者の方に申し訳ない。」


そう、おっしゃっておられます。
だから皆さん、相当のことを「仕方がない」とあきらめてらっしゃいます。


しかし、現実は前述した通り。
本当に仕方がないことなのでしょうか。
そして、福島市や郡山市のお母さんたちは、本当の被災者じゃないんでしょうか。
本来は、故郷にある自分の家でのんびり緑に触れて暮らし、実家も近くにあって
親が定年後に家庭菜園で作った新鮮な野菜を、
安心して子どもに食べさせながら生活出来た人たちです。
仕事から帰ってきたパパと夕飯を食べ、お風呂に入れてもらって
子どもたちが寝た後は夫婦ゆっくりと子どもの将来について話しをして。
あの子がお医者さんになったらどうする?なんて笑いながら。

それが今、覚悟だけで乗り越えられる問題ではなくなってきています。
子どもの将来のお金まで使って食いつなぎ、二重生活が経済的にきつく、
大きなおなかを抱えて上の子どもを幼稚園にすら入れられない方もいるのです。


こんなことが、現実に起こっています。
避難しても、福島で生活していても、お母さんたちは神経を擦り減らさなくてはならない。


自主避難のお母さんたちは、ある程度の金銭的サポートを必要としていますが
行政は「財源」と「県内人口の流出」の問題があって何もしてはくれません。

医療費の窓口負担等も子どもの数に応じて増えてきます。
お母さんたちは、住民票を移動して避難先の市町村の子育て支援を受けることを
選択せざるを得ないのです。
せめて、乳幼児医療制度くらいは全国どこの場所でも適応していただいて
予防接種もどこでも受けられるようにしてもらえれば、福島県内の人口流出を
ある程度は防げるのではないかと素人考えでは思うのですが…。



だったら、もう自分たちで考えてゆくしかありません。
誰も何とかしてくれないなら、早く何とかすっぺ!!という。


今、お母さんたちが必要としているのは、「子育て支援」に尽きると、私は考えています。


■まずは情報
・自主避難されてきた方対象の、子育て支援制度のマニュアルをまとめて、配布する。
 (医療制度、幼稚園補助、保育園助成制度etc…)
・幼稚園・保育園の空き状況や選択基準について
 (園独自の避難者サポートや、園の方針、給食の放射性物質に対する考え方について)
・一時預かりサポート(一時預かり支援施設の紹介等)
・山形市内のフリーペーパーの紹介(山形生活を楽しむための情報誌など)
・子どもが遊べる施設の紹介
・福島県内の情報支援(福島にいる友達と感覚がずれないように)
・安心食材の宅配サービス紹介
・お仕事紹介(避難者を支援している企業を中心に)
・ご近所の医療機関の紹介

↑これを、バラバラじゃなくてひとつの冊子等になっていると便利!

■ボランティアサポート
・ボランティアでの一時預かりサポート
・自主避難のお母さん同士の交流サポート
・子供服・幼稚園・保育園服、教材などの「おゆずり」サポート
 (山形のお母さんたちが、いろいろと動いてくださっています010.gif)

■託児付きイベント
・親子連れでもOKな格安でできるイベントを定期的に開催
 (お母さんたち向けで子連れOKなものと、親子で楽しめるもの双方)


まずはこんなところが「あったらいいな!」と思います。
上に書いたものの中には、
山形市内のNPO団体が動いてくださっている事業もたくさんあります。

行く行くは、福島でお仕事を持っているお母さんが放射線量の低い所で
週末だけ子どもを休ませるために遊びに来てもらうサポート事業だったり、
南相馬市の方でこちらに避難しているおじいちゃん・おばあちゃんに、
自主避難中のお母さんが子どもを見て頂いて
保育料をお支払いするような事業だったり、福島県民同士で連携を取れるような
ことがちょっとずつできたら…。


お仕事支援に関して言うならば、避難しているお母さんが福島の復興支援事業を
お手伝いしたっていいと思う。行政も猫の手を借りたいほど忙しいみたいだし…。
むしろ、袋詰め作業やら何やら何でもやるから積極的にお手伝いしたい!
だって早く帰りたいもん、大好きな福島に。


ですが、まずは取りあえず、お母さんたちの繋がりを作ろうと思います。
少しでも孤立して元気をなくすようなママがいないように。
どこにいようとも、福島のお母さんたちが元気でいないと、
子どもも元気でいられないだろうから。



早速、オトモダチのDONNA*CHIKA先生を郡山からお呼びして、
来週、親子ピラティス教室を開催しまーす!
福島のお母さんたちに、ゆっくり深呼吸のじかんを。


f0177295_1101782.jpg



日時:9月16日(金)
    ○第1部 9:30~10:30
    ○第2部 10:45~11:45 各8組ずつ
会費:親子1組 1,500円
対象:福島から山形市へ自主避難された親子16組
場所: 山形市総合福祉センター 体育館
 (山形市山形市城西町2丁目2-22 TEL 023-645-9234)
駐車場台数: 10台
申込締切:9/14(水) 18:00まで
申込・お問合せ:こちらのブログに鍵コメント頂くか
        山形市避難者交流支援センターにフライヤーを置いていただいてます
 

◎山形のお母さんたちのご厚意で、フロア内でお子さんを見てもらえます。
小さな赤ちゃんがいても、安心していらしてください。
絵本の読み聞かせもありますよ!レッスンは10月も予定しています。



いつも長くてすみません(笑)。


「ありがとうふくしまプロジェクト」。
子どもたちのおいしいの笑顔と、「いつもおいしいごはんをありがとう」
そんなお手紙・メッセージを、
農家さん、酪農家さん、漁師さんへお届けするプロジェクトです。

詳細はこちら→
ありふく専用アドレスはコチラhttp://ameblo.jp/mikttymama2/

この冊子を見てみたい!という方は、
■郡山市桑野3丁目13-13 めえぷるさん TEL 090-2952-0659
■会津若松市徒之町 ギャラリーひと粒さん TEL/FAX 0242-85-6658 
              E-mail hitotsubu2009@gmail.com
■いわき市小名浜 ゼリーのイエさん E-mail shop2009@zerry-house.com

へそれぞれ置いていただいてます。

お近くのお店に直接おいで頂くか、郵送等の場合はそれぞれのお店にお問い合わせくださいませ。生産者の方は無料、(配布していただける方はお申し出ください)一般の方の分は一冊250円、売り上げの全てを、ふくしま希望市場さんへ"土壌除染の資金"として寄付させていただきます。

現在JAすかがわ岩瀬はたけんぼさん(原本を飾っていただいてます♪)、
あいコープふくしまさん㈱ヨークベニマルさん郡山あおむしくらぶさん酪王牛乳さんから福島県酪連さんなどに預かっていただきました。

誰かのあったかい気持ちで、一人でも多くの方が笑顔になれることを、願って。


ふくしまのいまを知ってもらうために。
ぜひぜひ応援お願いします!


[PR]
Commented by コマ風呂 at 2011-09-09 13:24 x
頑張ってますね、感心素晴らしい内容です。

震災後、どんな子育て支援が必要なのかまとめ、書き留めておくこと良いかもしれませんね。

また、非難なされた等の不利益になった事も、まとめておくことが今後に繋がるかもしれません。
Commented by それいゆ at 2011-09-09 16:54 x
こんにちは。

先のブログ記事をツイッターで知って、おじゃましました。
郡山で暮らしていた時、雑誌やイベントのチラシなどで、
mikttymamaさんのこと、存じあげておりました。

自主避難されていたのですね。
なんだか、お目にかかったことはないのに、ほっとしてしまいました。


我が家も、長野県松本市に市の受け入れで避難しました。
見ず知らずの土地で、女子どもだけでのあたらしい生活は、
大変なことが多い。
でも、「仕方ない」って感じてらっしゃる方、多いですよね、ほんとに。

山形にはほんとにたくさんの方が避難されてらっしゃるから、
いい流れで、つながりがひろがってくれますように。

精神的肉体的金銭的負担が、
すこしでも軽くなってくれますように。

また、お邪魔させていただきますね。

Commented at 2011-09-09 17:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 福島県民 at 2011-09-09 17:22 x
色々な考え方があるだろうけど自分で良く考えて自主避難されたのなら、それなりに腹括りなさい!ワイン呑んで能天気に暮らせていて、後何を求めているの?お金は湧いて来ないんですよ。誰が負担するの?福島に残った者は、今後除染活動して以前のうつくしま福島を取り戻さなければならないのです。これにだって莫大な費用がかかります!のんびりピラティスやっている人の生活費迄は面倒みきれません。少し考え方変えて一日でも早く福島に帰れるように環境改善の活動されては如何でしょうか。甘えてるなと率直に思います。
Commented at 2011-09-09 21:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ayusham at 2011-09-10 05:11
海外でワイン飲みまくって暮らしてますが^-^、実家に帰れなくなって、みーんなバラバラになって、家族の自主避難でお金も飛んで、心と財布が被災しています。

mikttymamaさんは、今山形市に自主避難されてる現状について書かれていますが、医療費の窓口負担問題、避難先での一時預かりなど私もとても気がかりでいました。一つひとつ解決できるよう、声をあげていきましょう。

去年、馬見ヶ崎のプールジャバに行ったのですが、温泉ゾーンがとってもリラックスできました。大人も子どもも楽しめるプールです!いっぱい笑って欲しいです。私もそうします♪

Commented by りんご at 2011-09-10 08:52 x
mikttymamaさんの率直で凛としたブログが大好きです。
3.11以降、福島から逃げたいとばかり思っていたので、
当初郡山で暮らす決意をされていたmikttymamaさんの
言葉が新鮮でした。
そして、そんなmikttymamaさんが自主避難。
私たちは今まで経験したことのない状況下で、
自主判断を迫られています。
お辛かったことと思います。
mikttymamaさんの山形での暮らしや活動を垣間見れることを
これからも楽しみにしています。
Commented at 2011-09-10 13:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tonko at 2011-09-10 16:56 x
自主避難なさっても一生懸命働かれておられるのですね。
未来のあるお子さん3人を避難させて本当によかったと思います。
いつかこの未来の福島を背負ってたつ大事な子を守ることですもの。
お母さんいろいろな困難なこと乗り越えてがんばって下さい。

テレビで元気に外で遊んでいる姿を見てほっとしました。
Commented by れもん at 2011-09-10 20:25 x
自主避難されるということは、色々なリスクも理解の上のことではないのですか?
自分達だけが、大変だというふうに聞こえます。

>そして、福島市や郡山市のお母さんたちは、本当の被災者じゃないんでしょうか。
まずは津波で家を流されたり、避難を余儀なくされている原発周辺の方達が優先ではないでしょうか?
それに、本宮、二本松、伊達・・・その他は?なぜ、福島と郡山限定?
本当の被災者?ふざけないでください。
原発周辺で残された、殺処分されるのも知らない家畜たち、仕事も家族も失った方達はどうなの?

子どもが心配なのは、皆 同じです。
外にもでれないので、子どもも抵抗力を失ってるし・・・
避難しない人だって、色々なリスクをかかえて生活してるんです。
だから、あなたも避難されたんでしょ?ずいぶん、コロッと変わるのですね。
どなたかが仰ってましたが、本当にあまえていると思います。
思われても仕方ないと思います。
山形に落ち着くまでに100万かかった方もいるそうですが、
我が家は共働きでも、そんなお金だせません。
声をあげても、支援はないのでは?そうなったら、不公平というものです。
Commented by pastaflora at 2011-09-10 22:50 x
我が家は原発事故以来、夫婦間の意見が対立しました。
非常時に情けないです。今は母子避難という形をとってますが、夫婦間の精神的には別居かもしれないです。

ミキティさんの旦那さんへの思いやりとかブログで読むと胸がジーンと。娘を思う気持ちは私も一緒ですよ!

声をあげていくこと、今の日本では難しいだろうと思いますが、必要なのだと思います。我慢は美徳ではなく、そこに気持ちがある言葉や行動を信じてするしかないのかな?
影ながら応援してます!
Commented by なうしか at 2011-09-11 01:05 x
同じく自主避難をしております。こちらには避難者のコミュニティもなく避難者向けの情報も福島の情報も入ってきません。自力で土地に馴染んでいくしかない状況です。確かに最初は不安もありしんどい時もありましたが…今ではこのような環境が子供や私にとって良かったと思ってます。郷に入ったら郷に従え…だと思います。私のまわりもコミュニティに頼らず自力で避難した人がほとんどです。お気持ちはわかりますが…世の中…福島の事情がわからない人の方が多いので…求めすぎるとあまりいい印象を与えないし逆効果なのではないかと思います。同じ避難者として疑問に感じてしまったので…キツイ言い方で申し訳ありません。
Commented by maco at 2011-09-11 03:55 x
いつも思うのですが、自主避難した方と福島に残っている方がなぜ対立したり片方が片方を責めたりしてしまうのでしょうか?
今回の原発事故では福島県民は皆放射能汚染の被害にあった者達です。
声を上げて意見を言わなければならないのは同じ福島県民へではなく東電、政府、自治体へですよね?
避難したんだから我慢しなければならない、弱音を吐いたりしてはいけないというのは少し違うんじゃないかと思うのですが。
この問題は長期戦です。皆先行きがみえず不安なのは同じです。
福島に残っている方も避難した方も精神面でのサポートは必要だと思います。
Commented by かずみ at 2011-09-11 07:58 x
私も郡山市民です。
mikttymamaさん、自主避難できる方々は恵まれています。

家は地震で新たに1千万以上のローンを組みました。
介護が必要な年寄りも抱えています。一日3回来ていただいた
ヘルパーさんも経済的に厳しく2回に減らし家族で看ています。
だから自主避難したくてもできません。子供のこともちろん大切で
大事だけど生きて行くとこで精一杯。
なれない土地で不安なの分かりますが、mikttymamaさんのように
避難できる人は本当に恵まれていますよ。

うちの姑が口癖のようにいう言葉に
人にやってもらって あたりまえ と思うと不満がでる。
人にやってもらって ありがたい と思うと感謝がでる。

mikttymamaさんは あたりまえと思ってらっしゃるでしょう。
だから現在の支援も足りない、もっともっとと思っていらっしゃる。
あなた方自主避難組にまで保障していたら、私ら残っている人間は
何もなくて不公平ですよね。

人間 欲ばかり持ち続けたらキリがない。もう少し不便な生活を
楽しむ位余裕持たなきゃ。子供たちがかわいそうです。

mikttymamaさんの子供たち、なんかストレスばかりの様で
避難したことで、返ってかわいそうな気がします。



Commented at 2011-09-11 08:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by B at 2011-09-11 13:42 x
財産があるとか恵まれてるとかは、論点から外れています。
震災と原発事故はまるっきり別物。
東電の不祥事によって被った不利益や心的被害は、補償されて当然です。
「支援」ではなく「補償」。
自主避難する・しないに関わらず。

mikttymamaさん、私は応援しています!
Commented by ちえのすけ at 2011-09-11 14:15 x
こんにちわ、
実家が福島県の二本松市です。
いつもブログを読ませて頂いております。

上のほうに同じことを書かれているかたがいますが
何故同じ福島県民なのに
自主避難した、しないでコメント欄でもめなければならないのでしょう?
残っている人、避難した人、それぞれにそれぞれの大変さを抱えていて、本当は手を取り合って励まし合わねばならないはずの同じ県民なのに
「避難できた人は恵まれている」的に考えられてしまうのはとても哀しいことだと思います。
「みんなの絆」「一致団結」的な日本人の美点が悪い方向に働いてしまっていそうで不安です。
それぞれにそれぞれの家族の事情があります、人それそれで良いのではないでしょうか?
私は避難したかたも残ったかたも両方応援したいですよ。

Commented by 責める相手を間違えてませんか? at 2011-09-11 15:55 x
責めるべきは間違っても自主避難した人ではありません。
そもそも事故が起こらなければこんな生活をする必要はなかったはず。
起こってしまったことを起こらなかったことにすることはできないから、しばらく他県の支援に甘えさせてもらえば良いと思います。
震災のごたごたのせいでだいぶ疲れもたまっていると思います、たまにはお酒を傾けたり、ゆっくり深呼吸の時間も必要ですよ。
明日も生きるために。

わたしは、こどもと若い人はすぐにでも避難すべきだと思っています。今も大切だけど、未来も大切だから。
本来なら東電や行政がやるべきことですがそんなにお金を出せないから福島県民は我慢を強いられている。
自主避難者は将来のためのお金や家族がばらばらになることを犠牲にしていて、避難できずに残っている人たちは将来の健康や不安を我慢している。
みんな被害者、何かを犠牲にしなければいけない現実がとても悲しいです。
Commented by ぐーもぐ at 2011-09-11 17:10 x
はじめまして。
5月末に郡山市から栃木県に自主避難したものです。
その当時は、どの県も自主避難への支援はなかったため、実家のある栃木県にアパートを借りました。
その後、次々にいろんな県が自主避難者への借り上げ住宅の支援の名乗りをあげましたが、栃木県はありません。
私は避難者登録をしましたが、いただいた支援はてぬぐい2枚です。
働かなければやっていけず、転校したての子どもをほったらかしにし、
フルタイムで働いています。
なんのために避難したのかだんだんわからなくなってます。

正直、住宅の支援のある県に避難された方がうらやましいです。
いろんな考えがあるから、同じ県民で、同じ市民で、あるいは家族間で
対立したり、トラブルがおきたりするのがとっても悲しいですね。

mikttymamaさんの行動力で、山形避難組だけでなく
いろんなところに自主避難した人のつながりをもてるような
なにかをつくっていただけるとすごくありがたいです。
各県の生の声の情報をあつめれば、
これから避難する人の役にもたつかもしれないし。。。
なにかアイデアがあったらよろしくお願いします。
Commented by すず at 2011-09-12 01:58 x
はじめまして。
仙台に住んでいます。
福島には、数年住んでいたことがあり、私にとっては第2の故郷です。友達もたくさん住んでいて、原発事故後、とても心配しています。
ただ、心配しているだけで、何もできない自分がすごく悔しい気持ちでいました。
そして、福島にいる友達に直接的に支援できない分、仙台に自主避難しているママ達に、自分が出来ることはないか、でも、私ひとりで何が出来るのか、その手段は?と悩んでいました。

なので、mikttymamaさんの提案する「子育て支援」、すごく参考になりました。
全部はもちろん無理だけど、私に出来ることもある!と思えたから。

色々な立場や考えの方がいる中で、発言していくことは大変なことだと思います。
でも、mikttymamaさんの言葉に支えられ、救われている人は、たくさんいると思います。
応援しています。私も、頑張ります。
Commented by summer at 2011-09-12 15:41 x
私も自主避難者を責めないでと言いたいです。誰も悪くないし、みんな苦しんでいます。
悪いのは東電、政府。
事情があって逃げれない方の苦悩も分かります。でも自主避難者を責めるのではなく、ミキティママの様に声を自治体や県などに訴えることが大事だと思います。
私は逃げられなかった期間も、一人でも多く避難してほしいと思っていました。
今の自分の状況の中でのベストを尽くすことが大事じゃないでしょうか。県民同士でいがみ合うなんて何の特にもなりません!やめましょう?みな苦しいのです。
Commented by yaeko at 2011-09-12 21:53 x
私も自主避難しました。残っている人、避難した人それぞれ大変なのに、どうしてお互い助け合い繋がりあってこの困難を乗り越えようとはならないで、避難した人に冷たい視線を投げかけるということになってしまうのか残念でなりません、
Commented by ゆき at 2011-09-12 22:17 x
福島に仕方なく残る人も、自主避難している人も、喧嘩はしたくありません。ですが残っている立場の者として、「自主避難者はお金がかかるからもっと補償を」といわれたら、残っている者も補償してもらいたい気持ちはたくさんです。
私はこれからの妊娠を考えております。
赤ちゃんを産んだばかりで山形県に自主避難してる友人たちもおりますが、私が無事妊娠・出産できるころ、山形に私たち家族の入居できるスペースがあるとは思えません。
とはいえ、小学生や中学生なら福島に戻ればいい、とはやはり思えないので、私は仕方がないとあきらめるしかないですよね。本来自分たちの責任でこんな生活になったわけではないので、本当につらいですね。ストレスをためないように、がんばってください。
Commented by summer at 2011-09-13 10:41 x
ゆきさんのお気持ちも分かります。どなたか、繋がって残っている人達の補償を訴えたりすることは出来ませんか?
多分ミキティママの活動はすごく大変な事だと思います。声をあげることは勇気やエネルギーを使いますし、このように批判も浴びます。
ゆきさんも妊娠、出産を考えているそうですが、山形でなければいけないのでしょうか?何も状況が分からず、失礼な質問でしたら申し訳ありません。
短期で保養を受け入れてくれる所を探してみたりはどうでしょう?
一度県外に出てみて、感じるものもあると思います。
このような非常事態ですから皆必死です。
私もこの夏に思いきった決断をしました。本当に東電政府の罪深さをかんじますが ・・・対応を待っていたら、何も変わらないと思います。自分で行動を起こすのです。
Commented by ぷーたん at 2011-09-13 11:22 x
上からコメを読ませて頂きました。
何でミキティママが責められなきゃいけないんだろう...
というのが率直な感想です。
なんでこうなっちゃったんでしょうね...
何か悲しいです。
福島県の人ってあったかくて人情があって、そういうのが私のふるさとの誇りだったのになぁ。
原発は福島の電力じゃなくて関東の電力なのになんでこんな思いして、福島県民が言い争ったりしなきゃいけなんだろう。

ホントに悲しいです。
除染とともに優しい福島県民に戻りますように。
Commented by ゆき at 2011-09-14 19:11 x
>summerさん
ミキティママさんのところでのやりとりで申し訳ないのですが、ご質問があったのでお返事します。
批判したつもりはありませんでした。
「山形」と言ったのは、現在山形に避難されている方々ときっと同じ理由と思います。近くて、戻りやすく、受け入れ態勢もよいから。仕事があるので通えたら最高ですね。
ですが私の妊娠・出産などいつになるかわかりませんので、その時にはいろいろなことがどうなっているのか…。
「子供」と「妊婦」は真っ先に避難したほうが良いと思うのですが、妊婦になるかどうか非常に微妙なグレーゾーンの女性たち(たくさんいます)も悩みどころですね。妊娠超初期が一番影響を受けやすいときいてますが、そのころには妊娠していると公表できない時期だったりするので・・・福島の女性は皆、大変な時期です。
なんとか安全を取り戻したいものです。
Commented by mikttymama at 2011-09-14 22:42
コマ風呂さま。

いつもありがとうございます。
今日、地元在住の方に素敵な子育て冊子をご紹介いただきました。
きっとこちらにいらした方たちに必要な情報かとおもいました。
Commented by mikttymama at 2011-09-14 22:45
それいゆさま。

いつも365でそれいゆさんのブログを拝見していましたので、何だかお久しぶり…という感覚でおります。
長野にいらしたのですね。そうしてたくさんの方が福島に支援の手を伸ばそうとしてくださること、本当にありがたいことですよね。
本当に、いい流れでたくさんの方が繋がることができたらいいなと思います。コメントありがとうございました。
Commented by mikttymama at 2011-09-14 22:48
鍵コメ at 2011-09-09 17:09 さま。

心強いお言葉、本当に嬉しく思います。
未来のために、思いやりのおありになる、素晴らしいお医者様になってください。
ご連絡させていただきますね。
Commented by mikttymama at 2011-09-14 22:55
福島県民さま。

本当にすみません。私の生活ぶりから、自主避難の方たちの印象さえ悪くしてしまったのかと思うと、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
正直なところ、私は仕事を持っていますので幼稚園にも入れられましたし何とか二重生活を続けられそうな状態です。
ですが、そうじゃない方たちが多く、これは現状をお伝えすることと、辛い気持ちを吐き出す場所が必要だと思い、この記事を書かせて頂きました。なので、福島県民さんの目には私自身が能天気で甘えているように映ったのでしょうね。
厳しいご意見が出るのも覚悟の上でした。「仕方ない」とあきらめていた私に「自主避難の方にも絶対に支援が必要だから、声をあげるべきだよ」と教えてくださったのは、原発から14kmのところに大きなご自宅のある、南相馬の方でした。
Commented by mikttymama at 2011-09-14 22:57
鍵コメat 2011-09-09 21:05 さま。

ふんばろう東日本プロジェクト代表の西條さん、ガイガーカウンタープロジェクトの会議の時に一度お会いしたことがありました。
いつもありがとうございます!FBで連絡をさしあげてみますね^^
Commented by mikttymama at 2011-09-14 23:01
ayushamさま。

ありがとうございます。
どちらにいても、いろいろな形でお苦しいでしょう。お察しいたします。
馬見ヶ崎のジャバ、親友の家のすぐ近くで、子どもたちと「行ってみようね」と話していたところでした。 ayusham さんにとっても思い出の場所なのですね^^
Commented by mikttymama at 2011-09-14 23:04
りんごさま。

ありがとうございます。何が正しいのかわからないこの状態。
食べ物も、環境も。原発事故は、私たちから美しい故郷だけでなくたくさんのものを奪ったのだと思うと悔しくて悲しくてやりきれません。
でも、泣いても恨んでも何も変わらない。何か一つでも目の前のことを片づけて行くしかないんだと思います。
Commented by mikttymama at 2011-09-14 23:09
鍵コメat 2011-09-10 13:45さま。

鍵コメさんのような方にそういって頂けると、「あぁ、もっと頑張れるな」とほっとします。
いくつになっても大切な子どもたちですから、お互いがお互いの立場で連携を取って頑張りましょうね。鍵コメさんのように働くママさんに対しての支援を、今真剣に考えています。
Commented by mikttymama at 2011-09-14 23:11
tonkoさま。

ありがとうございます。見てくださっていたのですね。
避難すると決めた人も、ここに残ると決めた人も、どちらも間違っていないと私は思っています。
だって、我が子を大切に思う気持ちに変わりはないですから。
みんな福島の人なんですもの。
Commented by mikttymama at 2011-09-14 23:18
れもんさま。

憤り、ごもっともです。福島市、郡山市と限定したわけではなく、こちらでお知り合いになったお母さんたちがたまたま福島市の方と郡山市の方だっただけなのです。配慮に欠ける書き方をしてしまい、申し訳ありませんでした。
そして、福島での生活がどれほど過酷なものか、よくよく存じ上げているつもりです。もちろん、自主避難をした方にだけ支援の手があったとしたら、それは仰る通り不公平だと私も思います。
ですが、避難しなければわからなかったお母さんたちの辛い現状をやはり皆様にお伝えせずにはいられませんでした。
きっと、日々の放射能との戦いでお疲れでしょう。心が痛みます。こちらにいる私たちに少し余力が出てきたらきっと、福島に残る子どもたちの支援をしなくてはならないと考えています。
手を繫ぎましょう。私たちは同じ福島人です。
Commented by mikttymama at 2011-09-14 23:23
pastafloraさま。

夫婦間での意見の食い違い、これは最もお辛いでしょう。
母子避難をされても、心は休まっていらっしゃるのでしょうか…とても心配です。こちらで吐き出せるのであれば、いつでも吐き出してください。
私の友人も同様の状態で、避難したいけどできないという話を先日聞きました。これも、国の対応のせいなのでしょう。どうしたらよいのか…少しでもpastafloraさんがほっとできる時間をお持ちになれるように祈っています。
Commented by mikttymama at 2011-09-14 23:30
なうしかさま。

自分の決断なのだから、自分の責任で…と考えるのが一般的ではありますが、今回の場合は特殊ではないかと思いました。
私の配慮に欠ける言葉が、福島に残る方を傷つけてしまったことはお詫びのしようもありません。
そして、同じお立場のなうしかさんのような方にまで疑問に思われてしまったことも、重ねて申し訳なく思っています。
ただ、この記事を書いて皆さんの反応を見て思いましたのは、どの立場においても福島に生きる私たちはやはり相当疲れており、辛いのだと心が痛くなったことも事実。そして改めてやらなくてはいけないことが見えてきた気がするのです。
キツイ言い方などではありません。配慮された、優しいコメントだと私は思いましたよ。
Commented by mikttymama at 2011-09-14 23:32
macoさま。

そうですね。私もそう思います。
福島は、人柄も温かく、自然がいっぱいで少しだけ都会の空気も味わえる、そんな場所でした。
原発事故が私たちから奪ったものは本当に大きい。手を携えて国と東電に対して声をあげてゆくしかありません。
元の福島にもどしてほしい、と。
Commented by mikttymama at 2011-09-14 23:40
かずみさま。

状況、よくわかりました。何と申し上げたらよいか、でも、ご自分の現状をこうしてお話ししてくださり、お姑さんのお言葉を教えてくださってありがとうございます。
私のように、能天気な人間はいいのですよ。もちろん経済的支援も頂きたいけれども、何とか食いつなげています。
ただ、そうはいかない方もたくさんいることを知って頂きたかった。おなかが大きくて上の子が小さい。パパさんと離れて自主避難されているお母さんは、仕事を見つけるのも、コミュニティを作るのも本当に大変なのです。
だからやっぱりサポートが必要だと思うのです。自主避難をした方にだけもっと支援を…なんて思っていませんよ^^
Commented by mikttymama at 2011-09-14 23:46
鍵コメat 2011-09-11 08:48さま。

そうなのですね。教えて頂いてありがとうございました。
私も、鍵コメさんと同様、福島にたくさんの大切な人たちがいます。今すぐにでも戻りたい気持ちでいっぱいです。
ただ、娘たちに何らかの症状がでてしまった今、やはり休養が必要であると判断し、こちらへ参りました。
地元を離れた私は、福島人ではなくなったのでしょうか?私は、ここから通いながら、福島のために力を尽くしたいと思います。
私も、福島を決してあきらめたわけではありません。
Commented by mikttymama at 2011-09-14 23:48
Bさま。

ありがとうございます。そうですね、支援とはまた違う。
福島が「フクシマ」に変わってしまった日から、皆が何らかの形で苦しんでいます。
Commented by mikttymama at 2011-09-14 23:52
ちえのすけさま。

私の幼馴染も、二本松市に住んでいます。
自主避難するんだという話をしたら、「遊びにいくからね!」といつものように言ってくれました。
線量の低い場所にいるんだから、私は自分の友達を少しでもいいからこちらへ遊びにおいでと言いたい。ですが、自主避難されたママさんたちが仰るのは、「自分たちだけ逃げてきたような罪悪感があって、遊びに来てと言いづらい。」ということです。
心から手を繫ぎたいと思います。原発事故さえなければ、こんな溝は生まれなかったのですから。
Commented by mikttymama at 2011-09-14 23:55
責める相手を間違えてませんか?さま。

ありがとうございます。しかし、私も配慮に欠けていたと反省しておりますので…。
そうですね。皆本当に半年、一生分の頑張りをして日々必死に生きてきました。頑張っていない福島人なんて、私の周りには一人もいませんでした。
ゆっくり深呼吸、してなかったなぁ…と思います。
どこにいようとも、小さくてもいいから、福島の方が喜んで下さる何かをしていきたいと思います。
Commented by 内輪もめをしても何も始まらない at 2011-09-14 23:59 x
東電管外の、しかし関東に近いためミニホットスポットと化している所の者です。トーデンからの電気の恩恵も、原発立地県への交付金の恩恵も受けていませんが、沈着した放射性物質や内部被曝の対策に頭を痛めています。
外から見ていて、福島県人同士の非難合戦は“お上”からうまくハメられているなとの思いを禁じえません。
思い出して下さい。こうなったのはトーデン、政府、福島県知事のせいですよ。県民同士、対立している場合ではないのではないでしょうか。
そんな暇があったら、まずは現知事をリコールする準備をしたら如何ですか。確かもうすぐ可能になるはずですよ。そしてもっとましな新知事を迎え、避難政策を再考し、ミスター100ミリなんとかを追放する。そうした方向に進むしか、福島に未来はないのではないでしょうか。
県外にも応援してくれる人はたくさんいますよ。自分たちの未来は自ら切り開いてください。「仕方ない」で済ますのは悔しくありませんか?
Commented by mikttymama at 2011-09-15 00:02
ぐーもぐさま。

こんにちは。初めまして、と言いますか、私は勝手にぐーもぐさんを存じ上げていました^^
スクラップブッキング教室、今更ですが行っておけばよかったなぁ…いつか参加しようかと思っていたのに。大好きなHughugもなくなってしまい、たくさんの仲間がバラバラになり、本当に悲しいな、と思います。
栃木はもっと大変な状況なのですね。山形は恵まれているんだなぁと改めて感じ、ぐーもぐさんが教えて下さったので今日山形の支援センターに常駐されている市の職員の方に御礼を申し上げて参りました。きっと探せば、栃木もそういった自主避難組が集まれるような活動があるはず。まずはちょっと調べて、遅くなるかもしれませんがご連絡します!
Commented by mikttymama at 2011-09-15 00:06
すずさま。

ありがとうございます!お金があまりかからずに出来るサポートもたくさんあるのではと思いました。
まずは、皆が少しほっとできる時間を持って疲れを癒すことが先決ではと。今、山形の子育て支援に関しての情報集めをしていて、地元のお母さんたちがたくさん、たくさん知恵を絞って動いてくださっています。
仙台も被災地なのに、福島のことを気遣ってくださって、本当にありがとうございます。
Commented by mikttymama at 2011-09-15 00:09
summerさま。

そうですね、みな福島県民。考え方に違いはあるかもしれないけど、苦しんでいるのは皆一緒ですものね。
自治体の方もそれぞれ頑張って動いてくださっています。
ただ、相手が国と東電。あまりにも大きいものに立ち向かっているためなかなか進まないのが現状。声を上げ続けるしかないのでしょうね。
Commented by mikttymama at 2011-09-15 00:15
yaekoさま。

コメントを承認する際、私は厳しいご意見も覚悟の上でこの記事を書きましたが、同じく自主避難されている方がこのコメントを見たときに傷ついてしまうのではないかと悩ましい気持ちになりました。
しかし、どちらの苦しさも伝えるべきだと思いました。そうでなければ、今福島に住む人たちがどういう状況なのか伝わらないと思ったからです。 yaekoさん、これを見て辛い思いをさせてしまっていたらごめんなさい。
でも、やっとやるべきことが見えてきました。手を繫ぎましょう。きっとできると思います。もう一度、光が見えましたから。
Commented by mikttymama at 2011-09-15 00:21
ゆきさま。

そうですよね。私の友人の一人は、「福島の遺伝子を繫がなくちゃならないと思う」そういって独身ですが自主避難を選択しました。
ゆきさんがかわいいあかちゃんを産み、やっぱり離れたいと思った頃、もしまだ福島に帰れず私たちがここにいたとしたら、その時は全力でサポートします。そのために、最初に来た私たちが動く必要があると思うのです。入居するスペースがなければ、探す、作る。赤ちゃんは希望ですから。
やれることをひとつずつやってゆくしかないですね。
Commented by mikttymama at 2011-09-15 00:24
summerさま。

本当に。繋がってゆける方法さえわかればいいのに。
放射能と戦っている福島の人たちは本当に疲れています。
なかなか気力もないところで、情報を得たりすることもかなりのエネルギーを消費するでしょう。
どちらにも、ココロのサポートが必要な段階になってきた気がします。
Commented by mikttymama at 2011-09-15 00:26
ぷーたんさま。

あんまり優しいコメントに、涙が止まりませんでした。
完全に回復することは難しいとは思うけれど、除染が進み、私たちの福島がまた戻る日が来ますようにと願わずにはいられません。
Commented by mikttymama at 2011-09-15 00:29
ゆきさま。

批判されたとは思いませんよ。summerさんもきっと、ゆきさんを批判したわけではなく、意見を申し上げただけなのではないかしらと思いました。ディスカッションをするのは日本人が苦手とするところですが、それができる強さを持てる時代になったのかもしれませんね。
ゆきさんのご心配もとてもよくわかります。
Commented by mikttymama at 2011-09-15 00:32
内輪もめをしても何も始まらないさま。

うんうん。あきらめるのはあまりにも悔しすぎますよね。
貴重な情報ありがとうございました。
国の情報が信じられないなんて、なんて国だったんだろうなぁ、日本は。これからどうなってしまうのでしょうね。
Commented by 齋藤正臣 at 2011-09-23 00:22 x
おおお、久しぶりにブログを拝見したら凄いことになってますね!好きで故郷を離れる人など居ないだろうに。福島が本当の意味で復興する為の希望は、福島県民が世界でも抜きん出て成熟した市民になる必要があるとは知人の言葉ですが、その素質を私たちが持っているとまだまだ信じています!此方でも色々とご報告したいこともありましたので、山形で情報交換しませんか?新潟に避難している友人は、あちらで福島出身の方々で共同体を立ち上げるみたいです。また色々と繋がる予感がします!
Commented by mikttymama at 2011-09-23 22:18
齋藤正臣さま。

新潟もすごいですね!わたしも、いろいろと繋がって、良い方向へ向かってゆくと信じています。
了解しました^^ご連絡致しますね。
by mikttymama | 2011-09-09 09:50 | 教室&イベントinfo. | Comments(56)

福島の小さなお料理教室CookingStudio I-e(イーエ)のうちごはん。


by みきてぃまま
プロフィールを見る
画像一覧