あたりまえの幸せ。

f0177295_2263781.jpg

2012.3.11を迎えました。
その前日、私は娘のために、このキャラメルを作りました。
なんでもないその日が、どれだけ幸せだったのだろうと、
今になってよくわかります。

あの地震があった日。
主人は仙台出張でした。
ひとり、郡山の家で娘を抱え、
ダイニングテーブルの下で地震が治まるのを待ちました。

割れた食器が辺りに散乱し、地震が治まってはじめにしたことは
3人娘の靴を玄関へ取りに行き、履かせることでした。

仕事を持つ夫とは、また一緒にいられない。
私は、山形。
夫は、福島。

家族がバラバラ。こんな辛いことはない。
でも、私の大切なひとは、今生きています。

そして、そんな大切な人を失った人たちがたくさんいます。
あのひとが生きている。それだけで十分。そう思わないと、ばちが当たる。
そう思っています。


3.11。
私はまた、キッチンに立ち、何かを作ると思う。
大切なひとが生きてゆくための、おいしいものを作ろうと思う。
当たり前の幸せをかみしめるために。

大切なあのひとを想う皆様にもう一度、このレシピをお贈りします。


げんきのでるキャラメル(今回作った、分量の目安)

■材料(約40個分)
ピーナツバター 大さじ3、はちみつ 大さじ4、グラニュー糖 50g
きな粉 大さじ4、牛乳 150cc

■作り方
1.厚手の鍋に、材料をすべて入れて中火にかけ、木べらでよく混ぜながら
 煮詰める。
2.13×18cmのバットにラップをしいて、1を入れて平らにのばす。
 その上からさらにラップをして、冷凍庫で30分冷やす。
3.食べやすい大きさに切ったら出来上がり。

■黒ゴマきなこで作ってもおいしくできます。
 ソフトキャラメルにしたい場合は、きな粉を抜いて、牛乳を生クリームにして
 煮詰めてください(一晩冷蔵庫に寝かせて切る)。
 溶けやすいので、保存は冷蔵庫で5日ほど。冷凍してもOK。

[PR]
Commented by annebm at 2012-03-11 08:52 x
mikkityさん、1年間本当におつかれさまでした。
今日は私もここから、日本へいつも以上にハートを向けます。
そしてこのキャラメル、子供達に作ってあげたいなと思いました。これからも微力ながら、応援させてください。
Commented at 2012-03-11 09:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-03-11 11:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Cisibasi at 2012-03-11 16:39
元気が出るキャラメル良いですね。
何か、口に入れれば元気が出てくる事もあります。
元気が出るキャラメルならなおさらでしょう。
離れた生活、言葉では語れないほど大変と思います。
でも、今は生きている事、生かされている事に感謝です。
ブログ楽しみにしています。
元気をくれて有り難う<(_ _)>
Commented by アキティ at 2012-03-12 14:27 x
ミキティ☆

私も、今はただみんなの命があることに感謝して
生きていようと思っています。
そして未来のためにとできることを精一杯やらせて
いただこうと。

11日、テレビに映った貴女を観た母が一瞬
私かと思ったらしい。「親の私が間違うんだから
相当似てるわよ、アナタタチ!!」と母が申して
おりました笑。

離れていても家族。会えなくてもトモダチ。
そうだよね!春になったら必ず山形に参ります。
その時は山形フレンズに「姉」です!と紹介してね。
Commented by tonkoid at 2012-03-12 18:45
この一年間あなたの働きにいつも励まされておりました。
ありがとうどざいました。
11日おお泣きしている末っ子ちゃんの映像をチラッとしか見れなかったのですが、胸いっぱいになってしまいました。
3人のお母さんご自分の体もお大事に、お励み下さい。
Commented at 2012-03-12 21:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by stanislowski at 2012-03-13 16:00
福島の人、お母さんを、放射性物質の被害を受けた人を、これ以上泣かせたくない。怒らせたくない。思い起こせば、昨年の4月1日の記事、一時避難地で娘さんの受診の際に起きた医療の観点からすれば当然の処置でも、私は憤りを覚えました。原発安全神話ばかりで事故を仮定した対策・受け皿など無かった。福島の人が直面している事はこういう事なのかなと思いました。肩身が狭い、小さくならざるを得ない。。
そもそも原発は作っちゃいけなかった。→でもある→即時停止。逆算するように私は集会に参加しました。が、止めたからオシマイではないです。不幸なことに事故が起きてしまった。その後の暮らし、人権を保障することが大事なのだと参加し、私なりに考えました。「ベクトルが向かない」と、卑下しないでください。上手く言えなくて誤解を受けたら怖いですけど、それを強いられ共存せざるを得ない暮らしは大変辛いものです。
さっ、今日は何を食べましょうか?機嫌よく過ごせますように!
Commented at 2012-03-13 17:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by まるこ at 2012-03-13 22:07 x
はじめまして。
自主避難をしている者です。

福島市の小児科医のブログをご存知でしょうか?
自主避難をしている方はぜひご覧ください。

Commented by mikttymama at 2012-03-14 12:52
annebmさま。

いつも本当にありがとうございます。キャラメル美味しくできましたか~^^
Commented by mikttymama at 2012-03-14 12:52
鍵コメat 2012-03-11 09:05さま。

ありがとう。私も貴女がいてくれてよかったなぁーと思っています^^
Commented by mikttymama at 2012-03-14 12:54
鍵コメat 2012-03-11 11:42さま。

こちらこそ、ありがとうございます。綺麗なお花本当に嬉しかったです。
うーん。煮詰め方が足りないのだと思われます。ねっとりと練った状態だとちゃぁんと固まりますよ~^^
Commented by mikttymama at 2012-03-14 12:56
Cisibasiさま。

ありがとうございます^^美味しいものを口に入れただけで幸せな気持ちになりますよね。これからも、そういう気持ちでキッチンに立ちたいと思っています。
Commented by mikttymama at 2012-03-14 12:59
アキティ。

あら(笑)。そんなに似ているのね、やっぱり!
姉が山形に遊びにこないのに、フィンランド行こうとか言うからさぁ。どっちの母から生まれたのかは別として、あなたが今元気にやってくれていることに心から感謝します。
イヤリングね、来てくれるまでとっておくことにするわ(笑)。
Commented by mikttymama at 2012-03-14 13:01
tonkoid さま。

tonkoidさんのお立場も、相当お辛かったのではとお察しいたします。お孫ちゃんに会えないのでは尚更ですね。
こちらのボランティアの方に、「孫に会いたい」と泣きながら電話されるおじいちゃんおばあちゃんも本当に多いのだとか。
いつかお会いして、お話しできたらいいですね^^
Commented by mikttymama at 2012-03-14 13:03
stanislowskiさま。

震災・原発がなければ辛い思いをすることもなかったけれど、 stanislowskiさんともお会いできなかったと思う。今は、起きてしまったことを考えるよりも、今目の前にある幸せを噛みしめたいと思うのです。
いつか、いつか!海を越えて会いにゆきたいです。
Commented by mikttymama at 2012-03-14 13:04
まるこさま。

教えてくださってありがとうございます。どのブログなのかしら?検索してみます^^
Commented by かめ吉 at 2012-03-15 17:54 x
こんにちは。横レス失礼します。
まるこさんのお勧めは私も前に紹介した
ひまわりの種 というブログだと思いますよ。
お忙しいこととは思いますが、
「こんな話がしたかった」なら ここに行けば沢山できますよ。色々な疑問にも優しく答えてくださる福島の仲間が沢山います(^_^)/
Commented by mikttymama at 2012-03-15 23:58
かめ吉さま。

いつもありがとうございます!多分そうかなぁと思ったのですが、違っているとと思い確認させていただきました。それであれば教えて頂いてから拝見していますよ♪
自主避難している方もかめ吉さんと同じ目線なのだということが分かった気がします。
by mikttymama | 2012-03-11 02:40 | こどもとスィーツ・パン*編 | Comments(20)

福島の小さなお料理教室CookingStudio I-e(イーエ)のうちごはん。


by みきてぃまま
プロフィールを見る
画像一覧