自家製ジンジャーエールと焼き林檎。

f0177295_08550606.jpg


先週金曜日。
安積町にある吉成建築さんのショールームに、
なんとwhole treat 研究所の手島渚ちゃんが来てくださいました。


彼女が出版した、「足ほぐし手ほぐしセラピー」のワークショップ。
福島市あんざい果樹園で5月に同じイベントがあり、
たかこさんが「みきさん、郡山でもこれやりたいんだけどどぉ?」
とお声掛けいただいたのがきっかけ。


渚ちゃんに来て頂くなら、あんかじゅみたいに素敵な場所で!と
吉成建築さんにお声掛けさせていただきました。

f0177295_08562827.jpg


大きな看板をわざわざ東京から運んでくれました~。
無茶ぶりごめんね~。


f0177295_09021396.jpg

アロマオイルの良い香りが、
ショールームいっぱいに。


f0177295_08552135.jpg

かわいいおきゃくさまも。


f0177295_09035528.jpg

日ざしがたっぷり入るショールームは
満員御礼でした。


f0177295_09271909.jpg



こまったときのたかぽん by nagisa(笑)
むすこの面倒をみながら、
カメラマンしたり、足ほぐし手ほぐししたりと
いつものことながら大活躍。



f0177295_08560452.jpg


わたしはおやつ担当。
よしこさんには本当に何から何までやっていただきました。
彼女もほぐし足ほぐしマイスターで
ゴッドハンドの持ち主です。


f0177295_09103613.jpg


お持ちしたおやつ、
全てお嫁にゆくことができました。
「aruku見てますよ~」
とお声掛けいただき、嬉しかったです♪



f0177295_08565097.jpg

無花果の甘露煮が丸ごと入ったマフィンと
山形県天童市の紅玉を使った焼きりんごにキャラメルソースをたっぷり。

自家製ジンジャーエールと金柑のフレーバーティも。


お誘いしたお友達が、
焼りんごとジンジャーエールを気に入ってくれたとのこと。
そんなわけで、レシピを残しておきたいとおもいまーす。


ジンジャーエールの素はすりおろし生姜を入れたり、
初めからお砂糖を入れて煮詰めたりといろいろな作り方がありますが、
あっさりしたジンジャーエールになるのがこの方法。
これを炭酸水で割ったり、牛乳で割ったり。
ドレッシングに入れてもいいですよ。


ぜひお試しくださいね♪




recipe1
ジンジャーエールの素
■材料
根生姜200g、水3カップ、鷹の爪2本、お好みのスパイス(シナモン・クローブなどホールで)、甜菜糖100g

■作り方
①根生姜は洗って皮ごとスライスし、水に5分ほどさらしてアクを取る。
②水と生姜を鍋に入れて火にかけ、沸騰させる。アクが出たら丁寧にすくう。
③強めの弱火にしてコトコト10分ほど煮たらスパイス、種を取った鷹の爪を入れ、
 半分くらいになるまでしっかり煮詰める。
 (辛いのが苦手な方は鷹の爪の加熱時間を少なめにして)
④一度ざるで濾し、甜菜糖を煮溶かしたら出来上がり。

■残った生姜は甜菜糖を足して甘く煮ておくと、パウンドケーキなどに利用できます。
 また、醤油とみりんを足して煮ると甘めの佃煮にも。



recipe2
焼りんご

■材料(2人分)
紅玉1玉(無農薬、減農薬のものだと嬉しい)、無塩バター10g、グラニュー糖小さじ2、シナモンパウダー適宜

■作り方
①紅玉は洗って皮ごと切ってくし形にスライスする。早めに火を通したい場合は薄めに(4等分したものをさらに4等分するくらい)、じっくりの場合は1/8等分くらいが目安。
②フライパンにバターを溶かし、グラニュー糖とシナモンパウダーをふる。りんごを並べてふたをする。
 中火で加熱し、こんがりと焼き色がついたら裏返す。りんごが柔らかくなったら全体を木べらで優しくまぜ、馴染ませたら出来上がり。少し焦げ目がつくくらいが美味しい。

■紅玉がない場合はレモン汁を小さじ1~2足してください。
















[PR]
by mikttymama | 2015-10-27 09:48 | Cafe風飲みもの*編 | Comments(0)

福島の小さなお料理教室CookingStudio I-e(イーエ)のうちごはん。


by みきてぃまま
プロフィールを見る
画像一覧