農家イタリアンarigatoと…豚バラと椎茸のガリバタ醤油丼。

f0177295_16341288.jpg
今日はいきなり寒くなって
すっかり風邪をこじらせた私です。
ヨガをしても身体が固まっていてなかなかほぐれなーい。
みなさまも気を付けてくださいねー。

さてさて、昨日の記念日は、
子どもに子どもを預けて(笑)
安積町にある農家イタリアンarigatoさんに、
夫と2人でお夕飯を食べに行ってきました。

f0177295_16033894.jpg
ババロアからはじまって、
福島県産野菜づくしの前菜。

会津のホワイトアスパラ
須賀川の横田農園さんのあまえんぼう(いちご)に生ハム、
長崎産の甘ーい蒸し焼き玉ねぎ。

f0177295_16043369.jpg
カプレーゼがもうおいしすぎて毎回のけぞります(笑)。
バジルソースも自家製。
新にんにくがおいしいー。
安積町で作っているはちみつと
大玉村で作っているというサンマルツァーノのトマトソース。

f0177295_16050208.jpg
キンキのアクアパッツァに…

f0177295_16035464.jpg
マデラソースが抜群に美味しい
牛フィレとフォアグラのソテー。
しみしみのバゲットが一番下にあります。

f0177295_16044803.jpg
新鮮なジャージー牛のミルクからお店で手作りしているアイスクリーム。
夫は終始、「うまい!」「やばい!」「野菜がたのしいー!」
と子どものように喜んでいました(笑)。

f0177295_16051675.jpg
最後に、こーんな素敵なプレートを作ってくれました。
お腹も心も大満足!
郡山へいらしたら、絶対紹介したいお店です。
ぜひぜひ行ってみてくださいませ。





f0177295_16032367.jpg
おうちへ帰ると、子どもたちが家中に用意してくれていた
15周年記念クイズ。
パパとママのこと、本当によく見ているなと感心しました。
ありがとね!



さてさて、今日は、椎茸を激ウマ丼にしちゃいます。
こちらは以前、福島県農林企画課さんのシンポジウムで作ったレシピ。
福島県郡山市湖南町では大きな椎茸が有名です。
原発事故以降、椎茸は放射性物質が検出されやすく
品質・生産管理にとっても苦労したそう。
今ではずっと0の状態なんだとか。

美味しい地元の食材がこうして人の努力によって
安心して人に勧められるようになるって嬉しいな。


豚バラと椎茸のガリバタ醤油丼

■材料:5人分
湖南産椎茸(大)8個、豚バラ肉250g、細ねぎ1束、ピュアオリーブオイル大さじ2、日本酒大さじ1、
パルミジャーノ・レジャーノ(パルメザンチーズの塊)適宜、ブラックペッパー(ホウル)少々、
ガリバタ醤油だれ:にんにく1片(すりおろす)、醤油大さじ2、本みりん大さじ2、無塩バター20g
ごはん 2合‥‥普通に水加減し炊飯しておく。

■作り方
1.椎茸は1/4にカットする。豚バラ、細ねぎは3cmほどに切る。
2.フライパンにオリーブオイルをひき、豚バラを焼く。途中日本酒を加えて水分を飛ばしながらこんがり焼けて8分通り火が通ったら、一度バットなどに取り出しておく。豚から出た油で、椎茸を焼く。裏返しながらこんがりと表面が焼けたら豚バラを戻し入れ、細ねぎ、ガリバタ醤油だれを入れて煮絡める。
3.丼にごはんを盛り付け、2をのせてパルミジャーノ・レジャーノを削ってのせ、ブラックペッパーを振ったら出来上がり。

■ポイントと調理のコツ
豚バラは火を通しすぎるとカリカリになってしまい、椎茸との食感が合わなくなるので一度取り出してから調理すると柔らかく仕上がります。豚こま等で作っても美味しい。







[PR]
by mikttymama | 2017-05-10 16:39 | おうちごはん(麺・ご飯もの) | Comments(0)

福島の小さなお料理教室CookingStudio I-e(イーエ)のうちごはん。


by みきてぃまま
プロフィールを見る
画像一覧