6月の二十四節気こんにちはごはん…鶏と梅のスープ。

f0177295_11273040.jpg



衣替えの今日、福島はすっかり梅雨模様。
保育園に通う長男と中学生の長女は
夏服に身を包み出かけてゆきました。
子どもがいなくなるとウソみたいにおうちの中が静かになります。



さて、先週はバタバタしていたこともあり、
なかなかレシピをUPできませんでした。

昨年からですが、福島県矢吹町にある酒蔵、
大木代吉本店さんのレシピとコラムのお仕事をさせていただいてます。


季節をめぐり旬の食材で養生しながら暮らすこと。
日々心がけていかないと、なかなか理想にはほど遠い自分の生活。
勉強しながらですが、地球暦を教えてくれた、
福島出身北海道在住の伊藤慈ちゃんに学びながら
自分の備忘録のように書いているコラム。
大切な大切なお仕事のひとつです。


酒蔵でも、杜氏の方たちが季節と向き合いながらお酒を造っています。
大木さんのこんにちは料理酒をどう美味しく使うか
毎月とっても楽しんで、レシピを考えています♡


今月のレシピは、
いつかやりたかったスープ!
しかも、梅雨にぴったりな梅のスープです。
圧力鍋で作るスープストックは我が家の定番。


f0177295_11280026.jpg


圧力鍋に、鶏もも、長ネギの青い部分、生姜を入れます。


f0177295_11280780.jpg


で、料理酒を投入。
火にかけて、シュルシュルしてきたら4分加圧。
最近の性能がよい圧力鍋なら2分くらいでもOK。
圧力鍋なければ、30分コトコト。


f0177295_11281357.jpg


このスープを使って、えのき、きくらげ、そして塩麹と梅を入れ
白髪ねぎを入れて出来上がり。


f0177295_11282260.jpg


キリリと冷やした冷酒に合います。
茹でた素麺を入れて、お酒の〆にも。





梅と鶏のスープ

■材料:<5人分>
鶏スープ:(鶏もも肉2枚、長ネギの青い部分1本、生姜2片分、こんにちは料理酒大さじ2、水5カップ)、
長ネギ1本分、きくらげ適宜、梅干し1~2個、塩麹小さじ1~2(梅干しの塩分量によって調節する)

■作り方
1.圧力鍋に鶏もも肉、ねぎの青い部分、生姜、こんにちは料理酒、水を入れ、圧力鍋で約4分加圧し、火を止めて15分置いておく。
2.ねぎは白髪ねぎにして水にさらし、きくらげは水で戻して千切りする。梅干しはあらかじめ叩いて細かくしておく。
3.1で取ったスープを別の鍋に移し、きくらげ、梅、味が足りなければこんにちは塩麹で味を調え、少し温める。
最後に白髪ねぎを入れたら火を止めて出来上がり。

■point
料理酒は鶏の臭みを消し、スープの味を深くしてくれるのに一役買っています。
普通の料理酒よりもこんにちは料理酒はアミノ酸含有量が多いため、
鶏で取ったスープの旨味をより引き立ててくれますよ。
圧力鍋で作る鶏スープは作り置きしておくととっても便利。
スープは2~3日、柔らかくした鶏肉は4日ほど冷蔵庫で保存が可能です。
圧力鍋がなければ、厚手の鍋でコトコト30分ほど煮込むといいでしょう。
去年漬けた梅、保存瓶に残っていませんか?梅干しはこうして温めて食べるとクエン酸の吸収効率がUP。
疲れを取ってくれるのにスープにして食べるのはとても理にかなっています。
是非お試しください。





二十四節気とは…太陽が地球を一周する日数を二十四等分し、それぞれの期間に季節の変化を表す名前をつけたもの。
古代中国で農作業の目安として使うために作られたのだそうです。

  季節は梅雨に入ります。欝々とした雨と曇り、時折蒸し暑さを感じ夏の強い日の光にさらされるこの季節。
梅雨なのに水無月というのが不思議ですが、水無月の「無」は格助詞の「の」に当たるそうで、「水の月」、
つまり梅雨の季節を表しているのだそうです。

 今月の二十四節気は6月5日、芒種(ぼうしゅ)から。
稲や麦などの先端にあるトゲを「芒(のぎ)」といい、芒種は芒のある種を植えるころを言います。
梅雨到来で雨が続くと少し気が滅入ってしまうかもしれませんが、この季節の雨は農作物にとっては天の恵みに他ならないのです。

 いよいよ夏到来で、日本列島全域が農繁期に向かいます。夏はよく食べ、よく動き、
内に熱をこもらせないよう外にエネルギーを放出しながら暮らす季節。梅雨はエネルギッシュな夏に向けての準備期間ともいえるでしょう。 

 梅雨の季節は何と言っても梅仕事。青梅が出回り始めたら、ホワイトリカーや日本酒で梅酒を漬けてみましょう。
梅のヘタをつまようじで丁寧に取り除いて洗って拭き、氷砂糖と交互に重ねてお好みのアルコールを注ぎます。
アルコールなしの青梅シロップも作れます。一度梅を凍らせて氷砂糖を入れるとエキスが溶け出しやすくなるので失敗がありません。
 段々と熟した黄色い梅が出回るようになったらいよいよ梅干しづくり。我が家は去年、ホワイトリカーと米酢を入れて、
ジップロックで漬けました。これだと失敗なく早く梅酢が出るのでおススメ。土用をすぎて赤紫蘇が出回るようになったら多めに漬けて干し、
細かくしてゆかりふりかけにします。
 6月21日は夏至(げし)。1年のうちで最も昼間の長さが長い日。夏至を過ぎると、本格的な夏が始まります。
丁度この日に「100万人のキャンドルナイト」と言って、電気を使わず、キャンドルの炎だけでスローな夜を過ごすイベントが各地で行われます。

 このころになると、きゅうりやトマト、ゴーヤやなすびといった夏野菜がぐんぐん育ち、最高に美味しい季節に。
茄子やゴーヤはさっと素揚げしてあげびたしにしたり、きゅうりを薄く刻んで塩もみし、ワカメと一緒に酢の物にしたり、
食卓が夏野菜でにぎわい彩豊かになります。
 夏の味噌は八丁味噌などの豆味噌がおススメです。懐石料理でも赤だしの汁椀が主流になってきます。
茄子や茗荷など、赤だしの具材もいろいろありますが、特に夏の滋養強壮にはしじみの赤だし。
しじみにはオルニチンという成分が豊富に含まれており、肝機能を修復・活性化するのにとてもよい食材です。
鉄分や亜鉛などの成分も含まれていますので貧血防止などにも効果あり。
クーラーなどで体が冷やされすぎると、筋肉がきゅっと縮んで肩こりがひどくなったりしますが
しじみにはビタミンB12という肩こり・腰痛を緩和してくれる成分も含まれています。
汁物だけでなく卵とじにして小葱や三つ葉をたっぷりのせても美味しくいただけますよ。

 今月の季節の食べ物のお話はいかがでしたか?夏の暮らしも丁寧に楽しんでいきたいですね。
では、来月もまた、お楽しみに。

 ※参考資料:平成27年神社暦(福島県神社庁)、春夏秋冬・土用で暮らす。(富田貴史・植松良枝著 主婦と生活者)

[PR]
by mikttymama | 2017-06-01 12:07 | 二十四節気コラム | Comments(0)

福島の小さなお料理教室CookingStudio I-e(イーエ)のうちごはん。


by みきてぃまま
プロフィールを見る
画像一覧