カテゴリ:おうちごはん(麺・ご飯もの)( 57 )

KFBヨジデス「暑い日の時短レシピ」3つ。

f0177295_10172503.jpg


うー。
毎日更新すると誓ったのに、
1日おきになり、1週間に2回になり、そしてずいぶん空いてしまいました。

というのも、ムスコが先週の金曜日に頭をえらいケガをしまして
母としてはかなり凹んでしまい
お仕事的なことをセーブしつつ子ども中心の日々を送っていました。


f0177295_23181755.jpg


子どもがケガをすると、なんとなく忙しいのにかまけて
彼らのことをちょいとおろそかにしていた自分に猛反省。
いまだ医療用ホチキスで頭のてっぺんを2か所止められている息子の傷を見るたび
心がシクシク痛みます。
健康一番ですね。。もうケガはいや。。


さてさて、本日は、先日告知させていただいたお料理教室第一回目でした。
写真をたくさん撮りましたので、後程ご報告しますね!


それから、本日のKFBヨジデスは「ミキティママの時短レシピ」でした。
月1ペースでゆるりと出演させていただいております。
そちらのレシピを3つ、UPしておきますね!
見逃した方、こちらを見て作ってみてくださいませ♡





①調理時間5分!
何もやりたくない日の、超簡単のっけ丼「キムチ納豆丼」
■材料(1人分)
炊き立てのごはんお茶碗1杯、納豆1パック、キムチ適宜、焼海苔1枚、白ごま少々、卵1個、
大葉又は小葱少々、ごま油(あれば)小さじ1

■作り方
1.丼ぶりにご飯を盛る。
2.海苔をちぎってのせ、添付のたれを入れてよく混ぜた納豆、キムチをのせ、真ん中に卵黄をのせる。
3.白ごま、はさみで切った大葉か小ねぎ、ごま油をたらして完成!

■時短point
買ってきたものをのせるだけ!ごはんの炭水化物、卵と納豆でたん白質、
小ねぎor大葉で香味野菜とキムチで発酵食品と栄養満点丼の完成です。


②調理時間10分!
素麺ゆでるだけ、アレンジ「トマトの冷製カッペリーニ風素麺」

■材料(2人分)
素麺120g、トマト1個、麺つゆ80ml、オリーブオイル大さじ1、すりおろしにんにく少々
大葉3枚、スナップエンドウ2個

■作り方
1.深手の鍋にお湯を沸かす。素麺を既定の時間ゆで、ざるにとってしっかり水洗いする。
途中筋を取ったスナップエンドウを茹で、冷水にさらして冷やす。
2.ざく切りしたトマトとすりおろしにんにくをフードプロセッサーなどにかけて撹拌し、
めんつゆと混ぜて皿に盛る。
3.2に1を入れてオリーブオイルをたらし、千切りにした大葉を飾ったら出来上がり。
お好みでブラックペッパーを振って。

■時短point
素麺だと天ぷらを揚げたり薬味をきったり以外と手間がかかるもの。
一皿で野菜もスープとして一緒に食べられるので、洗い物もラクチンです。
フードプロセッサーやミキサーがあればスープを一気につくれるのでそれもヨシ。


③調理時間15分!
フライパンひとつで絶品丼「豚小間と夏野菜のガリバタ醤油丼」

■材料(2人分)
ごはん丼2杯分、豚バラ肉120g、茄子1個、ピーマン1個、玉ねぎ1/4個、プチトマト3個、
しめじ1/3パック、パプリカ1/2個、にんにく1/2片、、酒大さじ1、醤油大さじ3、
片栗粉小さじ1、バター20g、サラダ油大さじ3、大葉3枚、白ごま適宜

■作り方
1.にんにくは芯を取ってすりおろし、醤油・酒と混ぜておく。
豚小間にタレ少々と片栗粉を入れて少し揉み込んでおく。
2.ナスは斜め千切り、ピーマンは1cmくらいに、玉ねぎはスライス、
プチトマトは半分に切る。
3.フライパンにサラダ油を熱し、1をよく焼く。ある程度火が通ったら一度取り出し、
茄子、玉ねぎ、しめじ、バターを入れてよく火を通す。
最後にピーマン、肉を加えて炒め、鍋肌にたれを入れて煮絡めたら出来上がり。
最後にプチトマト、白ごま、大葉をトッピングして。

■時短point
冷蔵庫に余ったお野菜を一斉清掃!栄養満点の豪華な丼が出来上がります。
ズッキーニやパプリカ、かぼちゃやれんこんを入れても美味しいですよ!
豚肉はビタミンB群が豊富なので、是非暑さに負けないよう食べていただきたい食材のひとつ。

[PR]
by mikttymama | 2017-06-22 23:11 | おうちごはん(麺・ご飯もの) | Comments(0)

長谷園かまどさんと…トマトと蓮根の炊き込みご飯。

f0177295_11031049.jpg


あぁーーーーあつい。
一気に福島も夏日和となりました。
あんまり暑いので昨日はお庭で焼き肉。
ウッドデッキにホットプレートを出して
なんとなくグランピング気分でオシャレな雰囲気に準備。
女子が多い我が家ではこういう試みをすると
みんなのテンションが上がります(笑)。

そんなわけで夫が赴任先から帰宅する本日もグランピング風焼き肉の予定です。
母としてはめっちゃラクだなぁー♡


f0177295_11023806.jpg


さてさて。
コチラは最近購入したお気に入りの土鍋。
しかも、炊飯専用土鍋なんです!!
これが本当にびっくりするほどごはんが美味しく炊けます。
うちの炊飯器さん、5年ほど前ですが7万円くらいで買いました。
最近の炊飯器も優秀だなぁーと思ってごはんを食べていたのですが


全然違う!!!!
今までのごはんは何だったんだーーーー!!!!!
ごはんさんに申し訳ないーーー!!!!
そのくらい違います。もーびっくり。


手順も簡単。
お米を研ぐ→20分吸水→強火で14分→20分蒸らす→ハイ!出来上がり!
カニ穴が空いて、ほっかりふっくら、つやつやのごはんが炊き上がります。
普通の土鍋より厚みがあるため火加減調整一切必要なし。
玄米も、炊き込みご飯も、予熱調理で作る鶏ハム、煮物などなんでもこーい♡

ネットでも購入できるみたいですが
私はお料理教室の時に東部ガスさんで
定価よりもちょっぴりお安く手に入れることができましたよ。

ごはんが美味しいって幸せなことですね。
ごはん、だいすき!



本日のレシピは土鍋で作るおもてなしにも◎の炊き込みご飯です。
トマトと鶏肉から美味しい出汁が出ますので
味付けはとってもシンプル。
作ってみてくださいね。





鶏とトマトの炊き込みごはん

■材料:(4~5人分)
米2合、鶏むね肉1/2枚、トマト小2個、れんこん1個、にんにく1片、塩小さじ1、
クレイジーソルト・黒こしょう適宜、オリーブオイル大さじ1

■作り方
1. 米は研いで、ざるにあげておく。れんこんは半分に割って8mmほどに切り、酢水に漬けておく。
鶏肉は余分な脂を取り、クレイジーソルト、黒コショウを振り10分ほど置いておく。
トマトはざく切り、にんにくはスライスしておく。
2. フライパンにオリーブオイル(分量外)をひき、にんにくを入れて火にかけ、皮目から鶏肉を焼いていく。
にんにくが焦げそうになったら取り出し、れんこんも入れて焦げ目をつける。
3. 土鍋に洗った米と水340cc、にんにく、鶏、れんこん、トマト、塩、オリーブオイルを入れて炊く。
火にかけて沸騰したら中火程度にして10分、火を止めて15分蒸らしたら出来上がり。

■調理point
完熟トマトでない場合は、砂糖ひとつまみを入れると味がまとまります。

[PR]
by mikttymama | 2017-05-22 11:22 | おうちごはん(麺・ご飯もの) | Comments(0)

減塩レシピ…ルゥ半分!本格チキンカレー。

f0177295_10394028.jpg


昨日はKFBヨジデスで減塩レシピを放送していただきました。
(カレーのお写真撮り忘れちゃったのでテレビ画像をば)

お野菜の旨みたっぷりの本格チキンカレー。
五味…甘味、塩味、酸味、苦味、うま味のバランスを取ることで
短時間で一晩寝かせたお店の味になります。

玉ねぎをじっくり炒めた甘味、
鶏もも、生姜、ねぎでしっかり取っただしのうま味、
トマトの酸味、
チョコレートで苦味をプラスして
ルゥの塩味が引き立ちますよ。
カレー粉の辛味も減塩に役立ちます。


f0177295_10261590.jpg


太郎さん、笠置さんはじめ、皆様お世話になりました。
スタジオの中はとっても和やかでした。
飯舘村の渡邉とみ子さんに初めてお会いできたのも
すごーく嬉しかったです!



次回また、放送日決まりましたらお知らせしますね。
見て頂いた皆様、ご連絡頂いたお友達の皆様、ありがとうございました。








ルゥが半分!本格チキンカレー

■材料(12人分)
鶏もも肉2枚、長ネギの青い部分1本分、生姜1片、酒大さじ1、水1000ml玉ねぎ(大)2.5個、
にんにく2片、トマト缶1/2缶、カレー粉小さじ1/2、バター20g、市販のカレールゥ6片、
サラダ油大さじ/2、スィートチョコレート1片

■作り方
1.鶏ももは表面を洗ってそのまま圧力鍋に入れ、水、スライスした生姜、長ネギを入れて4分加圧する。
圧力鍋がない場合は、厚手の鍋で約30分、しっかり出汁をとる。
2.耐熱皿にバターとサラダ油、みじん切りした玉ねぎとにんにくを入れ、ラップをして600Wで5分加熱する。
厚手の鍋に移し、そこにカレー粉を入れ、香ばしい香りがするまで良く炒める。
3.2をしっかり炒めたら、トマト缶、1のスープを入れて5分煮込む。
アクをすくったらカレールゥを入れ、さいばしで溶かしながら20分ほど煮込む。
4.最後に、一口大に切った鶏ももを入れて混ぜたら出来上がり。
酸味が強いようなら、スィートチョコレートを入れるとまろやかに。

■減塩point
・出汁の旨みを利用する・・・鶏肉、かつおぶし、昆布、干し椎茸などでしっかり出汁を取ると、
塩分が少なくてもおいしく仕上がります。
・スパイスを利用する…カレー粉などの香りの強いスパイスを使うことで、塩分が少なくとも満足感を得られます。
・五味のバランスを考える…甘味、塩味、苦味、酸味、うま味のバランスを取ることで、
よりおいしさを感じられるようになります。カレーにチョコレートを隠し味に使うのは、
酸味を抑えて苦味と甘味を足す意味があります。

[PR]
by mikttymama | 2017-05-17 10:58 | おうちごはん(麺・ご飯もの) | Comments(0)

農家イタリアンarigatoと…豚バラと椎茸のガリバタ醤油丼。

f0177295_16341288.jpg
今日はいきなり寒くなって
すっかり風邪をこじらせた私です。
ヨガをしても身体が固まっていてなかなかほぐれなーい。
みなさまも気を付けてくださいねー。

さてさて、昨日の記念日は、
子どもに子どもを預けて(笑)
安積町にある農家イタリアンarigatoさんに、
夫と2人でお夕飯を食べに行ってきました。

f0177295_16033894.jpg
ババロアからはじまって、
福島県産野菜づくしの前菜。

会津のホワイトアスパラ
須賀川の横田農園さんのあまえんぼう(いちご)に生ハム、
長崎産の甘ーい蒸し焼き玉ねぎ。

f0177295_16043369.jpg
カプレーゼがもうおいしすぎて毎回のけぞります(笑)。
バジルソースも自家製。
新にんにくがおいしいー。
安積町で作っているはちみつと
大玉村で作っているというサンマルツァーノのトマトソース。

f0177295_16050208.jpg
キンキのアクアパッツァに…

f0177295_16035464.jpg
マデラソースが抜群に美味しい
牛フィレとフォアグラのソテー。
しみしみのバゲットが一番下にあります。

f0177295_16044803.jpg
新鮮なジャージー牛のミルクからお店で手作りしているアイスクリーム。
夫は終始、「うまい!」「やばい!」「野菜がたのしいー!」
と子どものように喜んでいました(笑)。

f0177295_16051675.jpg
最後に、こーんな素敵なプレートを作ってくれました。
お腹も心も大満足!
郡山へいらしたら、絶対紹介したいお店です。
ぜひぜひ行ってみてくださいませ。





f0177295_16032367.jpg
おうちへ帰ると、子どもたちが家中に用意してくれていた
15周年記念クイズ。
パパとママのこと、本当によく見ているなと感心しました。
ありがとね!



さてさて、今日は、椎茸を激ウマ丼にしちゃいます。
こちらは以前、福島県農林企画課さんのシンポジウムで作ったレシピ。
福島県郡山市湖南町では大きな椎茸が有名です。
原発事故以降、椎茸は放射性物質が検出されやすく
品質・生産管理にとっても苦労したそう。
今ではずっと0の状態なんだとか。

美味しい地元の食材がこうして人の努力によって
安心して人に勧められるようになるって嬉しいな。


豚バラと椎茸のガリバタ醤油丼

■材料:5人分
湖南産椎茸(大)8個、豚バラ肉250g、細ねぎ1束、ピュアオリーブオイル大さじ2、日本酒大さじ1、
パルミジャーノ・レジャーノ(パルメザンチーズの塊)適宜、ブラックペッパー(ホウル)少々、
ガリバタ醤油だれ:にんにく1片(すりおろす)、醤油大さじ2、本みりん大さじ2、無塩バター20g
ごはん 2合‥‥普通に水加減し炊飯しておく。

■作り方
1.椎茸は1/4にカットする。豚バラ、細ねぎは3cmほどに切る。
2.フライパンにオリーブオイルをひき、豚バラを焼く。途中日本酒を加えて水分を飛ばしながらこんがり焼けて8分通り火が通ったら、一度バットなどに取り出しておく。豚から出た油で、椎茸を焼く。裏返しながらこんがりと表面が焼けたら豚バラを戻し入れ、細ねぎ、ガリバタ醤油だれを入れて煮絡める。
3.丼にごはんを盛り付け、2をのせてパルミジャーノ・レジャーノを削ってのせ、ブラックペッパーを振ったら出来上がり。

■ポイントと調理のコツ
豚バラは火を通しすぎるとカリカリになってしまい、椎茸との食感が合わなくなるので一度取り出してから調理すると柔らかく仕上がります。豚こま等で作っても美味しい。







[PR]
by mikttymama | 2017-05-10 16:39 | おうちごはん(麺・ご飯もの) | Comments(0)

アスパラとあさりのパスタ。

f0177295_22062459.jpg


思い出すのは相馬・松川浦での潮干狩り。
ドロドロになりながら大きなあさりをゴロゴロ掘った。
楽しかったなぁ。
夏休み、母の職場のミニ旅行で必ず訪れたあの場所。
懐かしく、あたたかで、大切な思い出。






アスパラとあさりのパスタ

■材料:(3人分)

パスタ180g、あさり200g、アスパラ(太めのもの)3本、新玉ねぎ1/4個、にんにく1片、酒大さじ23

醤油大さじ1、塩・ブラックペッパー・オリーブオイル適宜

■作り方

前日からあさりは塩水に漬けておき、砂抜きする。使用する30分前には真水に漬ける。

1.  新玉ねぎとにんにくはみじん切りに、アスパラは斜め切りにする。

2. フライパンにオリーブオイルをひき、にんにく、玉ねぎをよく炒める。香りが出たらあさりとアスパラを入れ、酒を入れて蓋をし、あさりの殻が開くまで蒸し焼きにする。

3. パスタは、表示時間よりも1分少な目にゆで、オリーブオイルをふりかけておく。

4. 2にパスタの茹で汁おたま12杯を入れ、醤油で味を調えたらゆでたてのパスタを入れて絡めたら出来上がり。仕上げにブラックペッパーを振ってどうぞ。

■春の香り満載のバスタ。にんにくと一緒に鷹の爪を入れてペペロンチーノ風に辛くしても◎。




[PR]
by mikttymama | 2017-05-05 07:05 | おうちごはん(麺・ご飯もの) | Comments(0)

お豆腐で作る、本格ナン。

f0177295_14291775.jpg


そろそろ書き溜めているレシピを整理整頓しようと思っていて、
それをいつにするかまだ動けずにおります。

昔から何かをはじめるまで腰が重くて、
最近長女を見ていて「はっ」と気づいたことが…。



我が家には、中3、小5、小2の娘、もうすぐ3歳の息子4人がおります。
毎日、毎日、声を張り上げながら片づけをしろ、靴を揃えなさい、
電気を消して!戸を閉めて!みたいなことを延々やっているのですが
見事なまでに全員反応が違います。

一番きちんとやるのは三女。
少しでもピリッとした空気が流れると…いや、私に怒られる前に
身の回りの整理整頓をこなします。

次女はやれ!と言われないとダメ。
ものが捨てられず、机の周りはいつもごちゃごちゃしていて、
すぐに勉強にとりかかれる状態でないため
私に怒られる率がすごく高い。

長男はというと目の前の人参がないとやりません。
イヤイヤ期全盛期。
「ヤダ」と言ってやってはくれないものの、
「おかしあげるから」
「You-tube見せてあげるから」
又はゲーム形式で
「10分ピピピタイマー終わるまできれいにしちゃお!」
など促すと乗ってきてくれれば頑張ります。


しかーし!!!


長女は、やらない。
言われても絶対にすぐには動かない。
2階に部屋があるのに、妹たちの部屋の押し入れの一角を占拠し、
自分のものをがっしり置く場所を確保しているとゆーのに
しまいもせずその扉の前に、学校のリュック、スクバ、部活のラケット、習い事のギターなど
がさばるものを平気で放置します。
あとは、髪ゴムやピンなども、毎日放置。
靴も、どんどん玄関にたまります。


何でだ…。なんでなんだ!
イライライライラずーっと考えていましたが、
答えが出ました。


完璧にこなそうとするから、腰が重いんだ。
きちんとやろうと決めたとたん、そこに集中しすぎる性質なんだな。
そして完璧にできないと自分を責めちゃう。
だったらやらない方がラクだから、何もやらない。

あーそうか。
そしてこれって、私の遺伝子かもしれないわ。

70点だろーが、30点だろーが、
やろうとする姿勢が大事なんだわ。
カンペキなんて母は求めてなくて、
すぐに動こうとする子を評価している気がするなぁ。

そうかー。
私もレシピ整理はじめよっと。

そう思って、レシピブログを再開(笑)。
がんばりすぎず、30点でもいいから続けてみよっと♪

それから、6月には!ちっちゃくてもいいので
お料理教室再会します!
お問合せ頂いている皆様、お待たせしていてすみません。
急いで案内出しますのでもう少々お待ちくださいね。



さてさて、昨日の続き、カレーシリーズ。
今日はお豆腐で作るナンです。
片栗粉を使ってもちっとした食感に仕上げてあります。
ゼヒゼヒお試しを♡


お豆腐のナン

■材料:<5枚分>

ホットケーキMIX150g、強力粉100g、片栗粉50g、塩小さじ1/3、カレー粉小さじ1、木綿豆腐1

■作り方

1. Aをひとつのボールに入れ、泡立て器でよく混ぜる。木綿豆腐を崩しながら入れ、艶が出るまでこねる。ラップをして10分ほど生地を寝かせ、打ち粉をして綿棒でなるべく薄くのばす。

2. フライパンにサラダ油をひき、両面を強火で焼いたら出来上がり。

point

IHグリルでも美味しく焼けます。ピザモードで56分焼くか、260度に予熱したオーブンで56分焼きます。



[PR]
by mikttymama | 2017-05-02 07:00 | おうちごはん(麺・ご飯もの) | Comments(0)

母とすじこのおむすび…RECIPE「焼きとうもろこしの炊き込みごはん」。

f0177295_11271959.jpg

かなーり長いですが
私の実家のおはなしです。

福島市の松川町というところで、
コンビニ2件、小さな商店街、Aコープ…
小学校が広範囲に4つと中学校がひとつしかない
人口1万人ほどの町。
小さな酒蔵、金水晶のある町です。

土日のレジャーは、車で30分かけて市内よりのヨークベニマルに行き、
そこで家族でお買い物をすることくらい。
祖父に買ってもらえるたこ焼きと
父と選ぶ本が何よりの楽しみで。


祖父がやっている畑に行っては
じゃがいも掘りをして真っ黒けになって
リアカーの上に乗ったじゃがいもの上にちょこんと座って
おうちまでの道をしゃぼんだまとんだを歌いながら
舗装されていない土の道を祖父と帰りました。


真っ赤なランドセルを背負い、
幼馴染とたんぼのあぜ道をねこじゃらしを持ちながら歩いて通学、
ご近所の桑畑に入って桑の実を食べたりしている幼少期。
秋には、田んぼにたくさんの赤とんぼが飛び、
稲刈りが終わると田んぼに入っていなご取り大会。



なぁんにもなかったけど、
今思えば、何でもある場所でした。



お盆前、実家に帰った時
久しぶりに母と大喧嘩をしました。




うちの母は、私と違ってとても女らしく、
父がいないと、とても生きてはゆけない人。
面立ちも、父似の私と違ってきれいなひとだなぁと今も思います。

実家には、99歳になる私の父方の祖母と、67歳の父が一緒に暮らしています。
祖母は戦争を生き抜いてきた大正生まれの女で、
特に、嫁である母に対しては
とても厳しいことばかり言ってきたように思います。


母は50歳になるまで、看護師の仕事をしていました。
職場から帰ってくると疲れ果てていたためか、
いつもいつも不機嫌そうにしていました。


嫁としても完璧にやろう
仕事も完璧にやろう


いつもピリピリしてばかりいて、
祖母に認めて欲しくて必死だったのではないかと。


私はそんな母がかわいそうでなりませんでした。
祖母は、一人っ子だった私をとてもかわいがってくれていたから、
大好きな祖母と母が仲良くしてくれないことと
母がいつも眉間にしわを寄せて幸せそうに見えなかったことが
すごくすごく嫌でたまらなかった。


母には幸せな顔でいつも笑っていて欲しかったから。



久々に孫たちを連れて実家へいくと、
祖母のことでまた絶望の淵にいるような顔をしていたから


「おばあちゃんはああいう人なんだから、
いい加減認めてもらおうと思わないであきらめたら?
目の前で必死に子育てしている私の方を見ないで
どうしてまだ、おばあちゃんにがんじがらめになってるの?
私だって、助けてもらいたくて泣きたい日があるんだよ!」


と、いってしまいました。
なんだか、弱い母だから、私の方が強いから、
と思ってずっと我慢してきたことが
すごくバカバカしくなってしまって。


あ、なーんだ。
わたしもただ単に、甘えたかったんだなー。


お盆が過ぎてもまだなんとなく許せない心の狭いワタシ。。

で、母にしてもらったことを思い出してみました。
母の得意料理は、唐揚げとポテトサラダ。
誕生日には、にんにくたっぷりの醤油味の唐揚げ、
そして卵の黄身とトマト、ブロッコリーで飾られた
ポテトサラダがどかーんと並びました。
近所のお友達をよんで、休みの日にお誕生会をしてくれたな。

仕事忙しかったのに、授業参観にも顔だけ出してくれて、
15分しかいなくて夕方かえって来た時に怒ったっけな。


何年生だか忘れちゃったけど、ミシン苦手なのに、
一緒に布を選びに行ってベッドカバー作ってくれたっけ。

あ、今はなき高小沼グリーンランドに行った時、
一緒にゴーカートに乗ったら、
運転免許のない母はコーナーを曲がり切れずに突っ込んで
タイヤを2個ぶっ飛ばして、
係りの人が飛んできたっけなー。
張本人の母だけがもう一回乗りたいと言って
係り員の方に止められてすごく恥ずかしかった(笑)。


そうそう、ガールスカウトのキャンプが終わった時、
解散場所にみんな車で迎えに来るのに
一人だけ自転車でお迎えにきて。
高学年だったから恥ずかしくって、責めたらわんわん泣かれて。
あー、こりゃもう、反抗期とかこの人は無理だな、
死んじゃうなと思ってそこで反抗期前だったけど反抗するのあきらめたっけ(笑)。


高校生になって、寝坊して朝ごはん食べられないと
必ずアツアツの巨大なおむすびをアルミホイルに包んで、
「ほら、食べな!」って渡されたっけ。
自転車乗りながらこんな熱いおむすび食べられないし
朝電車の中でなんて恥ずかしくて食べられないよ。
一限目始まる前に、おなかが減った状態で食べてた。

決まって入っているのが祖母が漬けた梅干しか筋子。
「筋子がうまい」と伝えたら
それ以来、筋子のおむすびしか出て来なくなって。
筋子以外も食べたい日もあるんだけどな(笑)。



「みきちゃんだって、いつもお母さんのすることは認めてくれないよね」
って喧嘩のとき泣きながら言われて、
また自分のこというんだね、って頭にきたけれど。



こうして母が私にしてくれたことを思い出して、
そして気づいたんです。



必死で子育てをしていたとき、
母だって叫びたい日があったはずだ。

あぁ、この人は、自分の感情を伝えるのがすごく下手なだけなんだな。
でも、確実にしてくれたことがあって、
今、私が母親になれている。
私自身を、母は確かに育ててくれていた。


母は母。私は私。
でも、私の母は、彼女だけだから。

よし、筋子のおむすびに免じて、ゆるしてあげよう(笑)。




さて、今日は、とうもろこし1本でできる
簡単炊き込みごはん。
味付けのお醤油は、あとがけで調整しても◎。
芯を一緒に炊き込むのが美味しいとうもろこしごはんを炊くコツです。



f0177295_11304699.jpg


焼きとうもろこしの炊き込みごはん
■材料:5~6人分
米3合、とうもろこし1本、A(醤油大さじ2、酒大さじ1)、バター20g、パセリ(あれば)少々
■作り方
①トウモロコシはグリル又はフライパンで焦げ目がつくまで焼く。
②①が冷めたらトウモロコシを包丁でこそげ取る。米を研いで少し少なめに水を合わせ、Aを入れて軽く混ぜる。
トウモロコシ、トウモロコシの芯を入れて普通に炊く。
③仕上げにバターを入れて混ぜ、盛り付けたところにパセリのみじん切り、お好みでブラックペッパーをかけて出来上がり。











[PR]
by mikttymama | 2016-08-29 12:35 | おうちごはん(麺・ご飯もの) | Comments(2)

アスパラとアサリのパスタ。

f0177295_12523215.jpg

旬のアスパラは茹でるのもありだけど、
あの青臭さを丸ごと味わいたいの。春だから。
だから焼いたり、そのままパスタに入れたり。
アサリだもん、負けないよ、アスパラに。

パスタは2人分ずつ作ると失敗しません。
ラ・ベットラの落合シェフが言っていたのを聞き、
それからずっと2~3人分を目安に作っています。
味が決まりやすい。

そしてすごいのが、パスタの茹で汁。
パスタの塩味を調整するなら茹で汁を使って下さい、ぜひ。


アスパラとあさりのパスタ

■材料:(3人分)

パスタ180g、あさり200g、アスパラ(太めのもの)3本、新玉ねぎ1/4個、にんにく1片、酒大さじ23

醤油大さじ1、塩・ブラックペッパー・オリーブオイル適宜

■作り方

前日からあさりは塩水に漬けておき、砂抜きする。使用する30分前には真水に漬ける。

1. 新玉ねぎとにんにくはみじん切りに、アスパラは筋をとって斜め切りにする。

2. フライパンにオリーブオイルをひき、にんにく、玉ねぎをよく炒める。香りが出たらあさりとアスパラを入れ、酒を入れて蓋をし、あさりの殻が開くまで蒸し焼きにする。

3. パスタは、表示時間よりも1分少な目にゆで、オリーブオイルをふりかけておく。

4. 2にパスタの茹で汁おたま12杯を入れ、醤油で味を調えたらゆでたてのパスタを入れて絡めたら出来上がり。仕上げにブラックペッパーを振ってどうぞ。

■春の香り満載のバスタ。にんにくと一緒に鷹の爪を入れてペペロンチーノ風に辛くしても◎。


[PR]
by mikttymama | 2015-05-19 13:01 | おうちごはん(麺・ご飯もの) | Comments(0)

郡山の郷土料理…キャベツ餅。

f0177295_18040474.jpg
あけましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します。


なんだかんだ言って、いつもひっさびさの投稿…。

そして、なんと昨年5月に長男が誕生して子ども4人のおっかさんになりました(笑)。

山形から郡山の自宅に戻り、自分の家のキッチンでお料理をするたびに幸せな気持ちになります。

あぁ、故郷ってやっぱりいいものだなぁ…とかみしめる毎日。

そんな中で、折角だからこの地方ならではの郷土料理を娘たちと一緒に作ってみました。

今年は御節も作ったし、いいお正月だったなぁ~。


そして、レシピをこちらにもう少しちゃんと残すべく頑張ろうと、所信新たにしたのでした。


キャベツ餅


■材料(5個分)

切り餅5個、キャベツ5枚、醤油大さじ2、みりん大さじ2、ごま油大さじ1、鰹節適宜

■作り方

1.キャベツは大きめに千切りし、ごま油でよく炒める。水を入れてくたくたになるまで煮、醤油、みりんで味付けする。

2.切り餅は焼くかお湯をいれてレンジで温め、①を絡めてどうぞ。

■絡めた後チーズをのせて焼いても美味しい。



[PR]
by mikttymama | 2015-01-10 18:15 | おうちごはん(麺・ご飯もの) | Comments(0)

りんご酢でパスタ。

f0177295_253348.jpg


平日は何だか落ち着かなくて、ずーっとバタバタしていた。
PCに向かってゆっくりブログを書く余裕もなんだかなくて、
挙句の果てに、外食が続いていて、心がささくれ立ってしまっていた。

たっぷり寝かせてもらった週末の朝。
久々に子どもたちとしっかり向き合ってあげられた気がします。
遅めのランチメニューはこんな感じ。

■山形のお友達からお裾分けで頂いたいんげん
■味噌マヨきゅうり(子どもたちの大好物・笑)
■ご近所さんからいただいた、山形名物の佐藤錦(さくらんぼ)
■長女がHBで焼いたパンと
 ヤマザワで買った北海道のプリンジャム
■キャベツとサラミの和風パスタ


パスタの味付けはりんご酢と、お醤油を入れてさっぱりと。
お酢大好きな山形のお友達に教えてもらいました。

山形は美味しいものがいっぱいあって、
みんな舌が肥えているせいかお料理上手な方が多いなぁと感じます。
いっぱい勉強して、福島に持って帰ろう。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日はふくしま子ども未来ひろばで「よぞらの会」というキャンドルナイトのイベントをしました。
山形避難者母の会のブログで紹介しています。
たまには夜のイベントも癒されるわぁ。


f0177295_216871.jpg

[PR]
by mikttymama | 2012-07-07 23:19 | おうちごはん(麺・ご飯もの) | Comments(0)

福島の小さなお料理教室CookingStudio I-e(イーエ)のうちごはん。


by みきてぃまま
プロフィールを見る
画像一覧