<   2011年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ありがとうふくしまプロジェクト。

ふるさとへ帰ってきたら、何かせずにはいられませんでした。


昨日、壊れたテレビの代替え品を借りに、福島市の実家へ。
父親といろいろ話すうち、先日NHKで流れた、
原発事故の影響で原乳やほうれん草が出荷停止になったニュース。
あの二本松市の酪農家さんが同僚のお兄さんだったと聞かされました。
実際には、こちらの原乳は基準値を全く超えていなかったそうです。
なのに何故捨てなければならなかったのでしょうか。

f0177295_15271019.jpg

写真は酪王牛乳を飲むうちの下娘と末娘。
「ぎゅにゅ、くだしゃい」と行ってキッチンへ来るのが日課です。


今市場に出ている牛乳や野菜は、「福島産」と書かれているものでも
基準値を超えているものは出荷されていません。
ハウス栽培や原乳を他県から仕入れて作っているものばかりです。
スクリーニング検査を受け、安全性が確かなものしか市場には出ていません。

これまで一生懸命牛乳を搾ったり、お野菜を作ってきた福島の農家さんたちは
今出荷停止を余儀なくされ、収入の面でも当面の見通しが立たず
本当に途方に暮れていると思います。

出荷できたとしても「福島産」「茨城産」と記載があるだけで
安全なものも売れなくなり、市場に出す値段も大幅に下がっています。



知り合いの農家さんのお宅では、いつもお米を買ってくれていた
関東方面のご親戚から電話があり、
昨年収穫して貯蔵してあるお米であるにもかかわらず
「今年は悪いけどいらないから。」
と言われたそうです。


今年農家を継いだ、二代目の息子さん。
精度の高い無農薬野菜を作るために、長い年月をかけて懸命に改良した土壌。
両親の志を受け継いでこれから頑張ろうと、希望に満ち溢れていたそうです。
今はただ、ただ、現状に涙している。



そんな生産者の方たちに、私たち買う側の立場から
「負けないで」そして「ありがとう」の声を伝えたい。
子供たちがここまで成長してこれたのも、
ふくしまのおいしい食べ物のおかげ。
それを作ってきたおじさんやおばさん、
ふくしまの農業を背負って立とうとしていた若い世代の方が
今元気をなくしているんだもの。


原発事故の影響が心配で、おうちにいる春休み中のこどもたち。
みきてぃおばちゃんにすこしだけ力をかしてください。
そして、子供たちに食べさせるもの、飲ませるミルクに日々悩んでいるお母さんたち。
毎日観測される数値に一喜一憂して心を痛めていることと思います。
早く安心して地元のものが食べられるように、力を貸してください。
たくさんの心をお待ちしています。


f0177295_15563478.jpg


「ありがとうふくしまプロジェクト」
子どもたちのおいしいの笑顔と、「いつもおいしいごはんをありがとう」
そんなお手紙・メッセージを募集します。
こどもたちがおひゃくしょうさんに宛てたお手紙、
小さい子供がいるママから「今は不安だけど、出荷されたらきっと買います!」という
メッセージなど、絵でも、手形でも、なんでもOK。
子どもでも大人でも、福島の生産者の方を応援したい方なら年齢は問いません。
県内の方はもちろん、他県にお住いの方でも「福島に友人や親戚がいる」
「実家が福島」など、応援メッセージも大歓迎です。


了承いただける方はお子さまのお写真とメッセージを
私のブログでご紹介させていただきます。
また、企画を予定しておりますイベント等で掲載させていただきます。


数がまとまりましたら小冊子にして、生産者の方へ届けようと考えております。
(ブログやTwitterなどが苦手な世代の方にメッセージを届けるため)


■e-mailで…お名前・ハンドルネーム・お住まいの市町村・ブログやイベント掲載の有無、
生産者の方へのメッセージを記載、お子様の「おいしい笑顔」の写真を添付の上
cookingstudioi-e@hotmail.co.jpまでお送りください。(大変申し訳ありません!メールアドレスが一部大文字になっており、修正しました。)
PCからの方は、お子様のお手紙をスキャンしたものも添付して頂けると助かります。

■お手紙の場合…お名前・ハンドルネーム・ご住所・ブログやイベント掲載の有無、
生産者の方へお子様からのお手紙、できればお子様のお写真同封の上
〒963-0201
福島県郡山市大槻町前畑43
郡山西郵便局留め
CookingStudio「I-e」中村美紀宛て
 にお送りください。

■メッセージサイズはA5、またはA4サイズ。
 写真をお送り頂ける場合はL判でお願いします。
 ヤブキユミちゃんの便箋が欲しい方は、私まで直接ご連絡ください。
 (コメント欄にいただいてもかまいません)


・頂いた個人情報につきましては、上記のことにのみ使用させていただきます。


募金ができなくたって、原発の影響が心配で外にでられなくたって。
故郷を離れて遠くにいたって、誰だって心は届けられるはず。




今日も遊びに来てくださってありがとうございます
↓↓↓↓↓↓
ACのCMではないけれど、
これが、「いまじぶんにできること」のひとつではないかと。

[PR]
by mikttymama | 2011-03-31 15:31 | 東日本大震災のときの非常用ごはん | Comments(4)

ただいま!故郷。

f0177295_16255178.jpg

f0177295_16255142.jpg

昨日、郡山の自宅へ戻ってまいりました。
ぽかぽか陽気でなんだか思っていたよりとっても平和で、ほっとしました。


ガソリンスタンドもあまり並んでないし、お店へ行けばミネラルウォーターも売っている。
車も普通に走っているし、自転車に乗っている人もいる。


やはり、みんなマスクしているけど。



今朝、煮干しと鰹でゆっくり出汁をとって味噌汁を作りました。

福島産のにらと、卵のかきたま汁。
娘たちも残さず食べてくれ、気付いたら末娘が椅子の上で寝ていました。


平和な日常にまたほっとして、気が緩んだら自分が結構疲れていたことに気づきました。


休めるときは休もう。
[PR]
by mikttymama | 2011-03-30 16:25 | Comments(4)

Operation TOMODACHI。

f0177295_1827326.jpg

先ほど、フジテレビのスーパーニュースで米軍の支援活動について安藤キャスターがリポートしていました。
米軍の被災地支援作戦の名前は「Operation TOMODACHI」。
腕の赤いワッペンには「友」の字が。


米軍の司令官が言っていた一言に感動。


「友達が求めるならいつでも助けに行くよ。
それが友達ってことだからね!」



気仙沼の被災地に運んだ救援物資の中にはたくさんのおもちゃ。
避難生活が長引く今、消耗品や食料の他少しでも「遊び心」が必要になってきたのでは。


だって、自分のトモダチに持って行ってあげたいものだから。

アメリカ人の素敵な心遣いにきゅん。


友人の携帯には、本場米国のディズニーランドから「PRAY FOR JAPAN!」の文字が書いてあるスケッチブックを持ったミッキーマウスの写真が。


きゅん。素敵だなぁ。



■写真はトンチキてぃのこおりやまグリーンカレー。
帰ったら友達とこれを食べに行こう^^
外食したり、美容院に行くのも、地元復興支援のひとつだということですので。
[PR]
by mikttymama | 2011-03-28 18:27 | Comments(6)

ありがとう。

f0177295_20532927.jpg

f0177295_20532912.jpg

f0177295_20532911.jpg

今週火曜日、郡山へ戻ります。
その前に、こんなときだからこそ…と思い立ってさいたま市に住むアユミさんのお宅へ。
偶然にも大宮の実家へ来ていたアキティと合流して。
上娘も久々に小学校のお友達Hちゃんに会えるのでウキウキ。


駅に着くと埼玉大学の女の子4人が被災地のために募金活動をしていました。
きっと個人でやっていることなのでしょう。
こういう方がたくさんいてくださるんだろうなと本当に嬉しくなりました。


アユミ邸に着くと、こんな数々のごちそう。
おいしい。ほんとうにおいしい。
体に染み渡るおいしいごはんでした。
小さな子どもたちを抱えて、買い物やら準備やら、本当に大変だったでしょうに。

郡山ではご近所のアキティとも会えたのは久しぶり。
震災の話やその中に笑いも多少交えつつ。
これからのことについて、たくさん、たくさん話をしました。


ともだちってあったかいなぁ。
ありがとう、アユミさん。
ありがとう、アキティ。



娘たちを守らなきゃと、こりこりに固まっていた私の気持ちが一気にほぐれました。


ありがとう。
[PR]
by mikttymama | 2011-03-27 20:53 | Comments(2)

電子レンジ&ホットプレート活用法。

f0177295_1629548.jpg

昨日は子供たちに空のリュックを背負わせ、古河駅までバスで買い出しに行ってきました。
パン屋さんがあったのでそこでおやつ。

上娘が「ママ〜、100円貸して。後でちゃんと返すから。」と言うので渡してやると、レジ脇の「東日本大震災募金箱」に入れてくれました。

子供たちなりにこの状況をちゃんと受け止め、前にすすんでいることに、感動。
福島は大丈夫!きっと復興できる!


さてさて、仙台付近にお住まいの方は都市ガスが止まっていてお料理するのに大変だという情報を頂きました。
復旧するのに1ヶ月はかかるそうです。
そんなときに便利なのが電子レンジやホットプレート。
どうせならホットプレートも出しっぱなしにしておいて、どんどん使っちゃいましょう♪
焼きそばに炒飯、お好み焼き、焼肉は勿論、パエリアや餃子にチーズフォンデュ、おやつのクッキーだってできちゃいます。


■ホットケーキMIXでお手軽ナン♪
*材料6枚分
ホットケーキMIX200g、木綿豆腐1/2丁、カレー粉小さじ1/2
トッピングはツナ、人参や大根、きゅうりの千切り、レタスなど

*作り方
ボールに、ホットケーキMIXとカレー粉を入れて泡立て器で混ぜる。そこに木綿豆腐を水切りせずにちぎって入れて、よくこねる。
それを6等分して麺棒でなるべく薄く伸ばし、ホットプレートで焼いたら出来上がり。
野菜やツナ、ケチャップをのせて食べても。↓のカレーも一緒にどうぞ^^


■厚揚げのキーマカレー風
*材料(2人分)
レトルトカレー1箱、厚揚げ1枚、玉葱1/2、生姜・にんにく1片ずつ、オリーブオイル大さじ1、トマト1/4個、

*作り方
ホットプレートにオリーブオイルをひき、みじん切りにした生姜・にんにくを炒める。
香りが出たら耐熱皿に移し、細かく切った厚揚げ、トマト、レトルトカレーを入れてラップをし、500〜600wで3分ほどチン♪
軽く混ぜたら追加で1分チン♪したら出来上がり。

お肉が手に入りにくいときは厚揚げや大豆の水煮でたんぱく質補給。
お肉を見つけたら豚こま肉が使い勝手が良く、応用が効くのでオススメです。



ざっくりレシピなので、おうちにあるさつま揚げや豚肉、ウィンナーやベーコン。何でもOK。

そろそろお母さんたちも疲れてきた頃。無理せず、疲れたら「疲れた」と声に出して子供たちに甘えるのもありかも。
そう思う、3姉妹の母でした。
[PR]
by mikttymama | 2011-03-26 16:29 | Comments(0)

不自由さは心の豊かさと比例する。

f0177295_1503256.jpg

f0177295_1503297.jpg

車に乗れない。
ガソリンがない。

でも、足があって良かった。
娘たちと手をつないで歩かなかったら、
道端に咲いていたすみれの花を見つけられなかったから。



うちのテレビが震災で倒れ、壊れた。

壊れて良かった。
テレビで止まっていた娘たちとの会話が前より増えたから。


避難してきたこと。
家族が離れることの辛さが見に染みてわかった。
夫も子どもも両親も。
どれだけ大切なのかも。
そして、生まれ育った福島がどれだけ自分にとって尊いものだったのかも。



原発事故の見通しが立たない恐怖。
水の大切さ。
電気の大切さ。
ガスの大切さ。
人間がつくった、今までの生活。


どれだけ自分たちが贅沢をしてきたか、
よくわかった。




生きているということだけでありがたいとおもう。
この幸せに気づかずに一生を過ごしていたら、きっと後悔してた。



来週、故郷へ戻ります。
前にすすむために。
[PR]
by mikttymama | 2011-03-25 15:00 | Comments(4)

レンジで水なし離乳食。

f0177295_11211127.jpg

小さな赤ちゃんのいるお母さん。
ペットボトルのお水はミルクに使いたいから、離乳食期の方はどうしようかと本当に不安で困ってらっしゃると思います。

電気が使える地域で電子レンジがある!という方はぜひご活用ください。


なぜなら…加熱すると水分が出てくる食品はたくさんあります。


■電子レンジ調理の目安(500〜600w)

*木綿豆腐…適当な大きさに切ってラップをし、2〜2分30秒。
*トマト…くし型に切ってラップをし、40秒。
*大根…すりおろしてラップをし、50秒。
蒸し汁とおろしに分けて使っても。
*にんじん…すりおろしてりんごジュースを大さじ1加え、ラップをしてレンジで50秒。
*玉ねぎ…玉ねぎはくし切りし、塩ひとつまみ入れてラップをして5分。
蒸し汁ごとジップロックにいれて冷凍保存しておくと便利!
*ブロッコリー…穂先を取って大根汁や玉ねぎの蒸し汁と一緒にラップをして4分。
冷凍保存できます。


■お野菜を洗う水は大丈夫。水溶性の放射性ヨウ素は、水とともにある程度流れるそうです。どうしても気になるときは最後にミネラルウォーターをかけて。


■野菜や果物のジュースを上手く活用して。
*じゃがいもを蒸すにはにんじんやトマトジュース。リンゴのすりおろしジュースなど。
*ごはんを炊くのもトマトジュースや野菜ジュースでまとめて炊いて、小分けしておく。
*パンがゆ=野菜ジュース+ヨーグルトで。

■ほうれん草などの葉ものは水にさらしたりする必要が出てきます。冷凍食品のほうれん草がありますので、少量取ってレンジで30秒で解凍できます。
これを刻んでつかえば心配ありません。
■浄水器や煮沸では放射性ヨウ素は取り除けません。

■お水を最小限におさえても離乳食は作れます。
↑これだけ準備したら2週間は困らないはず!

■葉ものを無理して食べなくても、買えるならば粉末の青汁を使うと便利。
我が家は↑のパンがゆに青汁をかけて食べさせていましたよ^^


あとはお母さんがあまり神経質にならずに、赤ちゃんを抱っこして抵抗力を高めてあげる。
本当はこれが一番かもしれません。
あまり頑張り過ぎずに。


☆長崎大学で被曝による健康被害などについて研究されている、山下俊一先生と高村昇先生の3/21のいわき市での講演会のリンクです。
ご興味のあるかたはぜひ見てみてください。
http://www.google.com/gwt/n?u=http://amba.to/gXhyWr
[PR]
by mikttymama | 2011-03-25 11:21 | Comments(0)

ミネラルウォーターで赤ちゃんのミルク。

森永乳業さんから詳細を聞いた方のblogをご紹介します。
とっても参考になりました。

http://shachoublog.net/nyu-su/mineraruwho-ta-konamiruku.html
[PR]
by mikttymama | 2011-03-24 17:24 | Comments(0)

赤ちゃんのいるママさんへ。

f0177295_1245451.jpg

今、フジテレビ系列で放射性ヨウ素などの対処の仕方、基準値などをわかりやすく説明していたのでメモを取りながら見ていました。

個人的にとても安心した内容についてお知らせしたいと思います。


■放射性ヨウ素の暫定基準値

水=乳児100べクレル/kg=2マイクロシーベルト/日
=大人300べクレル/4マイクロシーベルト/日
これを一年間同じ値で取り続けると11000マイクロシーベルト/年

では、1日にどれだけの水を飲めばこの基準値に達するのか?

乳児=1.5リットル。
大人=4.6リットル。
…お料理に使うとしたって、普段こんなにお水飲めてますか?

もし、ミネラルウォーターなどが手に入らない場合、200べクレル/日(都内や郡山で出た数値)となっていた場合、この半分の750mlを使ってミルクを調乳すれば全く問題ないと。
大人よりも子どもの甲状腺にたまりやすいとのことですが、体の中に入ったものは80%が排泄されるそうです。


■牛乳の場合(300べクレル/日)、基準値通りに牛乳を飲むとすれば1日4.6リットル。

■野菜でいうと1日700g一年間食べ続けて、初めて基準値の2000べクレル/日になる。

…野菜だってこんなに食べられない。
半分だって難しいかも。
しかも、野菜は洗うと大丈夫だというデータがあるのです。
何故ならチリや土になって野菜に付着しているものがほとんどだから。
生でほうれん草を食べるわけでなし、調理したらもっと減るでしょう。
約1週間たてば放射性ヨウ素は半分に減るし。
もちろん、土壌にあるものも同じ。
土壌汚染も今の次点では心配なし。


■セシウムなどの半減期は134が2年、137が30年と長いが、甲状腺などにたまらず全身で薄まってほとんどが排出される。


■洗い物はどうするのか?

水道水の中に含まれている放射性ヨウ素は水溶性になっているが、食器や哺乳瓶を洗った場合、水とともに下に落ちるので付着することはない。


■雨に濡れた雨具や傘は、室内に入れても大丈夫なのか?

放射性物質はチリやほこりにくっついている。水溶性となり雨の中に含まれていても多少払うだけで大丈夫。
花粉症対策のような感じでOK!


■日本の基準値は国際基準値よりも安全度を考慮しているため高い。(国際基準5万に対して、3万3千マイクロシーベルト/年)
この状況が続かなければ全く問題なし。

東北自動車道が一般車両も通れるようになりました。
そろそろパパ恋しくなってきたな〜。
[PR]
by mikttymama | 2011-03-24 12:04 | Comments(2)

スティッチのうた。

f0177295_17213349.jpg

ぼ・く・の と〜も〜だち〜
き・み・の と〜も〜だち〜

みーんな、てをつーないでかぞくになれたらな〜♪


き・み・の し〜あ〜わせ〜
ぼ・く・の し〜あ〜わせ〜

ぜーんーぶ、ひとつーにして
おおきくできたら、な〜♪


末娘がいまいちばんすきなうたです。
[PR]
by mikttymama | 2011-03-23 17:21 | Comments(2)

福島の小さなお料理教室CookingStudio I-e(イーエ)のうちごはん。


by みきてぃまま
プロフィールを見る
画像一覧