<   2015年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

バレンタインレシピ②

f0177295_18000571.jpg
そしてもうひとつ。
定番ガトーショコラは、
湯せん焼きと直焼きを組み合わせた
半生な感じがお気に入りのレシピでございます。

ガトーショコラ・クラシック


■材料:(10cm×25cmパウンド型1個分又は15cm丸型1個分)

A<スィートチョコレート80g、無塩バター120g、ブランデー大さじ1>B<3個、きび砂糖80g>

C<ピュアココア40g、薄力粉30g>、生クリーム(乳脂肪分45%)50g

■作り方

・オーブンは180℃に合わせておく。(ガスオーブンの場合は10℃低めに設定)

・お湯を沸かしておく。

・卵とバターは、常温に戻しておく。

1.細かく刻んだチョコとバターを湯せんで溶かす。完全に溶けたらブランデーを加える。Cは合わせてふるっておく。

2.卵をボールに割り入れ、 きび砂糖を34回に分けて加えながらもったりするまでハンドミキサーで泡立てる。しっかり泡立てたらホイッパーに持ち替えてキメを整えるように混ぜる。

3.2に、A、湯せんにかけて温めた生クリーム、Cを別々の位置に入れ、ゴムベラに持ち替え手早くしっかり混ぜ、オーブンシートを敷いた型に流し入れる。

4.180℃のオーブンで20分湯せん焼きし、湯せんから外して160℃に落とし1520分直焼きしたら出来上がり。

■アツアツでとろりとした食感を楽しむもよし。冷やしてもどちらでもおいしい。



[PR]
by mikttymama | 2015-02-12 18:02 | お料理教室・イベントのこと* | Comments(0)

バレンタインレシピ①

昨日は東部ガスさんのお料理教室。
わたしには珍しく、チョコonlyレシピをお持ちしました。
山形のお友達がかわゆい息子くんにあげる手作りチョコに困っているようだったので
レシピをば。

ちなみに、切る時に手を抜いたので盛り上がってますけれども
お湯で包丁を温めながら切ると
切り口がキレイに切れるとおもいまーす。

f0177295_17554211.jpg

パヴェ・オ・ショコラ(生チョコ)


■材料:(24個分)

クーペルチュールスィートチョコ200g、生クリーム(乳脂肪分45%)80g、水あめ10g、無塩バター10g、ブランデー又はラム酒15g

ピュアココア、粉砂糖、抹茶等 適宜

■作り方

1.チョコレートを細かく刻み、バターと一緒に湯せんで溶かす。ブランデーを加える。

2.生クリームを直前まで沸騰させ、水あめを入れて溶かす。

3.12を合わせ、ツヤが出るまで良く混ぜる。

4.オーブンシートをしいた型に流し入れ、冷蔵庫で約2時間しっかり冷やす。冷えたら2.5cm角に切り、ココアなどをまぶして出来上がり。

■プレゼントに最適な本格生チョコ。溶けやすいので冷蔵保存で。「パヴェ」とはフランス語で「石畳」の意味。


[PR]
by mikttymama | 2015-02-12 17:58 | お料理教室・イベントのこと* | Comments(0)

福島の小さなお料理教室CookingStudio I-e(イーエ)のうちごはん。


by みきてぃまま
プロフィールを見る
画像一覧