キャベツと蒸し鶏のサラダ 柚子胡椒タルタル添え。

f0177295_12460889.jpg


ちなみに、今回はあんざい果樹園さん隣のリンゴハウスでの撮影。

(カメラマンはたかこさん♪)

お昼ごちそうしますからという強引な申し出によりおかあさんが快くOKしてくれたのでした。

器もいいし、カメラマンも最高!

どこを切り取っても絵になるリンゴハウス。

福島の豊かさを、ぎゅっと感じられるこの場。

うーん♪♪♪


そしてはじめはキャベツを蒸そうとおもったのだけど

ゆーかちゃんとこそっと相談し「焼いちゃうかい?」の一言で焼くことに決定。


こんな中から美味しいものって生まれてゆくのです。

家庭料理バンザイ。


キャベツと蒸し鶏のサラダ

■材料:(5人分)

キャベツ1/2個、スナップえんどう10個、

A(鶏胸肉1枚、酒大さじ2、塩適宜)B(ゆで卵2個、新玉ねぎのみじん切り大さじ3、マヨネーズ大さじ4Aの鶏ガラスープ大さじ23、柚子胡椒適宜)

■作り方

1.鶏肉は鶏皮をはずして厚みを均一にし、耐熱容器に入れて酒、塩を入れて600Wの電子レンジで約4分加熱する。鶏皮はフライパンで皮目からカリカリに焼き、細切りする。

2.キャベツは外葉をはずしてくし切りにし、軽く洗う。スナップえんどうは筋をとって塩ゆでしておく。フライパンにオリーブオイルをひき、キャベツを並べて蓋をしてこんがりと焼きつける。

3.卵ソースの材料(B)をフォークでよく混ぜたら、それを添えていただく。

■春キャベツは焼くと甘味が凝縮される。柚子胡椒はお好みで増やしても美味しい。


[PR]
# by mikttymama | 2015-05-19 12:51 | Comments(0)

新玉ねぎのグリル ジンジャードレッシング。

f0177295_12394353.jpg

東部ガスさん、2015年5月のお料理教室。

なんと10名中2名の方が男性でしたー!

驚いたけど嬉しかったです。

7年目にして初の男性参加でした~。

楽しかったと言っていただけて一安心でございます。


新玉ねぎのグリル

■材料:(23人分)

新玉ねぎ()1個、紫玉ねぎ1/2個、オリーブオイル・塩・こしょう 適宜

Aジンジャードレッシング 生姜1/2片、玉ねぎ1/8(すりおろす)、醤油大さじ2、すし酢大さじ1、みりん大さじ1、オリーブオイル大さじ1/2

■作り方

1.新玉ねぎは大きめの櫛形に切り、キッチンペーパーをしいたダッチオーブンに入れてオリーブオイル・塩・こしょうをかけて焼く。(加熱20分、予熱20)

2.ジンジャードレッシングの材料を混ぜたら、温かいうちにかけて味をなじませてからいただく。

■ダッチオーブンがない場合は、オーブン上段で20020分焼く。じっくり焼くことであまーいごちそうに!


[PR]
# by mikttymama | 2015-05-19 12:43 | いつものおうちごはん(副菜) | Comments(0)

シンプルなスコーンを、そのいちごジャムでいただく。

f0177295_14451222.jpg

我が家のスコーンは、生クリームで作ります。
牛乳でもおいしいけど
しっとり具合がたまらなく美味しくできるので
やっぱり生クリーム。

簡単だけど幸せになれちゃう。
子どもたちにとって、我が家の味になってるといいな♡


「シンプルスコーン」

<材料:(6個分)>
A:(薄力粉220g、塩小さじ1/2、甜菜糖25g、ベーキングパウダー大さじ1/2)
バター40g、生クリーム150cc

<作り方>
・オーブンは200℃に合わせておく。(ガスオーブンの場合は10℃低めに設定)
①FP(フードプロセッサー)にAを入れて撹拌する。よく冷やしたバターを入れてさらに撹拌し、生クリームを加えて10秒ほど回してまとまったら、まな板に取り出して5~6回こすりつけるようにこねる。
②2cmほどの厚さにのばしたら型抜きし、予熱したオーブンで12分、180℃に落として2分焼いたら出来上がり。





[PR]
# by mikttymama | 2015-04-13 14:49 | こどもとスィーツ・パン*編 | Comments(0)

いちごの季節。

f0177295_14342597.jpg

いちごの季節には、いちごジャム。
今年はあいコープふくしまさんから
須賀川のいちご2ケースを届けてもらいました。
「あまえんぼう」という品種。

糖度が高いので、もう少しお砂糖控えてもよかったなー。
でも、美味しくできました^^


「あまえんぼうのいちごジャム」

<材料>

いちご(あまえんぼう) 1700g、グラニュー糖600g(いちごに対して約30%が目安。糖度に応じて20%くらいが美味しいかも。)、レモン大さじ3(600gに対して大さじ1目安)


<作り方>

①ヘタをとったいちごに、グラニュー糖とレモン汁をまぶして30分ほど置いたら火にかける。
②ふつふつ沸騰してきたらアクをとる←これがいちごシロップになります
③約半分くらいまで煮詰まったらできあがり。煮沸消毒したビンに入れて保存。



[PR]
# by mikttymama | 2015-04-13 14:41 | こどもとスィーツ・パン*編 | Comments(0)

バレンタインレシピ②

f0177295_18000571.jpg
そしてもうひとつ。
定番ガトーショコラは、
湯せん焼きと直焼きを組み合わせた
半生な感じがお気に入りのレシピでございます。

ガトーショコラ・クラシック


■材料:(10cm×25cmパウンド型1個分又は15cm丸型1個分)

A<スィートチョコレート80g、無塩バター120g、ブランデー大さじ1>B<3個、きび砂糖80g>

C<ピュアココア40g、薄力粉30g>、生クリーム(乳脂肪分45%)50g

■作り方

・オーブンは180℃に合わせておく。(ガスオーブンの場合は10℃低めに設定)

・お湯を沸かしておく。

・卵とバターは、常温に戻しておく。

1.細かく刻んだチョコとバターを湯せんで溶かす。完全に溶けたらブランデーを加える。Cは合わせてふるっておく。

2.卵をボールに割り入れ、 きび砂糖を34回に分けて加えながらもったりするまでハンドミキサーで泡立てる。しっかり泡立てたらホイッパーに持ち替えてキメを整えるように混ぜる。

3.2に、A、湯せんにかけて温めた生クリーム、Cを別々の位置に入れ、ゴムベラに持ち替え手早くしっかり混ぜ、オーブンシートを敷いた型に流し入れる。

4.180℃のオーブンで20分湯せん焼きし、湯せんから外して160℃に落とし1520分直焼きしたら出来上がり。

■アツアツでとろりとした食感を楽しむもよし。冷やしてもどちらでもおいしい。



[PR]
# by mikttymama | 2015-02-12 18:02 | お料理教室・イベントのこと* | Comments(0)

福島の小さなお料理教室CookingStudio I-e(イーエ)のうちごはん。


by みきてぃまま
プロフィールを見る
画像一覧