農家イタリアンarigatoと…豚バラと椎茸のガリバタ醤油丼。

f0177295_16341288.jpg
今日はいきなり寒くなって
すっかり風邪をこじらせた私です。
ヨガをしても身体が固まっていてなかなかほぐれなーい。
みなさまも気を付けてくださいねー。

さてさて、昨日の記念日は、
子どもに子どもを預けて(笑)
安積町にある農家イタリアンarigatoさんに、
夫と2人でお夕飯を食べに行ってきました。

f0177295_16033894.jpg
ババロアからはじまって、
福島県産野菜づくしの前菜。

会津のホワイトアスパラ
須賀川の横田農園さんのあまえんぼう(いちご)に生ハム、
長崎産の甘ーい蒸し焼き玉ねぎ。

f0177295_16043369.jpg
カプレーゼがもうおいしすぎて毎回のけぞります(笑)。
バジルソースも自家製。
新にんにくがおいしいー。
安積町で作っているはちみつと
大玉村で作っているというサンマルツァーノのトマトソース。

f0177295_16050208.jpg
キンキのアクアパッツァに…

f0177295_16035464.jpg
マデラソースが抜群に美味しい
牛フィレとフォアグラのソテー。
しみしみのバゲットが一番下にあります。

f0177295_16044803.jpg
新鮮なジャージー牛のミルクからお店で手作りしているアイスクリーム。
夫は終始、「うまい!」「やばい!」「野菜がたのしいー!」
と子どものように喜んでいました(笑)。

f0177295_16051675.jpg
最後に、こーんな素敵なプレートを作ってくれました。
お腹も心も大満足!
郡山へいらしたら、絶対紹介したいお店です。
ぜひぜひ行ってみてくださいませ。





f0177295_16032367.jpg
おうちへ帰ると、子どもたちが家中に用意してくれていた
15周年記念クイズ。
パパとママのこと、本当によく見ているなと感心しました。
ありがとね!



さてさて、今日は、椎茸を激ウマ丼にしちゃいます。
こちらは以前、福島県農林企画課さんのシンポジウムで作ったレシピ。
福島県郡山市湖南町では大きな椎茸が有名です。
原発事故以降、椎茸は放射性物質が検出されやすく
品質・生産管理にとっても苦労したそう。
今ではずっと0の状態なんだとか。

美味しい地元の食材がこうして人の努力によって
安心して人に勧められるようになるって嬉しいな。


豚バラと椎茸のガリバタ醤油丼

■材料:5人分
湖南産椎茸(大)8個、豚バラ肉250g、細ねぎ1束、ピュアオリーブオイル大さじ2、日本酒大さじ1、
パルミジャーノ・レジャーノ(パルメザンチーズの塊)適宜、ブラックペッパー(ホウル)少々、
ガリバタ醤油だれ:にんにく1片(すりおろす)、醤油大さじ2、本みりん大さじ2、無塩バター20g
ごはん 2合‥‥普通に水加減し炊飯しておく。

■作り方
1.椎茸は1/4にカットする。豚バラ、細ねぎは3cmほどに切る。
2.フライパンにオリーブオイルをひき、豚バラを焼く。途中日本酒を加えて水分を飛ばしながらこんがり焼けて8分通り火が通ったら、一度バットなどに取り出しておく。豚から出た油で、椎茸を焼く。裏返しながらこんがりと表面が焼けたら豚バラを戻し入れ、細ねぎ、ガリバタ醤油だれを入れて煮絡める。
3.丼にごはんを盛り付け、2をのせてパルミジャーノ・レジャーノを削ってのせ、ブラックペッパーを振ったら出来上がり。

■ポイントと調理のコツ
豚バラは火を通しすぎるとカリカリになってしまい、椎茸との食感が合わなくなるので一度取り出してから調理すると柔らかく仕上がります。豚こま等で作っても美味しい。







[PR]
# by mikttymama | 2017-05-10 16:39 | おうちごはん(麺・ご飯もの) | Comments(0)

結婚15年目のありがとう…お豆腐ティラミス。

f0177295_13415350.jpg

みなさまこんにちは。
暦の上ではすでに立夏を迎え、季節は夏に向かっています。


本日5月9日は私たち夫婦の15回目の結婚記念日。
なぜこの日にしたか…と言いますと、
早急に母子手帳をもらう必要があったから。
(お恥ずかしながら)

建築系の仕事をしている夫が火曜日お休みだったので
たまたまこの日でした。


妊娠したので安定期に入って落ち着いたら
二人で結婚届を出しに行こうと思っていた矢先
切迫流産になってしまい仕事中に倒れて病院に運び込まれたのでした。
私は病院のベットの上にいて、
じっとしていなくてはいけなかったので、
夫が一人で郡山市役所に出しに行ったっけ。

幸い、おなかの子は無事でしたが
妊娠後期に今度は切迫早産になり、
福島県立医大に1か月入院しました。
無事生まれてくれて、本当によかった。

長女が2歳の頃、大きい病気をし暫く入院しました。
復活するまで約1年半かかりました。
このころずいぶん喧嘩をしたっけ。
ホルモンバランスが相当崩れたので、
もう妊娠できないと思っていた。
思えば夫は、何もできない私に対して、
文句を言うでもなくよく面倒みてくれたなぁ。
娘のごはんすらあまり作ってあげられなかった頃。

私は一人っ子だったから、たくさん産みたいと思っていたのに
夫に申し訳ない気持ちでいっぱいだったっけ。
次女を妊娠したときは本当に嬉しかったなぁ。

三女を身ごもったときは、
長女と次女を連れて超音波検査を見に行きました。

陣痛が来て、1年生の長女が生まれるまで背中をさすってくれたり
お茶を持ってきてくれたり。
次女が生まれた時長女は運悪くインフルにかかって隔離されていたから
自分が一番初めに三女に会えて本当に嬉しそうだった。


その後あの震災が起こって、山形へ避難。
夫と離れることがこんなに不安なことだなんて思いもしなかった。
離れていると気持ちがすれ違って
つまらないことで言い合って。
本当にダメになっちゃうんじゃないかと思った時も。

でも、あの経験があったから、もう一人家族が増えました。
長女、次女、三女が、福島で普通に恋愛をして、結婚をして。
そしてまた、子どもを産む時に不安にならないように。
親としてできることは、ここで子どもを産んで、
育てている幸せな背中を見せることだよね、って。
その言葉に、そうだね、そうしようって言ってくれた人。
15年を振り返ってみても、
やっぱりこの人と結婚してよかったなぁとしみじみ思います。

15年間、変わらぬ心をありがとう。
幸せ4粒、ありがとう。
2人が6人になったね。
これからも末永く、よろしくお願いします。



そんな今日のレシピは、みんなでワイワイ食べたいティラミスです。
お豆腐と生クリームで作るので、さっぱりとした食べ応え。
そういえば、先日アリサさんに教えて頂いた
ヴィーガンケーキレポートもかかなければね。
お豆腐クリームの豆臭さを消すには、味噌がポイントなんですよ!
ぜひ作ってみてくださいね。




お豆腐クリームのティラミス

■材料:(21cmの深型容器1台分)
スポンジ…A(卵黄4個分、甜菜糖30g、菜種油大さじ2、牛乳大さじ2)、B(卵白4個分、甜菜糖40g)、ココアパウダー適宜
お豆腐クリーム…木綿豆腐1丁分、生クリーム150cc、メープルシロップ100g、ヨーグルト1/4カップ、白味噌小さじ1弱
コーヒーシロップ…インスタントコーヒー大さじ2、熱湯1/2カップ、カルーアリキュール大さじ1

■作り方
準備:豆腐は10分ほど弱火で茹でたら重石をして1時間ほど水切りしておく。熱湯にインスタントコーヒーを溶かし、粗熱が取れたらリキュールを加えてシロップを作る。卵黄と卵白に分け、卵白は少し凍らせておく。天板にオーブンシートを敷いておく。
1.スポンジを作る。卵黄に砂糖を入れてぐるぐると混ぜる。菜種油を入れて混ぜ、さらに牛乳を加えて混ぜる。
2.メレンゲを作る。卵白を泡立て、砂糖を2~3回に分けて加えふんわりとした角が経つまで泡立てる。
3.1に2のメレンゲをひとすくい加え、泡だて器で混ぜる。ゴムベラに持ち替えて全てのメレンゲとカスタードクリーム状になるまでしっかり混ぜ、天板にいれて均す。190℃に予熱したオーブンで15分焼いたら天板からおろして冷ます。
4.豆腐をフードプロセッサーで滑らかになるまで混ぜ、メープルシロップ、生クリームを少しずつ加えてさらに混ぜる。ヨーグルト、白味噌を加えて混ぜたら出来上がり。
5.深皿にスポンジを切ってならべ、シロップをかける。豆腐クリームを半分かけて均し、さらにスポンジとシロップを重ねる。残りの豆腐クリームを乗せて冷蔵庫でよく冷やす。食べる直前に、ココアをたっぷりふって。

■市販のカステラなどで作ってもOKです。こちらは、シフォン生地ベースなのでさらに軽め。




[PR]
# by mikttymama | 2017-05-09 14:33 | ハレの日・ホームパーティ*編 | Comments(0)

連結ケーキと…筍で自家製メンマ。

f0177295_14540533.jpg

みなさまこんにちは。
GWはいかがお過ごしでしたか?
私は千葉の実家と、福島の実家両方に子どもたちと遊びにゆきました。
両親に会いにいくことがせめてもの親孝行かなと。
親も歳をとるものなのだな…ということを実感している日々です。
40代って、世代交代がやってくる年なのかもしれませんね。


さて。5/5は子どもの日。
長男のお誕生日でもありました。

今年はバナナシフォンでも焼こうかなーと思っていたのですが
とんでもないリクエストをされてしまったのです。


新幹線ケーキ?!しかも連結?!
…いやいやいやいやいや、
…むりむりむりむりむり…!!!


どうして無茶なこというかなー。
私はお弁当を作るのがとっても苦手です。
しかも、キャラ弁を作るのが、さらに苦手。
そんな私に連結ケーキを作れとは。

しかし、出来栄えはともかくとして、
作ることに意味がある!と意を決し
作ってあげましたよ。

f0177295_14523153.jpg

え?なにこれ(笑)。
連結じゃない!完全にぶつかってますから(笑)。


シフォン生地でロールケーキを作り、
ホワイトチョコに食用色素を入れて
(ほんとは抹茶とかいちごにしたかったけどやだって言うから…)
あんまり体に良さそうじゃないカラーに。
白部分は後で生クリームを絞り出して
最後にチョコペンでかきかき…。
完成度が低すぎる連結ケーキでも、
息子は目をキラキラさせて喜んでくれました。

ちなみに、いちごとかバナナを入れるのも嫌がったため
チョコと生クリームのみで。
あまりにも下手だったので
もう一度リベンジしようと思います(笑)。


さてさて。
5月の大木代吉本店さんのFacebookレシピは「自家製メンマ」。
筍がたくさん採れる季節、
穂先は煮物やたけのこご飯にといろいろ使えるのですが
堅い部分をどうしようと考えた時
メンマにしておくといろいろアレンジがききます。
ぜひぜひ作ってみてくださいね!

f0177295_14514880.jpg


■材料:<筍1本分・作りやすい分量で>
・筍の下処理(筍1本、米糠1/2カップ、鷹の爪2本)、
・あく抜き済みの筍400g、にんにく2片、生姜1片、ごま油大さじ2、
 こんにちは料理酒大さじ3、みりん大さじ1、醤油大さじ2+1/2、すし酢大さじ1+1/2、
 水1/2カップ、ラー油適宜
■作り方
<筍の下処理>
筍のアクを抜く。皮を剥いて鍋に入れ、かぶるくらいの水、種を抜いた鷹の爪2本を入れて火にかけ、沸騰したら1時間ほど弱火で茹でる。
茹で上がったら蓋をしてそのまま一晩置き、よく水洗いして糠を落とす。
柔らかい穂先は筍ごはんなどに使い、硬い部分だけ400gほど用意する。
<下処理後の調理>
1. 繊維に沿って筍をたんざくに切る。にんにくと生姜をみじん切りにしておく。
2. フライパンにごま油をひき、にんにくと生姜を入れて香りが出るまで炒める。筍を入れて良く炒め、途中こんにちは料理酒を加えてさらに炒める。水とみりん、すし酢を入れて沸騰させたら醤油を入れて煮絡める。完全に水分が飛んだらラー油をお好みで入れて出来上がり。


f0177295_14540533.jpg



福島のなっぱといえばコレ!の茎立ち菜をゆでで
和えれば、ひんやり冷やした冷酒と抜群に合いますよ♡






[PR]
# by mikttymama | 2017-05-08 15:15 | いつものおうちごはん(副菜) | Comments(0)

アスパラとあさりのパスタ。

f0177295_22062459.jpg


思い出すのは相馬・松川浦での潮干狩り。
ドロドロになりながら大きなあさりをゴロゴロ掘った。
楽しかったなぁ。
夏休み、母の職場のミニ旅行で必ず訪れたあの場所。
懐かしく、あたたかで、大切な思い出。






アスパラとあさりのパスタ

■材料:(3人分)

パスタ180g、あさり200g、アスパラ(太めのもの)3本、新玉ねぎ1/4個、にんにく1片、酒大さじ23

醤油大さじ1、塩・ブラックペッパー・オリーブオイル適宜

■作り方

前日からあさりは塩水に漬けておき、砂抜きする。使用する30分前には真水に漬ける。

1.  新玉ねぎとにんにくはみじん切りに、アスパラは斜め切りにする。

2. フライパンにオリーブオイルをひき、にんにく、玉ねぎをよく炒める。香りが出たらあさりとアスパラを入れ、酒を入れて蓋をし、あさりの殻が開くまで蒸し焼きにする。

3. パスタは、表示時間よりも1分少な目にゆで、オリーブオイルをふりかけておく。

4. 2にパスタの茹で汁おたま12杯を入れ、醤油で味を調えたらゆでたてのパスタを入れて絡めたら出来上がり。仕上げにブラックペッパーを振ってどうぞ。

■春の香り満載のバスタ。にんにくと一緒に鷹の爪を入れてペペロンチーノ風に辛くしても◎。




[PR]
# by mikttymama | 2017-05-05 07:05 | おうちごはん(麺・ご飯もの) | Comments(0)

春キャベツと蒸し鶏のサラダ。

f0177295_21354034.jpg

これもおいしい。
春キャベツを大きく切って、
そのまま焼いて、
蒸し鶏と一緒にたっぷりのタルタルでどうぞ。
スナップエンドウも春だなってかんじ♡



キャベツと蒸し鶏のサラダ

■材料:約5人分キャベツ1/2個、スナップエンドウ10個

A(鶏胸肉1枚、酒大さじ2、塩適宜)B(ゆで卵2個、新玉ねぎのみじん切り大さじ3、マヨネーズ大さじ4Aの鶏ガラスープ大さじ23、柚子胡椒適宜)

■作り方

1.鶏肉は鶏皮をはずして厚みを均一にし、耐熱容器に入れて酒、塩を入れて600Wの電子レンジで約4分加熱する。鶏皮はフライパンで皮目からカリカリに焼き、細切りする。

2.キャベツは外葉をはずしてくし切りにし、軽く洗う。スナップえんどうは筋をとって塩ゆでしておく。フライパンにオリーブオイルをひき、キャベツを並べて蓋をしてこんがりと焼きつける。

3.卵ソースの材料(B)をフォークでよく混ぜたら、それを添えていただく。

■春キャベツは焼くと甘味が凝縮される。柚子胡椒はお好みで増やしても美味しい。



[PR]
# by mikttymama | 2017-05-04 07:30 | いつものおうちごはん(サラダ) | Comments(0)

福島の小さなお料理教室CookingStudio I-e(イーエ)のうちごはん。


by みきてぃまま
プロフィールを見る
画像一覧