タグ:ひなまつり ( 2 ) タグの人気記事

雛祭り…サーモンと菜の花のちらしずし。

f0177295_11203754.jpg
instagramより

きょうは楽しいひなまつり。
いつもごはんを喜んでくれる友人にちらしずしを届けるため
一足先に昨日パーティメニューにしてしまいました。


ちらしずしって最近はこうした海鮮の具を使ったものが多いけど
昔ながらのものはすごーく手間がかかりますよね。


干し椎茸に薄切りしたれんこんやかんぴょう
それから人参を甘じょっぱく煮て
酢飯を冷まして混ぜ混ぜ。
薄ーく焼いた錦糸卵、たらで作った桜でんぶ、海老、
それからきぬさや、紅ショウガ、木の芽などの緑を飾る。
なかなか作れないなぁ、こっちは。
昔のお母さんは本当に偉かったと思う(笑)。


そんなわけで!
今年の手抜きレシピは、この子に頼りっぱなしでした。
f0177295_11391536.jpg

大木代吉本店さんの、こんにちは塩麹。
甘味の強い麹と料理酒が入ってまして、
さらりとした塩麹でとにかく万能なのですよ。


あなたのいない人生なんて考えられないわ、わたし。


昨日Facebookで予告したので、
世のお母さんたちが買い物に行く前にUPします(笑)。
塩麹がなかったら、麹の甘酒100mlに小さじ1/2の塩を足すと簡単塩麹に。

砂糖入りでない甘酒を使ってくださいね。


サーモンと菜の花のちらしずし
材料:4人分
米3合、白ごま大さじ2、すし酢60ml(なければ、米酢70mlに砂糖大さじ1+1/2、塩6g)
A(アトランティックサーモン(サク)100~150g、マヨネーズ大さじ2、塩麹小さじ1)
B(真鯛100g、塩麹小さじ1~2)
C(卵2個、塩麹小さじ2、サラダ油小さじ2)
菜の花(茎の部分だけゆでて刻む)50g、小葱適宜、とびっこ大さじ1、えび(ゆで)6~7尾

作り方
1.炊飯器の場合、ごはんの水加減をすしに合わせて炊く。
 そうでなければいつもより少な目に水加減して普通に炊く
 炊き上がったら寿司酢と白ごまを混ぜ、うちわであおぎながら冷ます。
2.Aのサーモンに、マヨネーズと塩麹を混ぜたものを塗り、冷蔵庫で30分おく。
 Bの真鯛に塩麹を塗り、冷蔵庫で30分おく。
 菜の花は塩ゆでして茎の部分をみじん切り。花部分ははまぐりの潮汁に使う。
 小葱も同じ大きさに切る。
3.薄焼き卵を作る。
 テフロン加工のフライパンに油を小さじ1ひいて、キッチンペーパーでふき取る。
 卵をボールに割り入れカラザを取ってから塩麹を入れ、さいばしで卵のコシを切り、
 フライパンに薄く流し入れて弱火にする。表面が乾いたら周辺をさいばしでなぞり、
 さいばし1本で片側を持ち上げ裏返す。裏面も乾いたら、まな板に取り折りたたむ。
 粗熱が取れたらなるべく細く千切りする。これを2枚焼く。
4.Aのサーモンのマヨネーズ、Bの真鯛の塩麹をふき取り、薄く切る。
5.すし桶にごはんを盛り、錦糸卵を飾る。お刺身、菜の花、小葱、とびっこ、
 エビをのせたら完成!

point
塩麹にはたん白質分解酵素が含まれているので、錦糸卵を作る時に卵のコシを切りやすく
とっても便利!きれいな錦糸卵が誰にでも作れます。
また、お魚の臭みを取り、ほどよい塩分をつけてくれる効果もアリ。


f0177295_11205670.jpg
大木代吉本店さんのFacebookページに
毎月レシピとコラムを掲載していただいております。
今月は、菜の花とサーモンのレモン風味カルパッチョ。
自然郷の新酒「中取り」に抜群に合いますよ♪
よろしければのぞいてみてくださいね。


大木代吉本店 Facebookページ、「二十四節気こんにちはごはん」見てね!



[PR]
by mikttymama | 2017-03-03 12:20 | ハレの日・ホームパーティ*編 | Comments(0)

ひなまつりと・・・3月の「I-e」のこと。

ずいぶんとブログを放置しておりました。。
肩こりが未だ良くならないのと、
下娘の赤ちゃん返り(これが一番悩みましたぁ)
そして末娘のイタズラ度がだいぶエスカレートしてきて
バタバタしておりまして、中々PCに向かう時間がありませんでした~。
暖かくなってきたこともあって何とか落着きを取戻し、
久々に平和な時間をすごしています。
心配になってメールをくれた友人たち!
元気にやってますよ~、ご安心を。


に、しても。
三女は本当に強い!
めったなことでは泣きませんし、めげません。
泣いたかな~?と思うとウソ泣きだったり(笑)。
お姉ちゃんたちもやられっぱなし。
将来どんな娘になっちゃうんでしょうねぇ。



さてさて。
そんなわけでオサボリ期間中の日報です。
長丁場になりますがどうぞお付き合いくださいませ。





3/3、おひなまつり

f0177295_125731.jpg第1木曜日のこの日は、
CookingStudio「I-e」の日。
いつものメンバーが集まってくださいました。
3月のメニューテーマは「花粉症対策」
花粉症によいとされている食材を使って4品作りました。
■春野菜と小海老のキッシュ
■春菊のサラダ~人参ドレッシング~
■大葉とクリームチーズのスコーン
■蓮根のアンチョビ炒め
(rieさんから伝授して頂いたもの)
おまけで■金柑と生姜のサワー

f0177295_1251888.jpg紫蘇の香りが爽やかなお食事スコーン。
フードプロセッサーを使うとスコーンはあっという間です^^
クリームチーズがアクセントになっていて美味しいんですよ~。
f0177295_1252734.jpgキッシュは冷凍パイシートを使って簡単に。
アパレイユ(キッシュに流す卵液)には、おなじみのあるものを使って味を調えます。
春菊ははちみつを入れて甘めに作った人参のドレッシングでいただきます。


今月の「I-e」は14日も開催予定です。
まだ空きがありますので、ご希望の方はご連絡くださいね♪


f0177295_1228862.jpgそして、夜はおうちのおひなまつり。
娘たちの希望により、ちらしずしではなくハンバーグに。
舞茸と紫玉葱、パプリカをオリーブオイルで炒めて、ジンジャーソースに絡めました。
あとは茶碗蒸しにはまぐりのお吸い物。
f0177295_1231155.jpg今年は末娘がまだ小さいので上娘の段飾りは出さずに、おだいりさまとおひなさまだけ玄関に飾りました。

3姉妹なのでおひなさまは3つ…。
張り切って最初に段飾りを買い、そして下娘も可哀そうだからと小さいものを買ってもらい…。まさか3人目も女だとは思わず、買わざるをえなくなり…(苦笑)。毎年母ちゃん、出すだけで疲れます。誰のおひなさまの顔がかわいいだのなんだのと言っては喧嘩になる姉妹たち。あぁ…。




3/5 週末。
f0177295_12384763.jpg娘たちが実家に行ってくれている間、Aティがアクセサリーの修理にきてくれました。
ピアスの穴が空いていない私は、イヤリング用の金具に付け替えてもらっています。
ピアス主流の今、かわゆいイヤリングって少ないんだよなぁ~。
専属のアクセサリー職人、Aティがいるので安心ですが(笑)。

そして夜はAティの作ったばらちらしをおすそ分けにいただきました。
あとは春菊のキムチ和えと、白菜とねぎの中華スープ、
実家の母が作ったいか人参で夕ごはん。
あぁ、おいしかった!ごちそうさまでした♪




[PR]
by mikttymama | 2011-03-08 12:16 | お料理教室・イベントのこと* | Comments(8)

福島の小さなお料理教室CookingStudio I-e(イーエ)のうちごはん。


by みきてぃまま
プロフィールを見る
画像一覧