タグ:クッキー ( 3 ) タグの人気記事

我が子のふり見て…思い出の型抜きクッキー。

f0177295_14540249.jpg



はぁぁぁぁ~!埃がたまりにたまった月曜日。
朝から床に転がっている服やらおもちゃやらを、
まずは定位置に戻すところから始まり、
やっとこ掃除機がかけられると思った時間は10時過ぎ…。
毎回、毎回、毎日、毎日同じことを繰り返し言っているのに
どうしてやらないのかなぁーと日々イライラMaxな母なのです。



汚くても死なない。
それはわかっているのだ。
でも、私が気になる。
目に触れるところにものがごちゃごちゃ置いてあるとやはり落ち着かない。
テレビ周辺の埃や、娘たちの机の上、ミニカーなど
ありとあらゆるものが気になる。
忙しくて余裕がない時は全く家事がまわらなくて
前日の食器を朝洗う…なんてこともある。

どうしてなのかなぁー、私が子どもの頃はどんなだったっけ?
考えてみた。

①飲んだコップや食べた皿はきちんとキッチンに持って行ったか?
②毎回靴は必ず揃えていたか?
③脱いだ靴下は、きちんと洗濯機に入れておいたか?
④水筒やお弁当は帰ってきたら必ずすぐに出していたか?
⑤宿題は帰ったらすぐにやったか?
⑥給食着や運動着、忘れず出して、かつ前日に準備を整えていたか?
⑦提出しなくちゃならない集金袋やプリントを
ランドセルの中でくちゃくちゃにしていなかったか?
⑧勉強机の上は、毎日何もない状態で登校していたか?
⑨お手伝いをすすんで空気を読んで実践していたか?

そして…。

⑩うちの母は、いつも怒ってばかりいるから
面倒くさいので聞き流そうと思っていなかったか?


ヤバい。
どれもやっていなかった。
できていることは何一つないではないか!!!!


特に、⑩はヤバすぎです。
そう思ってたー!ずっとそう思ってた(笑)。
なんでお母さんは、いつもできないことばかり
重箱のスミをつつくように言ってくるんだよ。
たまには出来てることを褒めてくれよーって思ってました。
私だって、ちゃんとやってることはあるよ。
出来てることは当たり前で、
やれてないことばっか言われたらやる気なくすし!!!


うーーーーー。声にならないーーーーーー。
でも追いつかないのだよ。
何しろゴミをひとり3つずつ置いたら
3×4=12コ。
靴をひとり2足ずつ置いたら
2×4=8足。
服、小物、食器も然り。
やっていただけるように促すしかないのだけども。


自分の子どもの頃を思い出し、
もう少し優しく言おうって思いました。
子どものやる気を引き出す魔法の言葉、
誰か知っていたら教えてくださいまし(笑)。


満月前後だと感情が高ぶるのよね(がおー)。



さてさて。
先日伴侶を亡くした叔母の顔を見に、週末は実家帰り。
小さい頃、看護師をしていて大忙しだった母に代わり
専業主婦の叔母はよく私にもおやつを焼いてくれました。
一番好きだったのは、型抜きクッキー。
バターでなくマーガリンで、白いお砂糖を入れて
グラニュー糖を振ったり、カラフルな菓子用ゼリーを乗せたりして
叔母の家で作らせてもらったっけ。

そんなことを思い出しながら
子供たちと型抜きクッキーを焼きました。
食欲がないと言っていたけど、久しぶりに叔母と二人で
クッキーを食べました。

完成レシピではないけれど
私の覚え書きとして。



型抜きクッキー

■材料:(48~50枚分)
バター120g、マスコバド糖120g、全卵70g(Mサイズ1+1/2)、ベーキングパウダー小さじ1/2、薄力粉300g
バニラエキストラト小さじ1

■作り方
1. バターは室温に戻し、ハンドミキサーでクリーム状になるまでよく混ぜる。
  マスコバド糖を3~4回に分けて加え、その都度よくすり混ぜる。
  卵を3~4回に分けてその都度よくすり混ぜながら分離しないよう加える。
  バニラエキストラトを加え、良くすり混ぜる。
2. 薄力粉とベーキングパウダーは合わせて振るっておく。
3. 1に2を加え、ゴムベラでさっくりと混ぜる。
  生地がまとまったらぴっちりとラップをし、冷蔵庫で30分ほど休ませる。
4. まな板に打ち粉をし、生地を麺棒で6~7mmほどに伸ばし好きな型を抜く。
  170度に予熱したオーブン上段で14~15分焼き、天板の上で冷ましたら出来上がり。

■顔を作る時は、竹串で目を、スプーンで口を描く。
 保存は乾燥剤を入れて密閉容器に。
 マスコバド糖でなく、きび砂糖や甜菜糖でも。
 バニラエキストラトがなければバニラエッセンス2~3滴やバニラオイルで代用できます。






[PR]
by mikttymama | 2017-06-12 15:51 | こどもとスィーツ・パン*編 | Comments(0)

友チョコレシピ・・・ダブルショコラクッキー。

昨日は、船橋から兄夫婦が来てくれて
2日連続でスキー場に連れて行ってくれています。
ワタシは末娘とおるすばん。
上娘からスキーが滑れるようになったと、メールがきました。
末娘がもう少し大きくなったら、ママも見たいなぁ^^
2人のおみやげ話がとっても楽しみです。


f0177295_14434496.jpg

ゆっくりお酒を飲みつつ、昨日の晩餐。
お兄ちゃん、お姉ちゃん、Rinちゃん。
またゆっくり遊びにきてね♪



さてさて。
Donnaちゃんのお友達、笑顔のとってもかわゆい、
Nちゃんからリクエストをいただきましたので
先日の積水ハウスさんでのイベントの時に作った、
「ダブルショコラクッキー」のレシピを載せておきます。

f0177295_1456284.jpg

ブラックココアだけを入れているので、仕上がりが真っ黒になりますが
ココアの風味がもっと欲しい場合は普通のピュアココアにしてくださいね。
最後にコーティングするチョコは何でもよいのですが
テンパリングの作業が不要な、
コーティング専用のものを使うととってもラクチン。
業務用食材屋さん(サトー商会さんなど)で売られています。
もちろん、市販のチョコを溶かしてもOK♪
Nちゃーん!ぜひぜひ作ってみてくださいね^^




フライパンでできる!ダブルショコラクッキー★★★

■材料:(直径5~6cmハート型約10枚分)
薄力粉・・・・・・・・・・・・・・・・70g
全粒粉・・・・・・・・・・・・・・・・20g
きび砂糖・・・・・・・・・・・・・・30g
アーモンドプードル・・・・・・20g
ブラックココア・・・・・・・・・・・10g
菜種油・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2
水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1+1/2
ブラックチョコレート・・・・・50g
ストロベリークランチ・・・・・適宜

■作り方
①ボールに、粉類をすべて計り入れ、泡だて器で
 ぐるぐるとよく混ぜる。
②菜種油を入れて両手ですりつぶすように粉と
 なじませていく。そぼろ状になったら水を加えて
 まとめる。
③生地をまな板に取り出し、7~8mmくらいに伸ばし
 (両端に割り箸をおくと均等に伸ばせて便利)
 たら型で抜く。オーブンシートを敷いたフライ
 パンを2分ほど温めておき、クッキーをのせ、
 15分焼く。ひっくり返してさらに10分焼いたら
 フライパンの上でそのまま冷ます。
④チョコをテンパリングする。
 刻んだチョコをステンレス製のボールに入れ
 湯せんで溶かす。さわって少し熱いくらい
 (45~50℃)が目安。ボールを水につけて
 体温よりも低い温度まで冷まし(26~30℃)、
 クッキーに半分だけくぐらせてトッピングしていく。
 冷凍庫ですぐに冷やし固めたら出来上がり。


☆「テンパリング」とは溶かしたチョコをゆっくりと再結晶させ、
 短時間で全ての粒子が固まるよう調整すること。
 ガスの場合は湯せんが必要ですが、IHは温度の幅が広いので、
 ステンレスボウルのまま溶かせます。
 オーブンで焼く場合は170℃に温めたオーブン上段で30分焼き、
 天板の余熱でかりっとさせたらしっかり冷ましてください。
 乾燥剤を入れて袋に入れて常温で保存して。




今日も遊びに来てくださってありがとうございます♪
朝、末娘の食パンを半分に折ってあげたらものすごく気に障ったらしく
大泣きしながら「ままの・・・ままのやだっ!」と言われました。
もしかしたら、「ままのばかっ!」って言いたかったのかなぁ。
まだカタコトなのがかわいすぎます~037.gif

↓↓↓↓↓↓

[PR]
by mikttymama | 2011-02-12 14:43 | こどもとスィーツ・パン*編 | Comments(4)

松茸入り芋煮に月見だんご、黒糖クッキー。

f0177295_1159235.jpgぼーっとしている間に時間が過ぎ、ふと気づいたら5日も更新が滞っておりました。
というのも、意思を出すようになった末娘、PCのキーボードがお気に入り。開こうものならすぐにうきゃーっと寄ってきて、「あっこー」と手をさしのべます。
抱っこしてあげるとキーボードたたきに専念。何度フリーズしたことか(笑)。
そんなわけで無駄な抵抗はやめた母。お昼寝タイムしかPCをひらかないことに。

キーボードをたたく姿もかわゆく、末っ子かわいさについつい許してしまう、親バカな私。ブログ更新ゆっくりになりますが、どうぞお付き合いくださいませ010.gif

f0177295_115921.jpg20日(月)敬老の日。

友人たちと、大滝渓谷でバーベキュー。
雨だというのに、傘とカッパとテント持参で
強行突破してしまった。
でも、大きな木に生い茂るたくさんの葉っぱたちが、屋根代わりになって、ほとんど雨はかからずにすんだ。
自然の力は偉大だなぁ。
ごま油と鶏がらベース、焼き松茸入り芋煮汁。
のわー、贅沢気分じゃ~。
外で食べるごはんは本当においしい。

f0177295_1338505.jpg22日(日) 中秋の名月。

夕方まで買い物もしてなかったことに気づき、近所のスーパーへ。
入り口で「ススキをどうぞ」の文字を発見!
わー、今日はお月見だった。
帰ってから、食品庫に眠ってた白玉粉と米粉をまぜて娘たちとおだんごつくり。
紫のが上娘。白いのが下娘作。
そしてしょうゆあんがママ作~。
自分たちで作ったおだんご、形は不ぞろいだけどおいしいね。
曇っていてお月様が見えず、ちょっと残念。

f0177295_13454980.jpg24日(木) 秋分の日。

朝から大雨。
しかもいつになくついてないことが朝から2つも。

■近所のビデオ店でなんとインキー!どしゃ降りの中家まで傘もささずに走った。(だって、財布も携帯も、傘だって車の中!)
■ヘッドだけ新しく買い換えたばかりの掃除機が壊れる。
 うー★ヘッドだけでも高かったのに。


そして、子どもたちを連れて祖父のお墓参りをしようと思ったのだけれど、あまりの雨の量に断念。
そんな日は原点に戻るべく、素朴自慢なおやつ作り。
白胡麻がたっぷり入った、黒糖のクッキー。
溶け出した黒糖の塊が無骨なカンジで
なんともワタシ好み。
甘いものって、幸せな気持ちになれるもんだな。

おかげでなんとか今日の終わりごろにはココロ満たされた。こうやってつじつまが合うもんなんだな、人生って
(こんなつまらないことで一喜一憂できるのも平和すぎて笑っちゃうんだけど)



黒糖クッキー★★★

材料(12~16枚分)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
薄力粉 50g、米粉 50g、粉黒糖 30g、白すり胡麻 大さじ1、
塩 ひとつまみ、菜種油 大さじ2、水 大さじ2

作り方・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1.ボールに、薄力粉、米粉、黒糖、塩を入れて、手でよく混ぜる。
 (黒糖のつぶが大きいものは手ですりつぶす)
2.菜種油を入れて両手ですり混ぜるように混ぜ、サラサラした状態にする。
 (ここでしっかりまぜるとサクサク食感になる)
3.水を入れてまとめ、5mm厚さにのばしてスケッパーでカット。
 フォークで穴をあけたら、170℃に温めておいたオーブンで
 25分焼く。
 天板の上で完全に冷めるまで余熱で火を通したら出来上がり。

■湿気に弱いので、保存は乾燥剤を入れた密閉容器に。
 乾燥剤は、包装資材屋さん、100円shopでも手に入ります。

[PR]
by mikttymama | 2010-09-24 14:17 | こどもとスィーツ・パン*編 | Comments(4)

福島の小さなお料理教室CookingStudio I-e(イーエ)のうちごはん。


by みきてぃまま
プロフィールを見る
画像一覧