受け継がれるもの。

この鍋敷きは、亡くなったワタシの祖父が作ったもの。
近所の材木屋さんから端材をもらってきて
自分でこの形に切って磨いたものです。
実家には祖父の作った端材の敷き板が
たくさんおいてあるので
ワタシ用に一枚いただいてきました。

f0177295_21463590.jpg

一枚板でできた丈夫な鍋敷き。
木目の素朴な風合いがまたいいかんじ。
大好きな祖父が一生懸命作っていた姿が
目に浮かびます。

f0177295_21463574.jpg

こちらの圧力鍋は、
主人の母から受け継いだもの。
ホクセイ日軽というメーカーのもので
ずいぶんな年代ものですが
まだまだ現役!
パパさんが小さい頃、これで母が
何度も大好物のプリンを作ったんだろうな。

圧力鍋もずいぶん進化してよいものがでていますが、
しゅるしゅる♪という音も、
圧力を抜くときの「ぶしゅーっ」という音も
圧力鍋っぽくて大好き(笑)。

f0177295_21463567.jpg

どちらもワタシにとっては
古いけれど大切にしていきたい道具たちです。

さてさて。
今日はこの圧力鍋でカレーを作りました。
じゃがいもがなかったので長いもで。
油揚げも入れてちょこっと和風なカレーです。
隠し味にめんつゆを少々。
圧力鍋を一時置きするのに、
鍋敷きも大活躍だったのでした。



長いもと島にんじんの和風カレー★★★

材料:(8人分)
豚バラブロック肉 400g、玉ねぎ 3個、島にんじん 2本、長いも 400g
油揚げ 1枚、にんにく、しょうが 各1片、市販のカレールゥ 1箱、めんつゆ 50cc
バター 40g、塩・こしょう 少々、温かいごはん・福神漬け 適宜

作り方:
①にんにく・しょうがはみじん切りに、玉ねぎはくし切りにする。
 島にんじんは皮をむいて乱切りに、長いもは皮をむいて一口大にする。
 豚肉は2cm角に切り、塩・こしょうで下味をつけておく。
 油揚げはたんざく切りにしておく。
②厚手の鍋にバターを熱し、にんにく、しょうがを軽く炒め、
 玉ねぎを入れて強火で炒める。
 しっかり炒めたら、にんじん、長いも、油揚げを入れてよく炒める。
③圧力鍋に油を熱し豚肉に焦げ目がつくまで焼く。
 ひたひたの水を入れてふたをして火にかけ、しゅるしゅる♪となったら20分、
 火を止めて8分おいたら圧力を抜いてふたをあける。
 半分だけ煮汁を捨て、②を入れてかぶるくらいの水を入れ、
 ふたをして火にかける。
 しゅるしゅる♪と音がして2分、火をとめて5分置いたら圧力を抜き、
 カレールゥを入れて溶かし、10分ほど煮込む。
 最後にめんつゆを入れて混ぜ、2分ほど煮込んだら出来上がり。

☆もちろん普通のにんじんでもOK。
 玉ねぎの代わりに長ねぎでもおいしいですよ!
 厚揚げを入れても合います^^




今日も遊びにきてくださって、ありがとうございます。
ランキングに参加しています♪
応援、ぽちぽちっと、お願いします!
↓↓↓↓↓↓

[PR]
by mikttymama | 2009-11-26 21:46 | おうちごはん(麺・ご飯もの)

福島の小さなお料理教室CookingStudio I-e(イーエ)のうちごはん。


by みきてぃまま
プロフィールを見る
画像一覧