人気ブログランキング |

親友Mちゃんからのありがとう。

こういうときに他県から駆けつけてくれる友。
本当に嬉しかった。顔を見て泣けてきた。

親友のMちゃんは仙台の老舗デパートに勤務しています。
3.11の震災当初、全く連絡が取れず
どんどん増えていく宮城県内の死者の数にどうしようもない気持ちで
TVのテロップに見入っていました。

やっと繋がったのは、確か次の日の夜中4時過ぎ。
一瞬だけMちゃんの声が携帯の向こうから微かに聞こえ、
彼女が無事であることを確認できたときは心底ほっとしました。


当時、彼女はそのデパートにいたそうです。
天井の一部が崩れ、7階から5階が見えたそうです。
4/7の余震では、折角片づけたものがまた崩れ、
石巻などの海岸付近に住む同僚の親やお客様は、
津波で流されて亡くなっていたり安否確認ができなかったり。
避難所から出勤されている方もたくさんいる。
毎日いたたまれない思いだと、そう言っていました。


宮城の人たちは、放射能や風評被害に関しては全く過敏になっていない。

そのことに安心しました。
「そんなの気にしない。美紀ちゃんに会いたかったから来たんだよ。」
その言葉にたくさんの勇気をもらい、やっと私はフラットに戻ることができた。
こちらより、被害の大きい場所からこうして心を届けてくれた、かけがえのない友。
ありがとう、Mちゃん。一生忘れない。

f0177295_22251950.jpg


「元郡山出身、Mちゃんから

Answer of delicious

私は元福島県民です。現在は隣県在住ですが、
私にとって13年も生活した福島は、1番の故郷といっても
過言ではありません。
それだけに、農家さん、酪農家さん、漁師さんのお気持ちを考えると、
とても切なくなります・・・。

私は、これからも福島のお野菜、お米、お魚を食べ続けます!
どうか、どうか負けずに頑張ってください!」


■ありがとう。そうなんだよね、福島の食べ物って本当においしいんだよね。
それが、みんなのこたえです。



今日も遊びに来てくださってありがとうございます
↓↓↓↓↓↓
「ありがとうふくしまプロジェクト」
子どもたちのおいしいの笑顔と、「いつもおいしいごはんをありがとう」
そんなお手紙・メッセージを募集します。
農家さん、酪農家さん、漁師さんに応援メッセージを書こう!

詳細はこちら→


ふくしまのいまを知ってもらうために。
レシピブログからも応援お願いします。


by mikttymama | 2011-04-19 22:37

杜の都仙台+福島の小さなお料理教室CookingStudio I-e(イーエ)のうちごはん。


by ミキティママ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る