埼玉に住む、ayumiさんの言葉とairiちゃんの笑顔。

ここ、福島から離れている人たち。本当は私達より不安なのかもしれない。
なんだか最近、そう思うようになりました。

TVをつければある意味国営放送的なNHKでさえ
福島のこと中心でなく普通のドキュメンタリー番組などを放送している。
テロップでは計画停電のお詫びと環境放射能数値。
(パリ在住、梨の木日記さんのblog記事を読んで)

一体、自分の故郷はどうなっているんだろう。
ここに残っている、父や母。兄弟姉妹。友人たち。
大切な人たちは本当に大丈夫なんだろうか。
本当に必要な情報が取れなくて、心配で今すぐとんでいきたいのに
その願いも叶わない。
「あなたはそちらにいなさい。私たちは大丈夫。」
福島に残る大切な人たちにそう言われることがどれほど辛いか。

私達ですら、TVをつけると取り残された気分になるほど
原発に関する正しい情報が少ないのに(地元新聞や地元の局の番組は別として)
他の地域に住む人はどれだけ心痛めているんだろう。
そう、思います。


いろいろな思いを抱え、福島から他地域に自主避難(避難区域でないひとも)している人も
「福島を、大切な人たちをおいてきてしまった」と、残された人たちに対してきっと罪悪感があったりするのではと心配になる。


そういう人たちにこちらから言葉をかけるとすると。


「いつも福島に寄り添ってくれてありがとう。目を向けてくれてありがとう。
見守ってくれるだけで、それだけで私は救われています。
それぞれの場所で、今はみんな懸命に生きています。
誰も悪くないのだから、心痛めすぎないで。
ふぐすま(福島)の人は、ご存知の通りみんな強いから。
まだがんぱっぺって言える元気があるから、大事ないぞい(大丈夫)^^」




■強そうに見えて、ほんとはすごく繊細な、埼玉に住む友へ。
ちょっぴり嫌かもしれないけど、Ayumiさんの気持ち、福島のみんなに届けます。
涙なしでは読めない、素敵な文章だったよ。


f0177295_9153083.jpg


「さいたま市在住、郡山に実家のある、ayumiさんから。


福島の方は今立っているだけで精一杯なんじゃないかって思います。
手を差し伸べたいのに何をしていいのかさえも分からず。
無力に泣く事さえ、そして、励ますことさえ出来ません。
何か、何かしてあげたい、、、そう思っている人は私の周りにも沢山います。
福島の野菜、お米、、、もしルートがあれば買うよ!
と言ってくれる友達がいることが嬉しい。


私は郡山に生まれ、結婚するまでの30年近く福島産のものを食べていました。
小さい頃、お腹がすくと近くに住むおじいちゃんの畑の野菜を食べたり、
近所の方が今日はきゅうりが沢山採れたからとお裾分けがあったり、
結婚し福島を離れましたが、月1回ダンボールに旬の野菜とお米を
ダンボールいっぱいに送ってくれる母。
桃、いちご、柿、りんご、梨はそれぞれ美味しいと評判の農家さんに出向き
1箱送ってくれる。
郡山が恋しくなってもスーパーに行き福島産を見るだけで元気がでる。
伊勢丹でべこの乳を見たら、自分のことのように鼻高々になったり、、、
それが当たり前だと思っていました。


f0177295_916228.jpg

娘も福島のお米を食べ、私の小さい時と同じようにお腹が減ったら畑に行き、
きゅうり1本かぶりつく。
片平町の大きな苺をなんとも美味しそうに食べる彼女。
苺は地震後、母が送ってきてくれたものです。
久しぶりに福島のものが食べれて幸せでした。
ダンボールにJA福島や郡山産と書いてあるだけで嬉しくなりました。
まだ負けずに頑張っている農家さんがいる、と思うだけでパワーが出ました。
今でも覚えてます。


いろいろなことがあって、精神的に辛くなり笑えなくなりましたが、
この苺を娘と取り合いしていたらいつの間にか大きな声をだして笑っていたことを。
娘と「美味しいね、美味しいね」と言い合いながら笑い泣きしたことを。
近い将来、娘にこの苺の取り合いで喧嘩したことがあったのよ、
と笑って話せるときがきますように。


f0177295_917873.jpg

1日も早く原発が収束し、心穏やかに過ごせる日がきますように。」


はやく貴女の体調も、よくなりますように。


今日も遊びに来てくださってありがとうございます
↓↓↓↓↓↓
「ありがとうふくしまプロジェクト」
子どもたちのおいしいの笑顔と、「いつもおいしいごはんをありがとう」
そんなお手紙・メッセージを募集します。
農家さん、酪農家さん、漁師さんに応援メッセージを書こう!

詳細はこちら→


ふくしまのいまを知ってもらうために。
レシピブログからも応援お願いします。


[PR]
by mikttymama | 2011-04-20 09:39

杜の都仙台+福島の小さなお料理教室CookingStudio I-e(イーエ)のうちごはん。


by ミキティママ
プロフィールを見る
画像一覧