子どもたちにしてあげられることQ&A(1)。

日経新聞に掲載されていた、
福島・郡山・伊達の13校に対する基準値。
もちろん文科省が出した指針ですが、どうも納得がゆきません。

■コチラの記事↓
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819695E3EBE2E1868DE3EBE2E6E0E2E3E39180EAE2E2E2


郡山市内にある、小中学校、幼稚園、保育園の測定値は
郡山市のHPに掲載されています。

■福島県放射線モニタリング調査実施結果
【小・中学校、幼稚園、保育所、特別支援学校】↓

http://www.city.koriyama.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=23046

年間20mシーベルトまでOKってどーいうこと?!
3.8マイクロシーベルト/h以下だと安全って・・・。
自主避難区域になっている、今日の飯舘村の数値以上じゃないか。


ものすごーく納得がいかず、
■日本原子力研究開発機構原子力緊急時支援・研修センター等健康相談ホットライン
(放射線に関する健康相談)

受付時間:午前10時から午後9時まで
電話番号:0120-755-199

に電話をして聞いてみました。


Q1.文科省で出した、福島の学校指針について、
こちらは環境放射能からくる外部被曝のみを考えていて、
呼吸や食べ物からの内部被曝の数値についてはカウントされていないのか?


A1.基本的にはカウントしていない。
ただ、外部被曝の数値に関しても緊急時の20mシーベルト/年という基準値ではあるものの、
屋内にいるのが16時間、屋外活動が8時間という考え方で今回の安全基準を決めている。


Q2.どこの原子力専門のチームがこの基準値を決めているのか。
原子力安全保安院の西山英彦氏でさえ元貿易専門の官僚で、
原子力の専門ではないと伺っている。不透明すぎて不安になるし、
原子力推進派だけで構成されたチームが出しているものなのではないか。


A2.どこのどのチームかということまではこちらには詳細な資料がないため
わからないが、日本の原子力の知識を持った人たちが厳しい見解で
基準を決めていると思われる。
◎ここでさらに私の不安増大・・・。


Q3.学校指針が今出されること自体遅すぎる。
子どもたちはとっくに新学期を迎えてふつうに集団登校している。
郡山市内で最も数値の高い地区に昨日足を運んだが、
大雨の中、半ズボンにふつうの靴。カッパも着ずマスクもつけないで
傘だけで下校していた光景を見た。こんなことで、大丈夫だといえるのか。
◎ちょっと憤り気味だったかも。


A3.雨については、現在濃縮された放射性物質が落ちてきているというよりは
ウォッシュアウトされて薄まっているという考え方でよい。
きちんと雨の数値も計っているが、数値が上がったりということはどこの地区でもなく、
かえって下がっている。
福島第一原発から微量の放射性物質が出続けてはいるが、
今検出されているものに関しては水素爆発を起こした時に飛散したものだと
考えられる。


Q4.では、放射性ヨウ素131は半減期が8日、セシウムは半減期2年のものと
30年のものがあると伺っているが、今出ている放射能が3/14に飛散したものだと
すると、セシウムの方が多く検出されているということか?


A4.その可能性も考えられるが、手元に詳しい資料がないので
詳細について数値を見てお答えできない。


Q5.靴に砂埃がついているため、そこから放射能が出ていると考えられる。
実際、外を歩き回った靴の数値というのは環境放射能の倍ほどだと聞いているが
気をつけることは何か。


A5.基本的に、今ある放射性物質というのはチリとともに雨などによって地上に落ちたもの。
「チリをはらう」「ふき取る」「水で洗う」という対策が取れる。
外から帰ったら手洗いうがいをし、気になるようであれば靴の裏をふき取ったり洗ったりする。
ふき取った雑巾などは、ゴム手袋などをして洗い流すか捨てる。
雨が降って、濡れたらそれをふき取る。その程度で大分落とすことができる。
靴カバーなどを使うのも有効だが、今の数値を見ているとそこまでしなくても問題はない。


Q6.窓を開けたり、布団を干したり、洗濯物を外干ししても大丈夫か?
A6.先ほども言ったように、チリや埃は地上に落ちている。
そこから放射能が出ていると考えられる。
土に近い一階よりも、二階、三階の方がそういったものは少ないし、
空気中に飛散しているものもチリや埃に付着したもの。
二階に布団を干したり、少しの間の窓をあけての換気だったり、
洗濯物を干したりは全く問題がない。
どうしても気になるようなら、取り込む際に「たたいてほこりをおとす」作業を
加えればよい。


Q7.エアコンや換気扇を使っても大丈夫?

先ほども言っている通り、今の数値だと問題ない。


Q8.雨に濡れた傘などの雨具は、家の中や車の中に入れても大丈夫なのか。

A8.濡れたらふいてもらうか、一旦水道水で洗って乾かすかするとよい。
車の場合、気になるようなら傘をビニール袋に入れておき、
ビニールを捨てるか洗うかすればよい。
あくまで、今の数値ていけば、神経質になる必要は全くない。


まだまだつづきます。(しつこいぐらい聞いたので・笑)
次は、内部被曝についての質問・・・・つづく。



今日も遊びに来てくださってありがとうございます
↓↓↓↓↓↓
「ありがとうふくしまプロジェクト」
子どもたちのおいしいの笑顔と、「いつもおいしいごはんをありがとう」
そんなお手紙・メッセージを募集します。
農家さん、酪農家さん、漁師さんに応援メッセージを書こう!

詳細はこちら→


ふくしまのいまを知ってもらうために。
レシピブログからも応援お願いします。


[PR]
by mikttymama | 2011-04-20 11:49

杜の都仙台+福島の小さなお料理教室CookingStudio I-e(イーエ)のうちごはん。


by ミキティママ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る