出汁ヂカラ。

f0177295_1154051.jpg武田先生。子どものことを、そして私たち親の気持ちを代弁してくださって、本当にありがとうございます。そしてちゃんと郡山まで足を運んでくれたんだなぁ。今更ですが本当に嬉しくって、泣けました。

昨日のゆうごはん。
■味噌風味ドリア…新玉葱1個をバター大さじ2で炒め、小麦粉大さじ3を入れてさらに炒める。牛乳2カップ、粉末かつお節を入れてとろみがつくまで煮詰め、生クリーム50ccと豆味噌大さじ1を入れてホワイトソースを作る。
にんにく1片をみじん切りし、オリーブオイルをひいたフライパンに入れて火にかける。ごはん4杯分を炒め、塩こんぶと醤油ちょっとで味付け。耐熱容器にいれたら↑のソースをかけ、粉チーズとベーコンをちぎってのせ、グリルで16分焼いたら出来上がり。
■蒸しじゃがいもとにんじん圧力鍋で8分皮ごと蒸した新じゃがと新人参にバーニャカウダソースをかけて。人参は皮ごと。圧力鍋で蒸すと、根菜がさらに「陽」に傾く。電子レンジからは電磁波が出ているため、「陰」に傾くそう。
■きゅうりと大根、新玉葱のサラダ…切った野菜に自然塩をふって少し水分を出し、玉葱たっぷりのドレッシングをかけて。
■あとはお隣の奥さんからいただいた煮物。こんにゃくもデトックスにはとってもよい食材。97%が水分でできているこんにゃく。こんにゃくに含まれているグルコマンナンは、一緒に食べたものを胃の中で包み、消化吸収させない働きを持っています。そのため「おなかの砂おろし」「胃のほうき」ともいわれるほど。


f0177295_1164317.jpg連休中、子どもたちと家の中を大掃除しました。家の中の数値は低いのですが(0.1~0.2μSv)それでも会津などの外の数値と同じなわけで、他の地区に住んでいる方よりは屋内にいてもより多くの放射線を浴びているのです。
空気中のチリに含まれるものはほとんどなくなったとされていますが、外から出入りしたり少しでも換気扇を使えば地表に積もった放射性物質が家の中に入ってきます。まめにお掃除も大切なことのひとつ。そんなわけで我が家はダスキンモップを借りました。(ハンディモップとケース、室内用モップ、ダストクリーナーセットで2000円/月くらい)元々お掃除が得意なわけじゃないので、ほとんどの埃を吸着してくれて、1か月に一度引き取りにきてくれるダスキンモップは本当に便利。



*****************************************************

f0177295_117163.jpg
f0177295_1171497.jpg
それから、調味料のこと。
上の梅醤は、和え物やソースに使っている他、疲れたなと思った時に
すりおろし生姜を入れて三年番茶を注ぎ、「梅醤番茶」にして飲んでいます。
味噌は昨日も書きましたが、4種類のものをだし昆布を間に鋏み、
こうしてひとつのタッパーに入れて冷蔵庫に。
お味噌汁にはほぼ毎日、自然のヨウ素を取り入れるために乾燥ワカメを。
とろろ昆布を入れたりもします。

出汁に使うのは、粗削りの鰹節、昆布、煮干し。
煮干しは頭を取ってから炒りして臭みを取り、一晩水につけておきます。
かつお出汁は沸騰したお湯にひとつかみ入れ、2分ほど煮だしてこします。
アクをすくって使います。
昆布は表面をさっと拭いて切り込みを入れて水から煮だし、
沸騰直前で取り出します。
残っただし昆布は冷蔵庫にためておいて、自家製の佃煮に。
生姜と一緒に煮ても美味しいんですよ~^^
かつおぶしと煮干しは、そのまま私が食べたりするんだけれど(笑)
干してミルなどにかけ、ふりかけにしたり、めんつゆで煮て佃煮に。



それから、お砂糖をあまりとらないよう注意してください。
乱暴な言い方かもしれませんが性質的には砂糖と放射能は似ているそうです。
甘いものは体をゆるめ、逆に塩からいものは体を引き締める働きがあります。
自然塩は、抗酸化作用が強く、傷ついた細胞を修復する手助けをしてくれます。
あとは睡眠と運動。
うちの上娘は外で運動しなくたって、お友達と一緒に体育館で運動できれば
それはそれで楽しいと言います。
仲間と笑顔でいることが、何よりのデトックスなんだと思う。
大人も子どももね!


郡山だと自然食品のとみやさんで、ほとんどのものが手に入ります。
ごま油、梅醤、三年番茶などは「オーサワ」のもの。
雑穀は「ゆうあい」のものを使っています。
その他…mikttymama's調味料リスト□

だし昆布、だし鰹、ごまなどはベニマルさんで。



あ、そうそう、ちなみに私はそんなにストイックにはやってません。
だしの素もコンソメも使うし、カップラーメンも普通に食べます。
子どもたちとマックにも行きます。
母親が疲れてしまっては、元も子もないですからね♪


「ありがとうふくしまプロジェクト」。
子どもたちのおいしいの笑顔と、「いつもおいしいごはんをありがとう」
そんなお手紙・メッセージを募集します。
農家さん、酪農家さん、漁師さんに応援メッセージを書こう!

詳細はこちら→
ありふく専用アドレスはコチラhttp://ameblo.jp/mikttymama2/


ふくしまのいまを知ってもらうために。
頂いたお手紙は、モルティさんに本日5/8の17:00まで展示しています。
私も午後からいまーす♪



[PR]
by mikttymama | 2011-05-08 11:19

杜の都仙台+福島の小さなお料理教室CookingStudio I-e(イーエ)のうちごはん。


by ミキティママ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る