人気ブログランキング |

フランスママンの塩ケーキと・・・野菜のパリパリチップ。

先日、お料理に目覚めたお友達のYさんから
「ねぇねぇ、ケーク・サレ研究会しようよ~♪」との提案が。
・・・ケーク・サレ??????なんのことだろー。初めて聞く名前に興味津々なワタシ。
そんなワケで、東京へ行ってきたというYさんからお土産に
中目黒にあるケーク・サレ専門店、「カフェ・ド・ヴェルサイユ」のケーク・サレをいただきました。
f0177295_2328890.jpgf0177295_2328834.jpg
ケーク・サレというのは、ケーク=ケーキ、サレ=塩、つまり「塩ケーキ」のことだそう。
フランスのカリスマ主婦、ソフィー・デュドメイヌ(Sophie Dudemaine)さんがレシピ本を出版したことから人気に火がついた、甘くないお惣菜みたいなパウンドケーキなんです。
フランスの日常的なお惣菜の位置づけだそうで、おフランスっぽさがぎっしり。
今、首都圏をはじめとする素敵マダムたちに大人気なんだとか。
ほぉぉぉぉ~(ため息)。なんだかすごい食べ物みたいな・・・。

ワタシがいただいたのは、ドライトマトとズッキーニのクリームチーズ風味のケーク。
わー初めての味!!チーズたっぷりなのに、あっさりしているのが不思議。
Yさん、ありがとう~。
ワタシ、作り方は未知の世界だけど、なんと昨日作った方をすぐ近くに発見しましたよー!!
というわけで次回の研究会、楽しみにしていまぁす♪
f0177295_2328841.jpg


さてさて。
本日のレシピは、おつまみやおやつにぴったりの野菜チップ。
かぼちゃにはβカロチンがたっぷり含まれていることは有名ですが、油分と一緒にとると吸収率が上がります。
紫芋の紫とかぼちゃの黄色のコントラストがカワイイ一品。
我が家の上娘、「いも・かぼちゃ」が苦手なのですが、こうするとなぜだかおやつ感覚でモリモリ食べてくれるんですよ。


かぼちゃ&紫芋のパリパリチップ★★★

材料:(3人分)
紫芋 1本、 かぼちゃ 1/8個、揚げ油 適宜
塩・ブラックペッパー 少々

作り方:
①紫芋とかぼちゃをなるべく薄くスライスし、水にさらす。
 あればスライサーを使うとラク。
 水をよく切っておく。
②スライスして水をきったものの水分をキッチンペーパーで拭き、
 160℃低温に熱した油でじっくりパリパリになるまで揚げる。
 塩・ブラックペッパーを熱いうちにふったら出来上がり。

☆「揚げる」というのは水分と油分の交換のこと。
 じっくり揚げることで焦げずにしっかり水分が飛び、パリパリのチップに♪



ランキングに参加しています♪
今日の手抜きっぷりに共感していただけたら
ぽちっとお願いします(笑)
↓↓↓↓↓↓

by mikttymama | 2008-11-17 23:28 | いつものおうちごはん(副菜)

杜の都仙台+福島の小さなお料理教室CookingStudio I-e(イーエ)のうちごはん。


by ミキティママ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る